人気ブログランキング |
<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
新入荷。『酒井隆史×矢部史郎 対談 民衆闘争テーゼ』 新本
c0184882_21160678.jpg
新本入荷。
いまのところ、この本を売っているのはカライモブックスだけだそうです。

『酒井隆史×矢部史郎 対談 民衆闘争テーゼ』
編集・企画・構成 持木良太・大畑凛
2016年7月発行
44ページ
300円

オンラインショップでも買えます→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=105404874

こうした情勢下において、この矢部史郎と酒井隆史による2015年11月の対談は用意された。(3・11/)3・12を始まりとしながら、2015年夏の国会前に一つのピークを迎えた数年前の運動(闘争)の趨勢を分析することを目的としたこの対談は、国会前へとのみ焦点化されていったわたしたちの運動と闘争への視線を切り替え、そして立ち戻っていくための始まりとしてある。(本書「はじめに」より引用)

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

by KARAIMOBOOKS | 2016-07-30 21:20 | 新入荷
新入荷。水俣、緒方正人、石牟礼、森崎和江、雁、ヘーゲル、日系ブラジル人、渡辺京二、伊藤比呂美、片山健、タブッキ、デュラスほか
 『マイケル・K』 J.M.クッツェー くぼたのぞみ訳 岩波文庫 より引用

 種子の世話をし、見守り、大地に食物が稔るのを待つあいだ、彼自身の食物に対する欲求はどんどん薄れていった。空腹感はまったくなく、ほとんど思い出せない感覚になっていた。見つけたものを手当たり次第口に入れたが、それは食べなければ肉体は死ぬという思いを払拭できなかったからにすぎない。何を食べるかは重要ではなかった。味覚は麻痺し、あっても土埃の味がした。
 この大地から食物が稔れば俺の食欲はもどる、その食物には固有の味があるのだから、と自分に言い聞かせた。


c0184882_12352041.jpg
2016年7月。小樽より札幌へ向かう電車。


100円と200円本たくさん
水俣病第三次訴訟 最終準備書面 第一分冊・第二分冊の一・第二分冊の二 水俣病訴訟弁護団 1986年
常世の舟を漕ぎて―水俣病私史  緒方正人
苦海浄土 わが水俣病 石牟礼道子
なみだふるはな 石牟礼道子、 藤原新也
みなまた海の声 石牟礼道子(文) 丸木俊・位里(絵)
水俣再生への道―谷川健一講演録 (水俣学ブックレット)
女性の歴史 上下巻 高群逸枝 講談社文庫
ふるさと幻想  森崎和江
闘いとエロス 森崎和江
非所有の所有―性と階級覚え書 森崎和江
悲しすぎて笑う 森崎和江
意識の海の物語へ 谷川雁
幻夢の背泳 谷川雁
極楽ですか 谷川雁
供述によるとペレイラは…  アントニオ・タブッキ 須賀敦子訳
愛 デュラス
ユダヤ人の家 デュラス
サラエヴォ・ノート フアン・ゴイティソーロ
ひとり暮らし (新潮文庫)谷川俊太郎
浮世の画家 (ハヤカワepi文庫) カズオ・イシグロ
八月の光 (新潮文庫) フォークナー
旅をする木 (文春文庫) 星野道夫
絵本未満 長谷川集平
族長の秋 ガルシア=マルケス
続・藤井貞和詩集 (現代詩文庫)
柳宗悦民藝紀行 (岩波文庫)
岡本かの子全集 10巻 (ちくま文庫)
日本の名随筆 (11) 酒 田村隆一
フロベールの鸚鵡  ジュリアン・バーンズ
私の世界文学案内―物語の隠れた小径へ (ちくま学芸文庫)渡辺京二
父の生きる 伊藤比呂美
犬心 伊藤比呂美
家族アート 伊藤比呂美
女書生―ここにして女書生の生涯を生き貫かむと隠れ棲むなり 鶴見和子
引き裂かれながら、私たちは書いた―在韓被爆者の手記 丸屋博、 石川逸子
共同研究出稼ぎ日系ブラジル人 全二巻 渡辺雅子
ブラック・ディアスポラ (明石ライブラリー) ロナルド・シーガル
世界の労働力移動―ILOリポート ピーター・ストーカー
ヘーゲル全集 美学 第1巻の上・下  竹内敏雄訳
ヘーゲル全集 美学 第2巻の上・中・下  竹内敏雄訳
ヘーゲル全集 美学 第3巻の上・中  竹内敏雄訳
ヘーゲルからニーチェへ 全二巻 (岩波現代叢書) K.レヴィット、 柴田治三郎訳
世界の新しい支配者たち 欺瞞と暴力の現場から ジョン・ピルジャー
現象学と見えないもの―ミシェル・アンリの「生の哲学」のために  庭田茂吉
デモクラシーの政治学  福田有広 谷口将紀
シオニズムの解剖 臼杵陽ほか
ファシズムの想像力 池田浩士・鵜飼哲ほか
三島角栄江藤淳―保守思想の構図  三上治
自白の研究 浜田寿美男
都障教組史 東京都障害児学校教職員組合 1992
障害のある人の人権状況と権利擁護 明石書店
「園学」のすすめ―造園を哲学する (シリーズ・実学の森)  野澤清
星の降る村  パティ・クリスティナ ウィリス
ぜろくんおとおり 片山健 こどものとも012 2008
言葉はひろがる たくさんのふしぎ 鶴見俊輔(文) 佐々木 マキ(絵)
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


by KARAIMOBOOKS | 2016-07-29 13:43 | 新入荷
新本が3点入荷。『Chio 112号』、『戦争に負けないための二〇章』、『決定版 ナチスのキッチン』
新本が3点入荷。
c0184882_17425944.jpg
『chio(ちいさい・おおきい・よわい・つよい)112号 特集=信頼できるこどもの主治医はいますか?』2016年7月、ジャパンマシニスト社、1296円
本の詳しくと通販はこちら→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=105254840


c0184882_17430441.jpg

『戦争に負けないための二〇章』池田浩士(文)高谷光雄(絵)共和国、2016年8月、1944円
本の詳しくと通販はこちら→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=105245608


c0184882_17430694.jpg
『決定版 ナチスのキッチン 「食べること」の環境史』藤原辰史、共和国、2016年7月、2916円
本の詳しくと通販はこちら→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=104213201


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

by KARAIMOBOOKS | 2016-07-26 17:55 | 新入荷
第37回カライモ学校 「知」と「生」の動員? ――認知資本主義って何だろう 7月23日(土)

7月3日(日)から7月7日(木)は臨時休業です。この5日の間は通販もメールの返信もできません。よろしくお願いいたします。


c0184882_21062993.jpg

37回カライモ学校 「知」と「生」の動員? ――認知資本主義って何だろう

話し手 山本泰三(四天王寺大学他非常勤講師)

    春日匠(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター招聘研究員)

ゲスト 宇城輝人(関西大学社会学部教授)

日時 723日(土)14時から

場所 カライモブックス 京都市上京区社横町301

参加費 200円 水俣のお茶つき

予約してくださると助かります karaimobooks@gmail.com/075-203-1845 

 こんにちは。山本泰三と申します。経済学を研究し、大学で教えております。経済学というものについては、みなさんいろいろなイメージをお持ちでしょう。私自身は、社会の仕組みを理解したいと思って経済学をやっています。この春、私が編者として関わった『認知資本主義:21世紀のポリティカル・エコノミー』(ナカニシヤ出版)という本が出ました。この本のテーマは、1990年代以降に起こってきた資本主義の大きな変化です。労働であれ消費であれ、情報を読みとること、考えること、感情の動きなど、つまり「認知」がきわめて重要だとみなされるようになっている。なぜなら、資本主義が、知識、ネットワーク、イメージ、文化といった非物質的なものの生産に軸足を置くようになったからだ。それが、「知」と「生」の動員、ということばで言いたかったことです(やや大げさですが)。ここしばらくの間に、さまざまな局面をつらぬいて社会がどんどん不安定化してきた――この印象は、実は多くの人が共有しているのではないでしょうか。このような現在の状況について、認知資本主義論を手がかりに考えてみよう、ということでカライモブックスさんにてトークイベントをさせていただくことになりました。今回は、『認知資本主義』執筆者の山本と春日匠さん、さらにゲストとして宇城輝人さんをお迎えして、語り合います。宇城さんは、現代社会の変容を批判的にふまえ「社会」という理念を問い直した本である『社会的なもののために』(ナカニシヤ出版)の、編者のお一人です。どうぞよろしくお願いいたします。

 こんにちは。カライモの奥田です。今回の会はむっちゃうまい天然酵母パン屋のPirate Utopia川邉さんに、声をかけていただき開催となりました。ありがとう、川邉さん。川邉さんはパンもつくるし文章も書くし本の装幀もします。そもそも、今回の本「認知資本主義」も装幀と執筆をしています。いろいろすることはほんとによいことだなあと痛感しております。さて、この日は川邉さんも来てくれて、Pirate Utopiaのむっちゃうまい天然酵母パンを売ってくれます。たのしみです。みなさま、お待ちしております。


『認知資本主義 21世紀のポリティカル・エコノミー』ナカニシヤ出版 詳しくは→http://www.nakanishiya.co.jp/book/b222112.html


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

by KARAIMOBOOKS | 2016-07-01 21:22 | イベント