2018年5月から定休日が火曜日と水曜日になります
2018年5月から火曜日も定休日にします。なので、5月から火曜日と水曜日が休みの週休2日となります。どうぞ、よろしくお願いいたします。


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2018-04-17 17:12 | 営業日と営業時間
新入荷。津島佑子、谺雄二、武満徹、暮しの手帖、南方熊楠、フローベール、エリュアール、牧野信一、林達夫、花田清輝、山田慶兒、古屋誠一、細野晴臣ほか
『黄金の夢の歌』津島佑子 より引用
 
 人間が「夢の歌」を思いだすたびに、ぼくたちは生き返る。だから、ぼくたちも人間を待ちつづける。待つって、うたうことこなんだよ。

 大むかし、この遠く隔たった場所に住む人間たちは、歌をうたい合った。その歌のほとんどは、「哀歌」だった。
「……なぜなら想像もできないほど遠くから人を呼ぶことができたのは、この上もなく悲しい場合だけだったからだ。」
(トナカイに乗った狩人たち 北方ツングース民族誌  B・A・トゥゴルコフ から)




  『世界中の人々が私を憎みはじめた』 イ・ラン 


100円・200円本大量に入荷
大いなる夢よ、光よ 津島佑子
火の山ー山猿記 全二巻  (講談社文庫) 津島佑子
真昼へ (新潮文庫) 津島 佑子
死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集 姜信子 編
木霊草霊 伊藤比呂美
エリュアール選集  全2巻 
ぼくの戦争 満洲国と同い年だった少年の回想 山田慶兒 編集グループSURE 2018
太陽をみつめて  ジュリアン・バーンズ
表現者 (Switch library) 星野 道夫
女がひとり頬杖をついて  茨木のり子
空をかついで 石垣りん
南方熊楠全集 全12巻 平凡社 月報揃
フローベール全集 全11巻 筑摩書房 月報揃
牧野信一全集 全3巻 人文書院
透谷全集 全3巻 岩波書店
林達夫著作集 全6巻 平凡社 付録揃
梶井基次郎全集 1・2巻 筑摩書房
花田清輝著作集 全7巻
冒険と日和見―文芸評論集 増補  花田清輝
さまざまな戦後  花田清輝
箱の話  花田清輝
東洋的回帰  花田清輝
室町小説集  花田清輝
随筆三国志  花田清輝
ナポレオン (潮文学ライブラリー) 鶴見 祐輔
サイレント・ガーデン―滞院報告・キャロティンの祭典 武満徹
田村俊子とわたし  丸岡 秀子
イコンとイデア―人類史における芸術の発展  ハーバート・リード
緑色革命  チャールズ・A・ライク
簡素な生き方  シャルル・ヴァグネル
ロシア革命前史  荒畑寒村
ニーチェ〈下〉  E.ベルトラム
ええ、政治ですが、それが何か?――自分のアタマで考える政治学入門 岡田憲治
映画のなかの文学 文学のなかの映画  飯島 正
映画における記号と意味 ピーター・ウォーレン
映画のいのち―私の戦後史 吉村公三郎
神楽感覚――環太平洋モンゴロイドユニットの音楽世界  細野晴臣、 鎌田東二
細野晴臣インタビューTHE ENDLESS TALKING (平凡社ライブラリー)
アンビエント・ミュージック1969-2009 三田格
神保町  得地直美 
ちいさな哲学 長谷川宏 不知火海総合学術調査団の論文収録
宗教なき時代を生きるために 森岡正博
万葉びとの「家族」誌―律令国家成立の衝撃 (講談社選書メチエ)三浦 佑之
アリスのことば学2 鏡の国のプリズム 稲木昭子 沖田知子
パリふたたび 平岡篤頼
言葉といふもの 吉田健一
本が語ってくれること 吉田健一
養生訓 (講談社学術文庫) 貝原 益軒
三島由紀夫文学論集
インタヴューズ〈1〉マルクスからヒトラーまで
インタヴューズ〈2〉スターリンからジョン・レノンまで
例話大全集 改訂増補 
蜂工場 (集英社文庫)イアン・バンクス
あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF) テッド・チャン
恐竜物語 (新潮文庫) レイ・ブラッドベリ
詩の力 (新潮文庫) 吉本 隆明
独身送別会―テレビドラマ集 (現代教養文庫) パディ・チャエフスキー
道元の冒険  井上ひさし
表裏源内蛙合戦  井上 ひさし
東京セブンローズ 井上ひさし
井上ひさしエッセイ集 全4巻
いつの日か海峡を越えて―韓国プロ野球に賭けた男たち (文春文庫) 鄭 仁和
人間と動物   ボイテンディク  みすず書房
動物のことば  ティンベルヘン みすず書房
虫とけものと家族たち  ジェラルド・ダレル
日本動物記 全4巻 今西錦司編 
暮しの手帖 第36号から第40号まで 保存用秩入り 1956~1957
暮しの手帖 第45号から第49号まで 保存用秩入り 1958~1959
クリスティーネ・フルヤ=ゲッスラー メモワール 1978‐1985 古屋誠一
ユルマズ・ギュネイ リアリズムの詩的飛躍  欧日協会
向田邦子を旅する マガジンハウス
ゆらいだら、薬膳 麻木久仁子 2018
花暦 瀬尾英男, 齋藤圭吾 2018
僕たちはファッションの力で世界を変える ザ・イノウエ・ブラザーズという生き方 
井上聡、 井上清史 2018
65歳からの京都歩き 永江朗
ときどき、京都人。: 東京⇔京都 二都の生活 永江 朗
台湾男子がこっそり教える! 秘密の京都スポットガイド―左京区男子休日
おしやれなおばあさんになる本 田村セツコ
レリーフ編み 梅村マルティナ
アヌ&アヌの動物ニット: エストニアの伝統柄から生まれた編みぐるみとパペット
四季の野草リース  辻典子 2018
大量監視社会―マス・サーベイランス 誰が情報を司るのか 山本節子
ごみ処理広域化計画―地方分権と行政の民営化 山本節子
ごみを燃やす社会―ごみ焼却はなぜ危険か 山本節子
ラブキャナル―産廃処分場跡地に住んで ロイス・マリー・ギブス 山本節子訳
親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育―子どもの魂の、夢見るような深みから  ラヒマ・ボールドウィン
子育てはゴリラの森で 岡安直比
おへそがえる・ごん ①ぽんこつやまのぽんたとこんたの巻 (福音館創作童話シリーズ)赤羽末吉
おしらさま―東北・遠野の民話 (民話のえほん 5)菊池敬一、 丸木俊
戦火のなかの子どもたち 岩崎ちひろ
町にきたドラゴンたち (せかいのどうわシリーズ) ジャネット・マクネイル
クシカのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)タチヤーナ・イワノーヴナ アレクサンドロワ
アツーク ツンドラの子 ミッシャ・ダムヤン
ジオジオのかんむり 岸田 衿子、 中谷 千代子
ハリーのだいかつやく (はじめてひとりでよむ本) ジーン・ジオン , マーガレット・ブロイ・グレアム
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が水曜日のみとなりました
営業時間が11時から18時30分に変わりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター




[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2018-04-11 13:55 | 新入荷
新入荷。石牟礼、島尾ミホ、池田浩士、三浦哲郎、姜信子、志村ふくみ、小沢昭一、ニール・サイモン、辻井喬、米原万里、高田宏ほか
『黄金の夢の歌』津島佑子 より引用

なつかしいひとびと。なつかしい場所。だれもが胸の奥に隠し持っている。ところが、その正体をつかむことができない。それはだれなんだろう。どこなんだろう。つかもうとすればするほど、遠のいていく。なつかしさという感情は、どこから湧いてくるのか。会ったこともなければ、直接つながりもないひとびとでも、見知らぬ場所でも、経験や知識の枠を大きくはみだして、人間は「夢の歌」を通じ、それが自分の命にとって必要ならば、はっきりと見出すことができる、そういう能力をあらかじめわたしたちは持っている。そのように信じておきたい、なつかしさとは、この頼りない命の切実な要求なのだろう。


c0184882_21392134.jpg
2018年3月。みっちんはさいきん国旗にはまっている。


100円・200円本大量入荷。
☆新本 抵抗者たち 反ナチス運動の記録 [増補新版]池田浩士、共和国、2018年 詳しくはオンラインショップのページにて→http://karaimobooks.shop-pro.jp//?pid=129580805
木馬の騎手 三浦哲郎、司修(装幀・木版)、新潮社、限定350部のうち167番
みなまた海のこえ (記録のえほん 2) 石牟礼道子(ぶん) 丸木俊・位里(え)
狂うひと ──「死の棘」の妻・島尾ミホ  梯久美子
生きとし生ける空白の物語 姜信子
白のままでは生きられない―志村ふくみの言葉  志村 ふくみ
岩波の日本古典文学大系 20冊
高田宏の著作 39冊
中国文学の愉しき世界  井波 律子
二列目の人生 隠れた異才たち 池内 紀
作家の生きかた (集英社文庫)池内 紀
成城だより 1・2・3 大岡昇平
絶版文庫三重奏 青弓社
永遠の文庫「解説」傑作選 斎藤愼爾編
桃幻記 辻井 喬
静かな午後 辻井 喬
ゆく人なしに 辻井 喬
深夜の唄声 辻井 喬
深夜の遡航 辻井 喬
風の生涯 上下巻 辻井 喬
時代が終り、時代が始まる 中上 健次
異国の客  池澤 夏樹
マシアス・ギリの失脚 (新潮文庫) 池澤 夏樹
奄美夜話  義高之
倚りかからず  茨木のり子
象工場のハッピーエンド 村上 春樹、 安西 水丸
青い眼がほしい (ハヤカワepi文庫) トニ・モリスン
コレクションズ  ジョナサン・フランゼン
ミステリー歳時記  小泉 喜美子
ニール・サイモン戯曲集  1~4巻
編集室の床に落ちた顔 世界探偵小説全集 (14) キャメロン・マケイブ
五重奏  アンヌ フィリップ
神秘な指圧師 (V.S.ナイポール・コレクション 1)
散文 谷川俊太郎
オリガ・モリソヴナの反語法 米原万里
ガセネッタ&シモネッタ  米原万里
他諺の空似 ことわざ人類学 米原 万里
嘘つきアーニャの真っ赤な真実 米原 万里
不実な美女か貞淑な醜女か 米原 万里
翻訳のさじかげん 金原 瑞人
句あれば楽あり 小沢 昭一
散りぎわの花 小沢昭一
俳句武者修行 小沢昭一
むかし噺うきよ噺 小沢昭一
もうひと花 小沢 昭一
あたく史 外伝 小沢 昭一
小沢昭一的流行歌・昭和のこころ2
美人諸国ばなし 小沢 昭一
小沢昭一がめぐる寄席の世界
アルファベット  野坂 昭如
にっぽん春歌紀行 (ちくま文庫)野坂 昭如
芸人という生き方―そして、死に方 矢野 誠一
米朝ばなし―上方落語地図  桂 米朝
志ん朝の落語3遊び色々 (ちくま文庫)
志ん朝の落語 5 浮きつ沈みつ (ちくま文庫)
おかしな男 渥美清 小林 信彦
渥美清の肘突き―人生ほど素敵なショーはない 福田 陽一郎
歌麿 (とんぼの本)
浮世絵の極み 春画 (とんぼの本)
春信 美人画と艶本 (とんぼの本)
四畳半襖の下張裁判・全記録 上下巻 丸谷才一編
空海 上山春平
日本社会再考―海民と列島文化  網野 善彦
江戸の職人―都市民衆史への志向 (歴史文化ライブラリー) 乾 宏巳
オランダ風説書―「鎖国」日本に語られた「世界」 (中公新書) 松方 冬子
インドへの道 (ちくま文庫) エドワード・モーガン フォースター
切手と戦争―もうひとつの昭和戦史 (新潮新書) 内藤 陽介
一日一文―英知のことば  木田元
小さな草に  大石 芳野
私の朝鮮語小辞典―ソウル遊学記 (河出文庫)長 璋吉
普段着の朝鮮語―私の朝鮮語小辞典〈2〉 (河出文庫) 長 璋吉
動物行動学・再考  マリアン・S. ドーキンス
ヤナギランの花咲く野辺で―昆虫学者のフィールドノート (自然誌選書) ベルンド・ハインリッチ
植物と人間 生物社会のバランス (NHKブックス)宮脇 昭
洞穴から生物学へ (NHKブックス)吉井 良三
セックス障害者たち (幻冬舎アウトロー文庫) バクシーシ山下
風俗の人たち (ちくま文庫)永沢 光雄
noyamaのおつまみいろは
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が水曜日のみとなりました
営業時間が11時から18時30分に変わりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2018-03-20 21:58 | 新入荷
新入荷。澁澤龍彦、庄野潤三、ちくま日本文学全集、花の名随筆、ル・グウィン、宇井純、外国文学、種村季弘、内田百閒、ほか
  『存在の耐えられない軽さ』ミラン・クンデラ 西永良成訳 池澤夏樹=個人編集世界文学全集 より引用 

 たびたび、ドゥプチェクがモスクワから帰国してラジオでおこなった演説のことを考える。彼がなにを話したのか、もうなにも思い出せないが、彼の吃音はまだ耳に残っている。彼女はそんな彼のことを思ってみる。外国の兵隊たちが主権国家の指導者である彼を彼自身の国で逮捕した。彼らは彼を連行し、ウクライナの山のなかのどこかに幽閉し、十二年まえに彼の先駆者のハンガリー人、イムレ・ナジが銃殺されたのと同じように、いずれ彼を銃殺することになるだろうと思い知らせた。それからモスクワに移送し、入浴させ、髭を剃らせ、着替えてネクタイをつけるよう命じて、おまえはもう銃殺執行隊に差し出されることはないと告げた。そして新たに自分を国家指導者と見なすよう厳命し、ブレジネフの正面のテーブルにつかせ、交渉するよう強制した。
 彼は辱められて帰国し、辱められた国民に話しかけた。彼は話すことができないほど辱められていた。テレザは文言のあいだの、あの恐ろしい間のことをけっして忘れないだろう。彼は力尽きていたのだろうか?病気だったのだろうか?麻薬を打たれていたのだろうか?それとも、あれはたんなる絶望にすぎなかったのだろうか?かりにドゥプチェクについてなにも残らないとしても、ラジオに張りついていた全国民のまえで彼が呼吸もできずに、肩で息をしていた、あの長い沈黙の間だけは残ることだろう。あの沈黙のなかにこそ、国を襲った恐怖のすべてがあったのだから。

c0184882_12511024.jpg

2018年3月。京都市動物園にて。


100円・200円本大量入荷。
ちくま日本文学全集 文庫版 全50巻中47冊
花の名随筆 全12巻 大岡信監修 
創元社 (「知の再発見」双書) 32冊
史記  全8巻 (ちくま学芸文庫)司馬 遷
キミよ歩いて考えろ  宇井 純
門は開かれて―らい医の悲願 四十年の道 犀川一夫
アメリカ黒人解放前史 ジェームス・ブリューワー スチュワート
沖縄絵本 戸井昌造
バタイユの世界 清水徹 ,‎ 出口裕弘
ラテン語の歴史 (文庫クセジュ)ジャクリーヌ ダンジェル
図説 アラビア文字事典  ガブリエル・マンデル ハーン
人生の短さについて 他二篇 (ワイド版 岩波文庫)  セネカ
ジプシー 歴史・社会・文化 (平凡社新書) 水谷 驍
対論・異色昭和史 (PHP新書)鶴見 俊輔、 上坂 冬子
異郷暮らし(タヒャンサリ)―在日する韓国・朝鮮人の肖像 高 賛侑
かたつむりの歩き方 姜 信子
<在日>という生き方 (講談社選書メチエ) 朴 一
ふたつの故郷―津軽の空・星州の風 朴才暎
食は韓国にあり 森枝卓士 ,‎ 朝倉敏夫
関釜連絡船―海峡を渡った朝鮮人 (朝日選書)金 賛汀
火の神(アペフチカムイ)の懐にて―ある古老が語ったアイヌのコスモロジー 松居友、 小田 イト
アフリカのろう者と手話の歴史  亀井 伸孝
ハドリアヌス帝の回想 マルグリット・ユルスナール
ブルーミング (新潮クレスト・ブックス) スーザン・アレン トウス
あなたが最後に父親と会ったのは? (新潮クレスト・ブックス)ブレイク モリソン
コールドマウンテン 新潮クレストブックス チャールズ フレイジャー
フォークナーの町にて 加島 祥造
ヘミングウェイのパリ・ガイド (ショトル・トラベル)
パリ時間旅行 鹿島 茂
別世界にて―エッセー・物語・手紙 C.S. ルイス
私本 ヴァレリー   寺田 透
ミセス・スティーヴンズは人魚の歌を聞く メイ・サートン
キス・キス (異色作家短編集) ロアルド・ダール
ティンブクトゥ ポール・オースター
雪山の白い虎 デイヴィッド・ゴードン
サマリタン モニカ・ディケンズ
渦をのがれて  アラン・シリトー
ダロウェイ夫人 (ヴァージニア・ウルフ・コレクション)
ディビザデロ通り (新潮クレスト・ブックス) マイケル オンダーチェ
逃げてゆく愛 (新潮クレスト・ブックス) ベルンハルト シュリンク
コールドマウンテン 新潮クレストブックス チャールズ フレイジャー
タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)テア オブレヒト
小さな土曜日  アーウィン・ショー
乱れた大気 アーウィン・ショー
ルーシィ・クラウンという女 アーウィン・ショー
テネシイ・ウィリアムズ一幕劇集 鳴海四郎・他訳
テネシー・ウィリアムズ回想録  鳴海四郎訳
アンリ四世の青春  ハインリヒ・マン
黒いピエロ  ロジェ・グルニエ
プルースト論考  鈴木 道彦
ケストナァ詩集  板倉鞆音訳
世界の詩 フランソワ・ヴィヨン 思潮社
シカゴ育ち (白水Uブックス海外小説の誘惑 )スチュアート・ダイベック
ひと月の夏 (白水Uブックス 海外小説の誘惑)J.L. カー
豚の死なない日 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ロバート・ニュートン・ペック
続・豚の死なない日 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ロバート・ニュートン・ペック
フェルマータ (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ニコルソン ベイカー
薔薇の葬儀 (白水uブックス―海外小説の誘惑)アンドレ・ピエール・ド マンディアルグ
セルフ・ヘルプ (白水Uブックス 海外小説の誘惑)ローリー ムーア
もしもし (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ニコルソン ベイカー
最後の物たちの国で (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ポール・オースター
鍵のかかった部屋 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ポール・オースター
世界のSF文学総解説 自由国民社
ロシア読書ノート 水野忠夫
マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク マーク・トウェイン
アカシヤの大連 清岡卓行
萩原朔太郎『猫町』私論  清岡卓行
幼い夢と  清岡 卓行
友あり駄句あり三十年―恥多き男づきあい春重ね 入船亭扇橋,‎ 柳家小三治,‎ 江国 滋ほか
詩集 十八歳  谷川 俊太郎
生きる  谷川俊太郎(詩)  松本美枝子(写真)
谷川俊太郎質問箱 (Hobonichi books)
魔法のことば―星野道夫講演集
長い旅の途上 星野道夫
澁澤龍彦文学館 2~6、8~12巻
澁澤龍彦集成 全7巻
狐のだんぶくろ (新編 ビブリオテカ渋沢龍彦)
城と牢獄 (新編 ビブリオテカ渋沢龍彦)
幻想博物誌 (新編 ビブリオテカ渋沢龍彦)
エピクロスの肋骨 渋澤 龍彦
悪魔のいる文学史 澁澤龍彦
幻想の画廊から 澁澤 龍彦
世界悪女物語  澁澤 龍彦
ふらんす怪談 H.トロワイヤ、 澁澤 龍彦訳
城=カステロフィリア  渋澤龍彦 ,‎ 金子國義
サド侯爵―その生涯と作品の研究  ジルベール・レリー、 澁澤 龍彦訳
澁澤龍彦の少年世界  澁澤 幸子
渋沢龍彦考  巌谷 国士
偏愛的作家論  澁澤 龍彦
澁澤龍彦の手紙  出口 裕弘
フローラ逍遥  澁澤 龍彦
解剖学者ドン・ベサリウス  ペトリュス ボレル , 渋沢 龍彦訳
中井英夫スペシャルⅡ 虚無へ捧ぐる (別冊 幻想文学)
謎のカスパール・ハウザー 種村季弘
奇想の展覧会―戯志画人伝 種村 季弘
ザッヘル=マゾッホの世界 種村 季弘
藤枝静男著作集 3巻
月光 6号  塚本邦雄
江戸幻想文学誌 (平凡社選書) 高田 衛
父 荷風 永井永光
つまみぐい文学食堂 柴田 元幸
旅先でビール  川本 三郎
地下本の世界―発禁本 2 (別冊太陽)
城市郎の発禁本人生 (別冊太陽)
梶山季之と月刊「噂」
漫画と小説のはざまで―現代漫画の父・岡本一平  清水勲 , 湯本豪一
手品の種 (安野光雅・文集)
蜻蛉日記・更級日記・和泉式部日記 (新潮古典文学アルバム)三角 洋一、 津島 佑子
河竹黙阿弥集 (新日本古典文学大系 明治編 8)
江戸の蔵書家たち (講談社選書メチエ) 岡村 敬二
安藤昌益 (日本アンソロジー)松本健一ほか
日本の地名 (岩波新書)谷川 健一
春画のからくり (ちくま文庫) 田中 優子
雑談にっぽん色里誌 (徳間文庫)小沢 昭一
ピアノの音 庄野 潤三
孫の結婚式 庄野 潤三
流れ藻  庄野 潤三
けい子ちゃんのゆかた  庄野 潤三
水の都  庄野 潤三
引潮 庄野 潤三
せきれい 庄野 潤三
鍛冶屋の馬  庄野 潤三
山田さんの鈴虫 庄野 潤三
インド綿の服 庄野 潤三
野菜讃歌 庄野 潤三
クロッカスの花  庄野 潤三
シェリー酒と楓の葉  庄野 潤三
うさぎのミミリー 庄野 潤三
御代の稲妻 庄野 潤三
屋上 庄野 潤三
早春 庄野 潤三
ぎぼしの花 庄野 潤三
文学交友録  庄野 潤三
雉子の羽  庄野潤三
庭の山の木  庄野 潤三
山のぼりおり 石田 千
夜明けのラジオ 石田 千
屋上がえり 石田 千
辻静雄コレクション 全3巻 ちくま文庫
日本の名随筆 火 古井由吉編
日本の名随筆 読 井伏鱒二編
日本の名随筆 産 森崎和江編
日本の名随筆 桜 竹西寛子偏
つはぶきの花 (旺文社文庫)内田 百けん
第三阿房列車 (福武文庫) 内田 百けん
百鬼園日記帖 (旺文社文庫)内田 百けん
水に聴く  松永伍一
原初の闇へ 松永伍一
供華の旅 松永伍一
感光生活  小池 昌代
電信柱のある宇宙 (白水Uブックス―エッセイの小径) 別役 実
荒木経惟文学全集 1・3巻
深沢七郎の滅亡対談 (ちくま文庫)
まいにち薔薇いろ 田辺聖子A to Z  田辺 聖子
ナンセンスの練習  草森 紳一
脱植民地国家の現在―ムスリム・アラブ圏を中心に (りぶらりあ選書)アルベール メンミ
ギボン―歴史を創る (叢書・ウニベルシタス)ロイ ポーター
純粋な自然の贈与 中沢 新一
ケルビムのぶどう酒 中沢 新一
芸術人類学  中沢 新一
夕陽妄語Ⅷ 加藤 周一
昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)半藤 一利
昭和史 戦後篇 (平凡社ライブラリー)半藤 一利
衛都連史 第二巻(1971~1991) 大阪自治労連衛都連編
ヨーロッパの伝統木工具 竹中大工道具館
安藤忠雄の都市彷徨
祈りの人棟方志功  宇賀田達雄
小林秀雄 美と出会う旅 (とんぼの本)
「第九の怒涛」を中心とする ロシア美術館名作展
あの頃のこと―Every day as a child  川内倫子、是枝裕和
ビートルズ革命 新版
動物会議  ケストナー少年文学全集
帰ってきた空飛び猫 アーシュラ・K. ル・グウィン
空飛び猫 アーシュラ・K. ル・グウィン
ゲドを読む。 岩波書店+ジブリ
空を駆けるジェーン  アーシュラ・K. ル=グウィン
長谷川町子 思い出記念館 長谷川町子全集〈別巻〉
ほか


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が水曜日のみとなりました
営業時間が11時から18時30分に変わりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2018-03-09 13:12 | 新入荷
新入荷。石牟礼、上野英信、小説・詩歌たくさん、日本随筆大成、人物叢書、カルヴィーノ、エンデ、武満徹、高橋たか子、広津和郎、港野喜代子、天野忠、ほか
『ポルトガルの海 フェルナンド・ぺソア詩選』池上岑夫編訳 より引用

かつてわたしはいちど人を愛し 自分は愛されるだろうと思った。
しかしわたしは愛されなかった。
愛されなかった大きな理由はただ一つーー
わたしは愛されるはずがなかったのだ。


サミーの誕生日会でグレゴリーとサミー、一緒に踊る。


100円・200円本大量入荷。
形見の声―母層としての風土 石牟礼道子
潮の日録 石牟礼道子
花いちもんめ 石牟礼道子
真実と勇気の記録 宇佐美承 (石牟礼道子・塩田武史の章あり)
写真万葉録 筑豊 1・2・5・9巻 上野英信
炭坑美人―闇を灯す女たち  田嶋 雅已
ユーカラは甦える―アイヌ語世界への入門 改訂版 ポン・フチ
霧社事件―台湾先住民(タイヤル族)、日本軍への魂の闘い 邱 若龍
大阪弁護士会百年史
シモーヌ・ヴェーユ著作集 1・2・5巻
モスクワの冬   ヴァルター・ベンヤミン
ベンヤミンの「問い」―「目覚め」の歴史哲学 (講談社選書メチエ)今村 仁司
第三の意味―映像と演劇と音楽と  ロラン・バルト
花田清輝著作集 全7巻
戸坂潤全集 全5巻
中野重治評論集 (平凡社ライブラリー)
歩きながら考える 矢内原 伊作
思想のドラマトゥルギー (平凡社ライブラリー)林 達夫、 久野 収
吉田茂とその時代 全2巻  (中公文庫)ジョン・ダワー
ウェアリー・ダンロップの戦争日記―ジャワおよびビルマ‐タイ鉄道 1942‐1945  エドワード・ウェアリー ダンロップ
尾崎秀実時評集 日中戦争期の東アジア (東洋文庫)
ファシズム体制下のイタリア人の暮らし ジャン・フランコ ヴェネ
スターリンという神話  ユーリイ・ボーレフ
遠い女―ラテンアメリカ短篇集 (文学の冒険シリーズ) コルタサル、パス、ほか
石蹴り遊び (ラテンアメリカの文学 )コルターサル
G・Hの受難 家族の絆 (ラテンアメリカの文学)リスペクトール
汝、人の子よ (ラテンアメリカの文学)ロア=バストス
脱皮 (ラテンアメリカの文学)フエンテス
ボマルツォ公の回想 (ラテンアメリカの文学)ムヒカ=ライネス
大統領閣下 (ラテンアメリカの文学) アストリアス
ラ・カテドラルでの対話 (ラテンアメリカの文学)  バルガス=ジョサ
はかない人生 井戸 ハコボと他者 (ラテンアメリカの文学)オネッティ
日向で眠れ 豚の戦記 (ラテンアメリカの文学)ビオイ=カサーレス
自由の王―ローペ・デ・アギーレ (ラテンアメリカの文学)オテロ=シルバ
亡き王子のためのハバーナ (ラテンアメリカの文学 )カブレラ=インファンテ
失われた足跡 時との戦い (ラテンアメリカの文学)カルペンティエール
蜘蛛女のキス (ラテンアメリカの文学 )プイグ
伝奇集 (ラテンアメリカの文学)ボルヘス
夜のみだらな鳥(ラテンアメリカの文学) ドノソ
幾たびもペドロ (ラテンアメリカの文学)ブライス=エチェニケ
族長の秋 (ラテンアメリカの文学)ガルシア=マルケス
世界の文学〈30〉バルガス=ジョサ - ラ・カテドラルでの対話
世界の文学〈28〉カルペンティエール.マルケス 失われた足跡 大佐に手紙は来ない 土曜日の次の日
ボルヘスの北アメリカ文学講義 (ボルヘス・コレクション)
不死の人 (白水Uブックス)ホルヘ・ルイス ボルヘス
百年の孤独  ガルシア=マルケス
エミリ・ディキンスンを読む 岩田 典子
ポルトガルの海―フェルナンド・ペソア詩選
ポルトガルの友へ―モラエスの手紙 (ポルトガル文学叢書)ヴェンセスラウ デ・モラエス
遠い水平線 (白水Uブックス)アントニオ・タブッキ
インド夜想曲 (白水Uブックス)アントニオ タブッキ
供述によるとペレイラは… (白水Uブックス)アントニオ タブッキ
島とクジラと女をめぐる断片  アントニオ・タブッキ
イタリア民話集 上下巻 (岩波文庫)イタロ・カルヴィーノ
むずかしい愛 (岩波文庫)カルヴィーノ
なぜ古典を読むのか イタロ・カルヴィーノ
魔法の庭 イタロ・カルヴィーノ
水に流して―カルヴィーノ文学・社会評論集  イタロ・カルヴィーノ
むずかしい愛 イタロ カルヴィーノ
レ・コスミコミケ イタロ・カルヴィーノ
遠ざかる家 イタロ・カルヴィーノ
不在の騎士  イタロ カルヴィーノ
宿命の交わる城 イタロ・カルヴィーノ
パロマー イタロ カルヴィーノ
冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫) イタロ・カルヴィーノ
見えない都市 (河出文庫)イタロ・カルヴィーノ
木のぼり男爵  イタロ・カルヴィーノ
ある家族の会話 (白水Uブックス)ナタリア ギンズブルグ
モンテ・フェルモの丘の家 (ちくま文庫)ナタリア ギンズブルグ
裏切られた遺言 クンデラ
緩やかさ クンデラ
別れのワルツ クンデラ
冗談 クンデラ
存在の耐えられない軽さ クンデラ
ポケットのなかのチャペック  千野 栄一
コラムの闘争―ジャーナリスト カレル・チャペックの仕事
新聞・映画・芝居をつくる (カレル・チャペック エッセイ選集)
イギリスだより (カレル・チャペック エッセイ選集)
名づけえぬもの  サミュエル・ベケット
モロイ  サミュエル・ベケット
ドイツ・ロマン派全集 第3巻 ホフマン
美食家 陸文夫
闇の中に横たわりて  ウィリアム・スタイロン
友だち   ジョン・ノールズ
新マリヴォー戯曲集〈1〉
ヘンリー・ミラー全集 4・6・8・9巻
なんとかしなくちゃ (文学のおくりもの)モニカ・ディケンズ
サンタクロースの反乱 (文学のおくりもの)ピエール・ヴェリー
コニーアイランド物語 (文学のおくりもの)ノーマン・ロステン
大泥棒と結婚すれば (文学のおくりもの)ユードラ・ウェルティ
ハロウィーンがやってきた (文学のおくりもの)レイ ブラッドベリ
たんぽぽのお酒 (文学のおくりもの)レイ ブラッドベリ
わが名はアラム (文学のおくりもの )ウィリアム・サローヤン
逃げるが勝ち (文学のおくりもの )ロレンス・ダレル
幻の馬幻の騎手 (文学のおくりもの)キャサリン・アン・ポーター
奇跡も語る者がいなければ (新潮クレスト・ブックス) ジョン・マグレガー
旅の終わりの音楽 (クレスト・ブックス)エリック・フォスネス ハンセン
イラクサ (新潮クレスト・ブックス)アリス・マンロー
極北で (新潮クレスト・ブックス)ジョージーナ ハーディング
ハイウェイとゴミ溜め (新潮クレスト・ブックス)ジュノ ディアズ
石のハート(新潮クレスト・ブックス)レナーテ・ドレスタイン
冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)アリステア・マクラウド
アンジェラの灰 (新潮クレスト・ブックス) フランク マコート
キス (新潮クレスト・ブックス)キャスリン ハリソン
最後の場所で (新潮クレスト・ブックス)チャンネ リー
大統領の最後の恋 (新潮クレスト・ブックス)アンドレイ・クルコフ
ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス)アンドレイ・クルコフ
ネヴァーランドの女王 (新潮クレスト・ブックス)ケイト サマースケイル
ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)グレアム・スウィフト
最後の注文 (新潮クレスト・ブックス)グレアム・スウィフト
ケンブリッジ・クインテット(新潮クレスト・ブックス)ジョン・L. キャスティ
その腕のなかで (新潮クレスト・ブックス)カミーユ ロランス
シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)アンソニー ドーア
時のかさなり (新潮クレスト・ブックス)ナンシー ヒューストン
穴掘り公爵 新潮クレスト・ブックス ミック ジャクソン
アムステルダム 新潮クレストブックス  イアン マキューアン
愛の続き (新潮クレスト・ブックス)イアン マキューアン
パリ左岸のピアノ工房 (新潮クレスト・ブックス)T.E. カーハート
遠い音 (新潮クレスト・ブックス)フランシス・イタニ
ボート (新潮クレスト・ブックス)ナム リー
あなたはひとりぼっちじゃない 新潮クレストブックス  アダム・ヘイズリット
遺失物管理所 (新潮クレスト・ブックス)ジークフリート・レンツ
千年の祈り (新潮クレスト・ブックス)イーユン リー
ソーネチカ (新潮クレスト・ブックス)リュドミラ ウリツカヤ
中国幻想小説傑作集 (白水Uブックス)
スペイン幻想小説傑作集 (白水Uブックス)
アメリカ幻想小説傑作集 (白水Uブックス )
イギリス幻想小説傑作集 (白水Uブックス)
ドストエフスキー伝 (中公文庫)アンリ・トロワイヤ
小鳥たち アナイス ニン
ある犬の伝記 ヴァージニア・ウルフ
スロー・ラーナー (ちくま文庫) トマス ピンチョン
恥辱  J.M. クッツェー
世界幻想文学大系 第19巻 サラゴサ手稿
ニューヨークの啓示―デイヴィッド・ヘイマンとの対話 フィリップ・ソレルス
投書狂グレアム・グリーン
世界文学のフロンティア 1・2・3・4・6巻 
ロリータ ナボコフ
賜物 ナボコフ
夢見る力―文学と想像力 (コリン・ウィルソン著作集)
影のジャック (サンリオSF文庫)ロジャー・ゼラズニイ
ダン・カウの書 (サンリオ文庫)ウォルター・ワンジェリン Jr.
コンピュータ・コネクション (サンリオSF文庫) アルフレッド・ベスター
李良枝全集
長雨  尹興吉
広津和郎全集 新装普及版 全13巻 
高橋たか子自選小説集 全4巻
夢野久作全集 全11巻 ちくま文庫
岡本かの子全集 1~8巻 ちくま文庫
日本新聞漫画史  伊藤 逸平
蜂アカデミーへの報告 後藤 明生
水虫魂―野坂昭如ルネサンス〈2〉 (岩波現代文庫)野坂 昭如
宮沢賢治―存在の祭りの中へ(20世紀思想家文庫)見田 宗介
心のふしぎをみつめて (ちくま少年図書館)岡部 伊都子
風通しよいように… 矢川澄子
田中小実昌エッセイ・コレクション〈1〉ひと (ちくま文庫)
新潮社七十年
小泉八雲 思い出の記 父「八雲」を憶う
小説琉球処分  大城 立裕 ファラオ企画
夫婦の肖像 天野忠
兎の庭 高橋睦郎
起きあがる人 高橋睦郎
十二夜―闇と罪の王朝文学史 高橋睦郎
フランドル遊記 ヴェルレーヌ詩集 金子光晴
光っている窓 永瀬清子
山之口貘詩集 (現代詩文庫)
右左口―歌集 (短歌新聞社文庫)山崎 方代
加藤楸邨句集 (岩波文庫)
歌集 回生 鶴見和子
現代俳句集成 1~6巻、9・11・13巻
マロニエの花が言った 全二巻 清岡 卓行
雌牛の幽霊  金関 寿夫
港野喜代子選集―詩・童話・エッセイ 編集工房ノア
不作法者 中江俊夫
井上俊夫詩集 限定千部 五月書房
私は河原乞食・考 (岩波現代文庫)小沢 昭一
本邦ストリップ考―まじめに (小沢昭一座談)
芸渡世浮き沈み―アハハ (小沢昭一座談)
小沢昭一雑談大会
ぼくの浅草案内 小沢昭一
陰学体験 小沢昭一
長生きも芸のうち―岡本文弥百歳 (ちくま文庫)森 まゆみ
明治大正落語集成 6巻
米朝落語全集 第4巻
明治日本旅行案内 全3巻  アーネスト・サトウ
江戸の想像力―18世紀のメディアと表徴 (ちくま学芸文庫)田中 優子
異人論序説  赤坂 憲雄
南方曼陀羅論  鶴見 和子
日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)内山 節
戦国の作法―村の紛争解決 (平凡社ライブラリー)藤木 久志
日本随筆大成 新装版 全81巻 
西郷隆盛 (人物叢書)
武田信玄(人物叢書)
源義経 (人物叢書)
鴻池善右衛門(人物叢書)
栄西 (人物叢書)
桓武天皇 (人物叢書)
源義家 (人物叢書)
和宮 (人物叢書)
上杉鷹山 (人物叢書)
福沢諭吉(人物叢書)
広瀬淡窓 (人物叢書)
明智光秀 (人物叢書)
三好長慶 (人物叢書)
足利義満 (人物叢書)
足利義昭 (人物叢書)
奥州藤原氏四代 (人物叢書)
安国寺恵瓊 (人物叢書)
大黒屋光太夫 (人物叢書)
赤松円心・満祐 (人物叢書)
行基 (人物叢書)
小堀遠州 (人物叢書)
道元辞典 新装版
道元の言語宇宙  寺田透
道元の見た宇宙  岩田 慶治
道元の世界 (仏典を知る)
『正法眼蔵』読解〈1〉 (ちくま学芸文庫)
京都名園記 全3巻 
三省堂いけばな草花辞典
喜怒哀楽語辞典
味覚辞典―日本料理
グレン・グールド 孤独のアリア  ミシェル・シュネデール
ひとつの音に世界を聴く―武満徹対談集
武満徹著作集〈1〉
武満徹著作集〈3〉
芸術と革命Ⅱ展 : ロシア・アヴァンギャルドの旋風 1920-30の肖像  西武美術館
キュビスムの巨匠 レジェ展
Me―キャサリン・ヘプバーン自伝
表現者 星野道夫
星野道夫の仕事〈第1巻〉カリブーの旅
星野道夫の仕事〈第2巻〉北極圏の生命
森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて  星野 道夫
ノーザンライツ  星野 道夫
バクスター危機いっぱつ グレン・バクスター 柴田元幸訳
センダックの絵本論
クレーン男  ライナー・チムニク
エンデ全集 1・2・4・5・6・7・9・10・11・12・15・17・19巻
ハーメルンの死の舞踏   エンデ
M・エンデが読んだ本 ミヒャエル・エンデ
三つの鏡―ミヒャエル・エンデとの対話
大地と海と人間―東南アジアをつくった人びと (ちくま少年図書館)鶴見 良行
トーベ・ヤンソン・コレクション 2 誠実な詐欺師
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が水曜日のみとなりました
営業時間が11時から18時30分に変わりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2018-03-01 23:31 | 新入荷