人気ブログランキング |
<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
延期になりました。第33回カライモ学校『耕すこと生きること~TPP、未来の農業と食卓~』
3月5日(土)のカライモ学校『耕すこと生きること~TPP、未来の農業と食卓~』ですが、諸事情で延期になりました。
参加しようと考えていた方、本当に申し訳ございません。
日程が決まれば、またお知らせいたします。



第33回カライモ学校『耕すこと生きること~TPP、未来の農業と食卓~』


話し手 松平尚也さん(AMネット代表理事、アジア農民交流センター世話人、京北環境保全型農業研究会会長、京北地域認定農業者)
3月5日(土)13~15時
場所 カライモブックス 京都市上京区社横町301 http://www.karaimobooks.com/
参加費 ワンドリンクorワンブックオーダーと松平さんへのカンパお願いいたします
ご予約ください karaimobooks@gmail.com / 075-203-1845 (カライモブックス)

内容
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で日本の農業、食卓、農山村は存亡の危機を迎えています。なのに安倍政権の進める地方創生という地域振興策は周辺切り捨て。。このような状況下で農山村に生きるということはどういうことなのか、未来の食卓と農業をどう考えていけばいいのか、参加者と共に考えます!

 今回、カライモ学校で話していただくのは京北で農業をしている松平さんです。松平さんとの出会いはカライモブックスをはじめて1年がたったころの春でした。松平尚也、という知らない人からダンボールが1箱届いた。なかを開けるとよい本ばかり、しかし、よい本ばかりで手紙がない。すこし怪しみながら、送り状に書いてあった松平という人の電話番号に電話をしてみた。「いやあ、すんません。開店祝いです。もらってください。いやあ、すんません。開店祝いが遅くなりました。」と、いう声を聞いてからの付き合いの松平さんに話していただきます。出会った松平さんは米や野菜を持ってきてくれて、本と交換して京北へと帰っていきます。ああ、身体が雲みたいになる、湧き立つ雲とはこんな感じかなあ。こんな体験をさせてくれる松平さんに深く感謝している。ありがとう。さあ、みなさま、ぜひ、ご参加を!!

松平さんのホームページ「耕し歌ふぁーむ」→http://tagayasiuta.com/


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
ジャパンマシニスト社の新本の取り扱いをはじめます!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25334705/
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


by KARAIMOBOOKS | 2016-02-29 17:50 | イベント
新入荷。石牟礼、原田正純、ハンセン病、あごら、目取真俊、黒川創、北沢街子、色川武大、井上洋介ほか
『高橋悠治 ピアノは、ここにいらない 祖父と父とぼくの時代』 シリーズこの人に会いたかった③ 編集グループSURE より引用

(高橋悠治) 音楽をやる、それはね、記憶っていうことがあるでしょ。だからまあ、忘れられないための何かを作っておく、っていうことが一つある。それからもう一つは、こうあるべきだっていう関係を、音楽として作っていく。音楽っていうのは、たとえば楽器が二つある。ちがう楽器だから、ちがうことをやっている。だけど、いっしょにやれる。だから、ちがうことをやりながら、いっしょに一つの音楽を作れるというようなもんでしょ。
(黒川創) うんうん。
(高橋悠治)そういうふうなものを作ったときに、対等な関係ができる。だから、それは一つのモデルなわけ。社会のモデル。それで、音楽でやることは、べつに、血が流れたりしない。だから、そういう、手段と思ってるわけ。
 

c0184882_15322528.jpg
2016年2月。みっちんがつくったパソコン。YAHOOで天気予報を検索しているとのこと。


祖さまの草の邑 石牟礼道子 思潮社 2014年
石牟礼道子全句集 泣きなが原 藤原書店 2015年
私ではなく、不知火の海が―<表現に力ありや>全展開映画「水俣の図・物語」 (踏分道としての戦後)北川フラム編 石牟礼道子、井上ひさし、色川大吉、最首悟、武満徹ほか
金と水銀―私の水俣学ノート 原田正純
水俣が映す世界 原田正純
「らい予防法」と患者の人権 島比呂志
病棄て―思想としての隔離  島田等 ゆみる出版
眼の奥の森 目取真俊
いつか、この世界で起こっていたこと 黒川創
メルボルンの黒い髪  北沢街子 新宿書房
上海 (中公文庫)林京子
チェルノブイリの森―事故後20年の自然誌 メアリー・マイシオ
サラム 音楽編1 大阪市外国人教育研究協議会編 1979年
ピープルズ・プラン研究Vol.2 No.2 特集=「私たちの」政治経済システムのために
ピープルズ・プラン研究Vol.2 No.4 特集:日本国家になにが起こっているか
ピープルズ・プラン研究Vol.2 Nos.5,6 特集:1999年9月シンポジウム報告
1996年 南アジア「民衆の合流」報告集 第3回ピープルズ・プラン21世紀(PP21)
あごら 174・192・194・198・227・229・230・249・250・268・275・301・302・305・306・312・313・315・316・327号
歴史を拓くはじめの家20周年記念号 あけもどろ 2002年
フェミローグ―日本主義批判 
なぜ加害を語るのか 中国帰還者連絡会の戦後史 (岩波ブックレット) 熊谷伸一郎
もう戦争はいらんとよ―映画「世界の人へ」証言篇 盛善吉
イスラエル 兵役拒否者からの手紙 ペレツ・キドロン
彷書月刊 特集=平民社九十年 1993年11月
タルホ入門―カレードスコープ 稲垣足穂
無職無宿虫の息 (講談社文庫)色川武大
喰いたい放題 (光文社文庫)色川武大
うらおもて人生録 (新潮文庫) 色川武大
思い浮ぶこと (中公文庫)飯田龍太
冬虫夏草 梨木香歩
本当のような話 (集英社文庫)吉田健一
スコットランド民話集―世界の果ての井戸  ノラ・モンゴメリー 、ウィリアム・モンゴメリー 朝日出版社
わたしの長谷川時雨 森下真理
女・女 山本 容子 中公文庫
隣りの女 (文春文庫) 向田邦子
古典落語100席―滑稽・人情・艶笑・怪談 (PHP文庫) 立川 志の輔
蟹工船・党生活者 (新潮文庫) 小林多喜二
私には浅田先生がいた  康玲子
カフカ対カフカ  ミッシェル・カルージュ、 金井裕訳 審美叢書
おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語) 寮美千子〈文〉、小林敏也〈画〉 パロル舎
注文の多い料理店 (画本宮澤賢治) 小林敏也〈画〉 パロル舎
見えない絵本 長谷川集平、 太田大八(絵) 理論社
つむじ風食堂と僕 (ちくまプリマー新書)吉田篤弘
新編 父と子 (ちくま文庫) 永六輔、 永忠順
中華図案見学 (新潮文庫) 島尾伸三
自己啓発の時代: 「自己」の文化社会学的探究 牧野智和
ムシムシエホン 井上洋介 こどものとも年少版2005年10月号
うでわうり プンニャ・クマーリ こどものとも2012年9月号
おむすびの祈り「森のイスキア」こころの歳時記 (集英社文庫) 佐藤初女
欧米政治外交史1871~2012  益田実 小川浩之 ミネルヴァ書房
道南・道央の建築探訪―室蘭・苫小牧・伊達・松前・上ノ国・江差・寿都・岩内・余市・江別・石狩・美唄・岩見沢・夕張ほか 角幸博、 北海道近代建築研究会
ウラジオストクの日本人街―明治・大正時代の日露民衆交流が語るもの (ユーラシア・ブックレット) 堀江満智
考え、売ります。 ダグラス・ラミス
聖なる輪の教え (セブン・アローズ)ヘェメヨースツ・ストーム
エキゾチック京都  左方郁子
学士会月報 662号 昭和31年
わたしにとってキリスト教とは何か 名古屋YWCAキリスト教講座 1977年
ほか


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
ジャパンマシニスト社の新本の取り扱いをはじめます!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25334705/
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

by KARAIMOBOOKS | 2016-02-25 15:57 | 新入荷
ジャパンマシニスト社の新本の取り扱いをはじめます!!

c0184882_21231444.jpg

とあるところなどや、カライモブックスでは、日本をましにする人たちと言われているジャパンマシニスト社より本がたくさん届きました。本日より新本として売ります。いま、ひとり出版社というのがはやっていて、ひとりなのはよいことでもわるいことでもないのになあと、いやな気持ちになっている。だけど、ひとりでもひとりじゃなくても心を込めて本をつくっている出版社がある。大切なのは心だ、人数なんてのは関係ない。いやな気持はジャパンマシニスト社を思うとき、なくなってないと思うけど身体のなかにいなくなる。ありがとう、ありがとう。ジャパンマシニスト社の本はほんっとに心がこもっている。うつくしい。みっちんがただ、いるだけでうれしいように、カライモブックスにジャパンマシニスト社の本がただ、いるだけで、ぼくは無性にうれしい。しあわせだ。みなさま、買いに来てくださいね。お待ちしております。

『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』 96~99、101・102・104~110号 編集代表=山田真・毛利子来・桜井智恵子
 特集=30代・40代ママのこころ・からだケア
    親がお疲れ? 忙しい? インドア派?こどもと外遊び!! ムリなく楽しむコツ
    送り迎え、教育、サイフ…… 祖父母を上手に頼るには
    防虫、除菌、消臭+香りで……こどもの空気環境汚染中!?
    ママが?乳幼児も!? スマホ・ネット依存!?
    親しい人・ペット・ニュースで……幼い子に「死」を語るとき
    肥満、自閉症、アレルギーに関係? 腸内バランスが乱れて起こること
    朝、かかりつけ医に?熱・腹痛・ケガ……誤飲! 救急BOOK!!
    わが子にあう? ホントに正しい? 子育て情報で迷ったら読む本。
    園で、学校で、給食で……食物アレルギーからいのちだけは守る
    歯科通いより、フッ素より、まず!歯にいいレシピ!!
    おどかさない子育て! しかり方、語りかけ方
    ママ、パパ、祖父母のための…… 幼い子の話の聞き方、理解の仕方

『おそい・はやい・ひくい・たかい』 77~89号 編集人=岡崎勝
    礼儀? 思いやり? 公共性? 子どもに「しつけ」は必要ですか?
    どこまでガマン? どう対処!? あわない担任にあたったとき
    成績・進路、生活習慣も?「段取りママ」は子育て上手!?
    騒がしい? 乱れている? 荒れてきた?「学級大崩壊」前の処方箋!!
    どうして親は焦るのか……「おくて」男子の育て方
    無関心・逃げ腰・空回り……男親のあれこれ 男子にどう影響?
    入浴・友だち関係・受験……まだ? これも? どこまで!? 親子でいっしょ?
    体の変化・性衝動・交際それから……10歳からの「性」のこと、話そうか?
    親子ともに一生懸命! だから…… 低学年の子のプレッシャーにならないはげまし方
    校舎で・クラスで…… 過敏症の原因が? 香り、化学物質で苦しむお友だち
    10歳からの反抗期 叱り方・諭し方
    どう診断? どう支援? あの子が発達障害!? みんなと一緒じゃ、ムリ?

どれもおすすめですが、特にというと山田真さんの『闘う小児科医 ワハハ先生の青春』です。すっごいおすすめです。買って読んでください。オンラインショップでも買えます。→http://karaimobooks.shop-pro.jp/

ひとつ引用します。『闘う小児科医 ワハハ先生の青春』ではなく、山田真さんが編集代表をされている育児雑誌『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』の1頁目に書かれている文章です。

「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」ってなんだ?  2009改訂 山田真

ぼくたちの価値観というものが、いつごろどんなふうにできあがったのか調べるのが好きです。世の中には数えきれないほど沢山沢山、差別があって、「こいつはどうにかならないか」と考えていて、そうするとどうもぼくらの持つ価値観が差別に大きく関係しているのを痛感するからです。たとえば「大きいことはいいことだ」(古いフレーズ!)という価値観が女性差別、人種差別、障害者差別などに関係アリと思います。大相撲だといまは日馬富士、昔は岩風(古い、古い)など“小兵力士”は人気があるし、柔道の醍醐味は小さい人がデカイ人を投げ飛ばすところにもあるのに、ぼくたちの多くは“大きくなりたい”願望を持っているようです。
一寸法師は小さいおかげでお姫さまを救ったのに、そのとたん大きくなって、これは「小さいこと」へ感謝しない裏切り行為ですね。
もっと「小さいこと」や「弱いこと」の利点を見つめたほうがいいと、ぼくたちはずっと雑誌を作ってきました。『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』にこめられているのは価値観を見直そうという呼びかけです。期待してください。

ジャパンマシニスト社のホームページ→http://www.japama.jp/

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター
 



by KARAIMOBOOKS | 2016-02-23 23:02 | 新入荷
『アルテリ 創刊号』(新本)入荷!


c0184882_08574437.jpg

『アルテリ 創刊号』(新本)入荷!


「唐芋通信」第4号に寄稿してくれた大津円さんの詩も掲載されています。
12名それぞれの言葉の動きに静まりに、暖かさ冷たさに、それぞれの風がふき、言葉の力を思います。
ぜひどうぞ。
オンラインショップでも販売しています。→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=99116127
―――

「熊本から雑誌を出そう。」
渡辺京二さんの一言で、熊本にゆかりのある作家や、文学を衰退させたくないという思いを持つ者たちが集まり、雑誌『アルテリ』をつくりました。
「アルテリ」とは、「職人の自主的な共同組織」を意味する言葉。
何にも縛られない、自由な書き手のささやかな発信の場でありたいとの気持ちを込めて。
これまで数々の雑誌を手掛けてきた渡辺京二さんにとって、
もしかすると最後の雑誌になるかもしれません。
その思いを末永く受け継ぎ、文学の衰退に少しでも抗っていきたい、そう願ってはじめました。
熊本には、石牟礼道子、伊藤比呂美、坂口恭平という
生命にみちたことばの発信者たちがいます。
彼らもこのささやかな文芸誌に手を差し伸べてくれました。
彼らが喚起する世界を受け継いでゆくことが出来る雑誌にしていきたいと思っています。
http://www.zakkacafe-orange.com/blog/ より)
伊藤比呂美/坂口恭平/大津円/渡辺京二/浪床敬子/髙山文彦/坂村岳志/三砂ちづる/磯あけみ/谷川魚太郎/田尻久子/石牟礼道子
2016年2月22日発行
アルテリ編集室
A5版 全136P オールカラー
900円+税


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

by KARAIMOBOOKS | 2016-02-21 09:00 | 新入荷
第33回カライモ学校『耕すこと生きること~TPP、未来の農業と食卓~』
第33回カライモ学校『耕すこと生きること~TPP、未来の農業と食卓~』

話し手 松平尚也さん(AMネット代表理事、アジア農民交流センター世話人、京北環境保全型農業研究会会長、京北地域認定農業者)
3月5日(土)13~15時
場所 カライモブックス 京都市上京区社横町301 http://www.karaimobooks.com/
参加費 ワンドリンクorワンブックオーダーと松平さんへのカンパお願いいたします
ご予約ください karaimobooks@gmail.com / 075-203-1845 (カライモブックス)

内容
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)で日本の農業、食卓、農山村は存亡の危機を迎えています。なのに安倍政権の進める地方創生という地域振興策は周辺切り捨て。。このような状況下で農山村に生きるということはどういうことなのか、未来の食卓と農業をどう考えていけばいいのか、参加者と共に考えます!

 今回、カライモ学校で話していただくのは京北で農業をしている松平さんです。松平さんとの出会いはカライモブックスをはじめて1年がたったころの春でした。松平尚也、という知らない人からダンボールが1箱届いた。なかを開けるとよい本ばかり、しかし、よい本ばかりで手紙がない。すこし怪しみながら、送り状に書いてあった松平という人の電話番号に電話をしてみた。「いやあ、すんません。開店祝いです。もらってください。いやあ、すんません。開店祝いが遅くなりました。」と、いう声を聞いてからの付き合いの松平さんに話していただきます。出会った松平さんは米や野菜を持ってきてくれて、本と交換して京北へと帰っていきます。ああ、身体が雲みたいになる、湧き立つ雲とはこんな感じかなあ。こんな体験をさせてくれる松平さんに深く感謝している。ありがとう。さあ、みなさま、ぜひ、ご参加を!!

松平さんのホームページ「耕し歌ふぁーむ」→http://tagayasiuta.com/

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
いきなり団子柄のブックカバー入荷!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25303522/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター



by KARAIMOBOOKS | 2016-02-15 22:00 | イベント
ウーロン茶と昆布、入荷!
岸野真弓さんのブックカバー入荷!  http://karaimo.exblog.jp/25303522/
‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
水俣の天の製茶園(https://www.facebook.com/AmanoTeaFactory)から、ウーロン茶が届きました。
水俣の山間部、石飛で30年以上無農薬でお茶をつくられている天の製茶園。
カライモブックスでは紅茶、在来茶、ほうじ茶を販売していましたが(大人気の番茶は、今年の二番茶ができる7月頃まで売り切れです)、久しぶりにウーロン茶が入荷しました。
すっきりした甘み。飲みやすいウーロン茶です。

そして、不知火海の昆布。
柔らかいので、お煮しめや昆布巻き、佃煮などにぜひどうぞ。
c0184882_16562194.jpg
‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

by KARAIMOBOOKS | 2016-02-15 16:58 | 九州物産と雑貨
岸野真弓さんブックカバー入荷!
ブックカバーをつくってくださっている刺繍作家、岸野真弓さん(http://fugefuge.com/)からブックカバーが届きました。
ひとつひとつ手縫いの刺繍。とても手触りのいいブックカバーです。
文庫サイズは1,000円+税、新書サイズは1,200円+税。
今回入荷した、↓ものはすべて文庫サイズ、表地はリネンです。
なんてかわいい、いきなり団子柄!
c0184882_15352968.jpg
今回のカライモくんはちょっと笑っています。
c0184882_15354710.jpg
c0184882_15355965.jpg
そしてネコやだるまなどなど。ぜひぜひ手にとってごらんください。
c0184882_15360757.jpg
c0184882_15361486.jpg
‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

by KARAIMOBOOKS | 2016-02-15 16:41 | 九州物産と雑貨
新入荷。石牟礼、ボラーニョ、上野英信、花崎皋平、原田正純、松下竜一、萱野茂、火の鳥ほか
第32回カライモ学校『あもーるあもれいら 第一部・イニシエーション上映会 岡村淳さんを囲んで』  
・日時 2月13日〈土〉13時開場、14時開始。上映後、岡村淳さんによる解説と質疑応答あり。
・参加費 ワンドリンクorワンブックオーダーと岡村さんへのカンパお願いいたします
・ご予約ください karaimobooks@gmail.com / 075-203-1845 (カライモブックス)
くわしくは→ http://karaimo.exblog.jp/25189086/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『民族衣装を着なかったアイヌ 北の女たちから伝えられたこと』 瀧口夕美 編集グループSURE より引用

 私自身のことで言えば、観光地で育ったことは、自分が思っていたよりも、自分が抱えている問題を複雑にしていたのだということが、書いてみてわかった。「日本人?」と何気なく聞かれるだけで砕け散ってしまう私は、まだまだ軟弱だ。矛盾のない、整った歴史観に自分を収めようとするからちりぢりになるのだ。しかし、本来、自分の歴史というものは、施政者から与えられるものではない。自分や家族、周りの人が生きたことの全体も、私の歴史なのだと思えるようになって、観光アイヌというのも一つの歴史であり、アイヌが選んだ一つの新しい生活手段だと思うようになった。


c0184882_21300473.jpg
2016年2月。「ああ、かみがたりんかったあ」と、言っているのでみたら、上を向いて歩こうだった。

通話  ロベルト・ボラーニョ
椿の海の記 (河出文庫) 石牟礼道子
Story of the Sea of Camellias (椿の海の記の英訳本) ishimure michiko  Livia Monnet(訳) Yamaguchi Publishing House 
石牟礼道子全句集 泣きなが原  黒田杏子解説 藤原書店 2015
婦人之友 2016年2月号 対談「いのち交わる道へ」石牟礼道子・藤原辰史 掲載
葛のしとね 石牟礼道子
日本の名随筆  「祈」  石牟礼道子編 作品社
上野英信集1 話の坑口 径書房
詩集 風の通る道 花崎皋平 北溟社 2013
ルイズ 父に貰いし名は (講談社文庫)松下竜一
水俣病にまなぶ旅―水俣病の前に水俣病はなかった 原田正純
アイヌ歳時記―二風谷のくらしと心 (平凡社新書)萱野茂
「在日」を考える (平凡社ライブラリー)尹健次
人間の将来とバイオエシックス   ユルゲン・ハーバーマス 叢書・ウニベルシタス
アントニオ・ネグリ講演集〈上〉“帝国”とその彼方 (ちくま学芸文庫)
呪の思想 (平凡社ライブラリー) 白川静、 梅原猛
子どもたちに語るヨーロッパ史 (ちくま学芸文庫)ジャック・ル・ゴフ
永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)カント
カント入門 (ちくま新書)石川文康
国家と革命 (国民文庫) ヴェ・イ・レーニン
デカルト―「われ思う」のは誰か (シリーズ・哲学のエッセンス) 斎藤慶典
ハイデガー―存在の謎について考える (シリーズ・哲学のエッセンス)北川東子
「日本国憲法」まっとうに議論するために 樋口陽一
異端の民俗学 礫川全次
中世の風景 全二巻 中公新書 阿部謹也・網野善彦ほか
紅一点論 アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫)斎藤美奈子
天下無双の建築学入門 (ちくま新書) 藤森照信
物理学と神 (集英社新書)池内了
火の鳥 全13巻 手塚治虫 角川文庫
ほか

‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター



by KARAIMOBOOKS | 2016-02-03 21:38 | 新入荷
新入荷。PEPPERMILL zine first issue 
 第32回カライモ学校『あもーるあもれいら 第一部・イニシエーション上映会 岡村淳さんを囲んで』  
・日時 2月13日〈土〉13時開場、14時開始。上映後、岡村淳さんによる解説と質疑応答あり。
・参加費 ワンドリンクorワンブックオーダーと岡村さんへのカンパお願いいたします
・ご予約ください karaimobooks@gmail.com / 075-203-1845 (カライモブックス)
くわしくは→ http://karaimo.exblog.jp/25189086/

SHE SAYS distro から届いたプレゼント『PEPPERMILL zine first issue』とってもおもしろくて売りたい、とメールして売れることになりました。うれしい。特に、原田淳子さんのインタヴューがとってもよいです。書けば、誰かに伝わる。こんなシンプルなことが、なかなか思い出せないでいるんだよな。書こう。みなさんも、それぞれに。

 
 宮下公園の野宿者運動で感じたことなんですけど、自分は苦しいんだって言うと人は目を背けちゃうんですよね。苦しいことをアピールしたくても、人は苦しいことには目を背けてしまうのが現実だと思った。(原田淳子さんのインタヴューより引用)

MASAKO OYAIZU - SHE SAYS distro
2016年1月16日発行 52ページ
400円


ジンのファンジンです。
成田圭祐さん、原田淳子さん、DIRTYさんへのロング・インタビュー、8人のジンスタ(ジンをつくる人)によるジン・レビュー、森脇ひとみさんのジンの作り方などを掲載しています。その中でわたしにとってのジンとわたしのことを書きました。

contents
■ prologue
■ interview 成田圭祐 (遊動社 / IRREGULAR RHYTHM ASYLUM)
■ how to make a Zine 森脇ひとみ (水のゆめ / その他の短編ズ)
■ Zine review 
 室井桂太 (失町 / ReddTemple)
 三宅彩 (SOME TRACE OF HER) 
 UG KAWANAMI (CASPOMPEI+UG KAWANAMI / BLACK SHEEP)
 ELLE (Farewell , Bradbury / Quiet Hills Zine Collective)
 北野留美 (オバケダイガク)
 melt. / YAMAMOTO MAMIKO (HOLY★MOUNTAIN,BOOK !)
 みついまさこ (Midheaven Magazine)      
 みやもとさなえ (悪阻音頭)
■ HITOMI and MASAKO on Saturday afternoon 
■ interview 原田淳子 (よりみち / 路地と人)
■ interview DIRTY (C.I.P.Books/CRY IN PUBLIC/TEAM KATHY/Q.H.Z.C.)
■ after the NIGHTWOOD
■ epilogue
Cover illustration 森脇ひとみ


カライモブックスのオンラインショップでも買えます→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=98293365

SHE SAYS distroのホームページ→http://she-says-distro.blogspot.jp/


‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信7号できました!くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/25194846/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


by KARAIMOBOOKS | 2016-02-01 14:47 | 新入荷