人気ブログランキング |
<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
猫会議 師走の京都で伊藤比呂美に会ふこと ―『読み解き「般若心経」』を読み解くーにて出張販売
・9月より定休日が「水・土」に変わりました。
・「唐芋通信」第四号、発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/22866968/

‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐

『11の声』 カレン・ヘス 伊藤比呂美〈訳〉 理論社 より引用 

だれかが、おとうちゃんを
セアラあばちゃんちのドアをかんつうして、うったです。
そしておとうちゃんは
血をいっぱい、だーってながして
セアラおばちゃんはわたしをおとうちゃんと二人だけにしたから
それでわたしは
おとうちゃんの かわいそうな頭のそばのゆかに すわって
とってもしずかなおはなしを、おとうちゃんにしてあげて
おとうちゃんは、大きな白いおみみで
わたしがおはなししてあげたことを ぜんぶきいたけど
わるい息をしていて
血がいっぱい、ずっと、おとうちゃんから、だらだら出てて
そしたら、てっぽうのたまが、お水のバケツの中に
こっつん
とおちたです。

c0184882_20451938.jpg


今月のはじめにブログに書いた→http://karaimo.exblog.jp/22985036/ 『猫会議 師走の京都で伊藤比呂美に会ふこと ―『読み解き「般若心経」』を読み解くー』と、いう伊藤比呂美さんも出演される朗読公演にカライモブックスが出張販売をすることになりました。公演終了後、ロビ―にて伊藤比呂美さんと石牟礼道子さんの古本〈石牟礼さんのあやとりの記、は新本〉を販売します。12月6日(土)です。とっても楽しみだ。なにせ、伊藤比呂美さんの大ファンなのだ。 


猫会議朗読公演

猫会議 師走の京都で伊藤比呂美に会ふこと
―『読み解き「般若心経」』を読み解くー

日 時 : 平成26年12月6日(土) 午後6時開演(開場は開演の30分前です。)
会 場 : 京都府立文化芸術会館<ホール> (Tel 075-222-1046/アクセス)
料 金 : 一般 前売¥3,000/当日\3,500  小中学生¥1.800均一
出 演 : 飛鳥井かゞり、阿部達雄、市川真美恵、上杉逸平、小池貴史(劇団京芸)、
       小島英裕、佐々井泰子、千種みねこ、中田達幸、分寺裕美/伊藤比呂美

表題の通り、作家の伊藤比呂美さんを迎えて、猫会議のメンバーが、比呂美さんの著書『読み解き「般若心経」』を読み解きます。
伊藤比呂美さんご自身も出演されます!
目で観る、耳をくすぐる朗読公演です。

‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
石牟礼道子『あやとりの記』(新本)入荷。とってもおすすめです。
http://karaimo.exblog.jp/22621081/

水俣の無添加合わせみそ入荷!
http://karaimo.exblog.jp/22736776/

カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

カライモブックスのフェイスブックページができました!
by KARAIMOBOOKS | 2014-11-30 21:59 | イベント
新入荷。石牟礼道子、水俣、女たちの21世紀、まわしよみ新聞、タブッキ、アジェンデ、イリイチ、児童書など
・9月より定休日が「水・土」に変わりました。
・『沖縄闘争の時代1960/70 分断を乗り越える思想と実践』(人文書院2014年)、を書いた大野光明さんと一緒に話す会 11月29日(土)14時から18時ごろ(途中入退場自由)くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/22986497/
・「唐芋通信」第四号、発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/22866968/
‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐

『蜂起とともに愛がはじまる 思想/政治のための32章』 廣瀬純 河出書房新社 より引用

サパティスタたちは、世界に対して素顔を曝し肉声で訴えるといったやり方で何かが実現できるとは信じていない。彼らはドキュメンタリーを信じていない。フィクションの力を信じること、フィクションの力に立脚して運動を展開すること――ここにサパティスタ運動の斬新さがある。フィクションを語り生きつつあるときにこそ、人はリアルな何かを生産するのだ。彼らは次のように言う。
「私たちが覆面をすることに決めたのは、人々に私たちが見えていなかったからです。インディアンは目に見えないもの、存在しないものだった。逆説的なことですが、私たちは顔を覆い隠すことで初めて目に見えるものとなったのです。」

c0184882_20175669.jpg

2014年11月。みっちん4歳の誕生日。
誕生日の次の日の朝、「みっちんよんさいになりたくなかった、まほうかけてもさんさいにもどれへん」と、言い泣くのをがまんしながら泣き続ける。幼稚園さぼる。


『まわしよみ新聞のすゝめ』、陸奥賢(著・発行)、2014年11月初版、新本で売ります。1620円です。くわしくは→http://www.mawashiyomishinbun.info/
みなまた海のこえ 石牟礼道子 (文) 丸木俊・丸木位里(絵)  小峰書店
水俣病 原田正純 岩波新書
聞書水俣民衆史4 合成化学工場と職工 岡本達明・松崎次夫 草風館
髪を洗う日 森崎和江 大和書房
黒い天使 アントニオ・タブッキ 堤康徳(訳) 青土社
われ深きふちより (集英社文庫)島尾敏雄
魚雷艇学生(新潮文庫)島尾敏雄
その夏の今は・夢の中での日常 (講談社文芸文庫)島尾敏雄
夢の系列 島尾敏雄
シャドウ・ワーク―生活のあり方を問う イリイチ、 栗原彬・玉野井芳郎(訳) 岩波書店(同時代ライブラリー)
アジェンデと人民連合―チリの経験の再検討 ホアン・E.ガルセス、 後藤政子訳 
第二芸術 (講談社学術文庫)桑原武夫
第二芸術論 河出文庫 桑原武夫
TOWNSHIP AND BOROUGH /Frederic William Maitland /CAMBRIDGE UNIVERSITY 1964年 英文書
安吾史譚 (河出文庫)坂口安吾
女たちの21世紀 34冊 アジア女性資料センター 1995~2008年
ボクは坊さん。 白川密成 ミシマ社
四大浮世絵師 写楽・歌麿・北斎・広重 青幻社
たくさんのふしぎ1996年10月号 水爆の島マーシャルの子どもたち 島田興生 福音館書店
たくさんのふしぎ1997年10月号 チューの夢トゥーの夢 難民キャンプの子どもたち 安井清子・降矢奈々 福音館書店
こどものとも 2004年11月号 わたしがおひさまだったら 片山健 福音館書店
いやいやえん 中川李枝子 福音館書店
エルマーのぼうけん  ルース・スタイルス・ガネット 福音館書店
エルマーと16ぴきのりゅう  ルース・スタイルス・ガネット 福音館書店
エルマーとりゅう  ルース・スタイルス・ガネット 福音館書店


‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
石牟礼道子『あやとりの記』(新本)入荷。とってもおすすめです。
http://karaimo.exblog.jp/22621081/

水俣の無添加合わせみそ入荷!
http://karaimo.exblog.jp/22736776/

カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

カライモブックスのフェイスブックページができました!
by KARAIMOBOOKS | 2014-11-20 20:30 | 新入荷
新入荷。石牟礼道子、伊藤比呂美、ソル・ファナ、立岩真也、絵本、食など
・9月より定休日が「水・土」に変わりました。
・『沖縄闘争の時代1960/70 分断を乗り越える思想と実践』(人文書院2014年)、を書いた大野光明さんと一緒に話す会 11月29日(土)14時から18時ごろ(途中入退場自由)くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/22986497/
・「唐芋通信」第四号、発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/22866968/
‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐

『視力を回復した少女』 ヤニス・リッツオス 中井久夫訳

あっ、と彼女は言った。また見えるようになったんだわ。何年も自分のものでなかった眼。眼は私の中に沈み込んでいた。暗い、深い水の中に沈んだ二個の鋳型のような小石だった。黒い水。今は――。雲ってあれなのね。薔薇ってこれななのね。木の葉がこれ。緑ね。み―ど―り。これ、私の声ね。そうよね。私の声、聞こえて?声と眼――これね。自由ってものはこれね。あ、下の地下室にお盆を忘れてきたわ、大きな、ほら、銀の。それにカード・ボックスも、鳥籠も、糸巻きも。

c0184882_17301819.jpg

2014年11月、万博公園。
「でっかいぺんぎんとしゃしんとってえ」と、みっちんは言った。

椿の海の記 (河出文庫) 石牟礼道子
食べごしらえおままごと (中公文庫) 石牟礼道子
たどたどしく声に出して読む歎異抄 伊藤比呂美 ぷねうま舎 2012年
知への賛歌 修道女フアナの手紙 (光文社古典新訳文庫) ソル・フアナ 旦敬介訳
O・ヘンリー・ミステリー傑作選 (河出文庫) 小鷹信光訳
社会の詩 鈴木志郎康編 筑摩書房
海の牙 社会派傑作選2 水上勉 朝日新聞社 水俣病が題材の推理小説
カレンダーの余白 永井龍男 講談社
阿片―或る解毒治療の日記 (角川文庫) ジャン・コクトー、 堀口大学訳 
税を直す 立岩真也・村上慎司 青土社
観念的生活 (文春文庫)中島義道
中島岳志的アジア対談 中島岳志 毎日新聞社
自分をいかして生きる (ちくま文庫) 西村佳哲
文学部をめぐる病い―教養主義・ナチス・旧制高校 (ちくま文庫)高田里惠子
百年前の二十世紀―明治・大正の未来予測 (ちくまプリマーブックス)横田順弥
すてきなあなたに〈4〉大橋鎭子 暮しの手帖社
聖地★巡礼 自分探しの旅へ 国立民族学博物館編 図録 2007年
身体と表現1920-1980 ポンピドゥーセンター所蔵作品から 東京国立近代美術館 図録 1996年
おなかのすくさんぽ 片山健 こどものとも303号 1981年
ながれぼしをひろいに 筒井頼子(さく)、片山健(え) こどものとも381号 1987年
サラダでげんき 角野栄子(さく) 長新太(え) こどものとも302号 1981年
木はいいなあ ジャニス=メイ=ユードリイ (著), マーク=シーモント (イラスト), さいおんじ さちこ (訳) 偕成社
1、2、3と一、二、三 星川ひろ子 福音館書店
たくさんのふしぎ2005年8月号 プーヤ・ライモンディ100年にいちど咲く花 野村哲也(文・写真) 野村哲也 福音館書店
ゆかいなかえる ジュリエット・キープス、 いしいももこ訳 福音館書店
久司道夫のマクロビオティック 入門編  東洋経済新報社
酔っぱらい読本 壱・弐 吉行 淳之介編 講談社
江戸前食物誌 (ランティエ叢書)池波正太郎
保存食と常備菜―私の記録ノートより 島田昌子 葦書房

‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
石牟礼道子『あやとりの記』(新本)入荷。とってもおすすめです。
http://karaimo.exblog.jp/22621081/

水俣の無添加合わせみそ入荷!
http://karaimo.exblog.jp/22736776/

カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

カライモブックスのフェイスブックページができました!
by KARAIMOBOOKS | 2014-11-14 17:40 | 新入荷
『沖縄闘争の時代1960/70 分断を乗り越える思想と実践』を、書いた大野光明さんと一緒に話す会
・9月より定休日が「水・土」に変わりました。
・「唐芋通信」第四号、発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/22866968/
‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
c0184882_1334812.jpg


『沖縄闘争の時代1960/70 分断を乗り越える思想と実践』(人文書院2014年)、を書いた大野光明さんと一緒に話す会
11月29日(土)14時から18時ごろ(途中入退場自由)

あるテレビドラマをさっきみた。私は嫌な人間だ、人間が信じられない、と言う小学生の女の子が、ある事をきっかけにさいご(くわしく書くと長くなるので割愛)、こう言った。
「八木さんに 教えてあげたかったな」と、そして、八木重吉の詩をそらで声にしていく。 

わたし みずからのなかでもいい
わたしの外の せかいでもいい
どこにかほんとうに 美しいものは ないのか
それが 敵であっても かまわない
及びがたくても よい
ただ 在るということが 分りさえすれば
ああ ひさしくも これを追うに つかれたこころ

と、口にしおわり、「八木さんに 言ってあげたかったな あるかもよって」と、言い、笑い、画面の右の方へと消えていった。

11月29日(土)14時から18時ごろまで『沖縄闘争の時代1960/70 分断を乗り越える思想と実践』を人文書院より先月出された大野光明さんを囲んで出版記念会をします。
大野さんにまず少し話していただいて、そして応答の時間。そのあとはノンアルコールやアルコールを飲みながら、ゆったりとした会の予定です。本のこと沖縄のこと宇川の米軍基地のこと美しいもののこと、などをみなさんで話しましょう。言葉をかわしましょう。
さて、みなさまも「ああ ひさしくも これを追うに つかれたこころ」に、なっているんじゃないでしょうか。それとも「ああ ひさしくも これを追うに つかれたこころ」じたい、そう、つかれたこころ、を忘れていないでしょうか、ここが一番重要なところですね、権力にとって、もっとも都合のよい人間になっていないか、ということです。この出版記念会、つかれたこころ、を思い出し、「八木さんに、あるかもよっ」て、言えるような会になるんじゃないかなと思っています。この本と大野さんには、そういう願いがふくふくとこもっている。ああ、思い出した、ぼく、つかれていた、と。
この本を読んでいないかたも、お気軽にご参加くださいね。
参加費無料。予約不要。(だけど、ぜったいにいく、そして、カライモに予約しやすいなあという方でしたら、行くよとお声かけいただくと助かります。)

当日、『沖縄闘争の時代1960/70 分断を乗り越える思想と実践』を定価4104円のところ、著者割3200円で大野光明、自ら売ります。おそらく、サインも大歓迎。

○○●○●●○●○○●○●●○●○●●○●●○●●○●○○●○●●○●●○●●○●○●●○●●○●●○●○○●○○●○○●○●●○●○●●○●●○●●○●○○●○●●○●●○●●○●●○●●○●○○●○●●○●

『沖縄闘争の時代1960/70 分断を乗り越える思想と実践』
大野光明 著
人文書院
2014年10月発行
本体3,800円+税

序章
  1 沖縄問題
  2 本書の目的
  3 これまでの研究と本書の課題
    3‐1 沖縄戦後史研究
    3‐2 冷戦史研究
    3‐3 社会運動史研究と社会運動論
  4 本書の方法
  5 本書の構成

第一章 沖縄闘争の時代
  1 戦後という暴力――地政学的分断と冷戦体制
  2 一九五○年代――革新ナショナリズムの共鳴
    2‐1 沖縄の土地闘争
    2‐2 革新ナショナリズムの共鳴
  3 冷戦体制と沖縄問題との相克
    3‐1 六○年安保闘争と冷戦的分断
    3‐2 沖縄返還要求国民大行進がつないだ人々・経験・運動
    3‐3 冷戦体制と復帰運動のせめぎ合い
  4 沖縄闘争の時代
    4‐1 沖縄統治政策の転換
    4‐2 復帰運動からの量的・質的な変化
    4‐3 アリーナとしての沖縄闘争

第二章 ベトナム戦争下の沖縄闘争
        ――ベ平連の嘉手納基地ゲート前抗議行動と渡航制限撤廃闘争
  1 なぜ、どのように沖縄問題に取り組むのか、という問い
  2 ベトナム戦争の時代
    2‐1 ベトナム戦争・日本・沖縄
    2‐2 「わが内なるベトナム」認識の形成
    2‐3 ベトナム反戦運動から沖縄問題へ
  3 米軍嘉手納基地ゲート前抗議行動と渡航制限撤廃闘争
    3‐1 本土からの参加者の逮捕事件
    3‐2 救援活動と身柄の釈放
    3‐3 渡航制限撤廃闘争
  4 共鳴する怒りと立場性をめぐる議論の噴出
    4‐1 連帯への評価、共鳴する怒り
    4‐2 本土/沖縄の二分法の構造へ
    4‐3 立場性をめぐる議論の噴出
  5 沖縄問題という構造を越えて

第三章 大阪のなかの沖縄問題の発見
      ――大阪沖縄連帯の会を事例に
  1 足下の「沖縄」
  2 大阪と沖縄
    2‐1 流民たちの都市
    2‐2 泉州地域と繊維産業
  3 大阪沖縄連帯の会(デイゴの会)
    3‐1 「沖縄を忘れることの出来ないあなたに」
    3‐2 結成総会
    3‐3 活動の概要
  4 「大阪のなかの沖縄問題」の発見
    4‐1 転換点としての七夕フェスティバル
    4‐2 「大阪のなかの沖縄問題」への取り組み
    4‐3 拡張する沖縄闘争
  5 沖縄返還運動から地域社会の変革へ

第四章 復帰運動の破綻と文化的実践による沖縄闘争の持続
      ――竹中労、ルポルタージュ、島唄
  1 沖縄闘争のなかの文化へ
  2 下層社会と芸能ルポ・ライター
  3 ルポルタージュが照射するもの
    3‐1 竹中の足跡
    3‐2 復帰批判のルポルタージュ
  4 島唄論――復帰の「失敗」の創出
    4‐1 プロテストソングとしての島唄
    4‐2 復帰の「失敗」をつくる/生きる
  5 文化「と」政治

第五章 横断する軍事的暴力、越境する運動
      ――沖縄におけるベ平連運動と反戦兵士たち
  1 基地の「撤去」ではなく、軍隊の「解体」
  2 グローバルな反戦・反軍運動と沖縄
    2‐1 米兵の抵抗運動
    2‐2 グローバルな反戦・反軍運動の沖縄への介入
  3 沖縄のなかのベ平連運動
    3‐1 沖縄でベトナム戦争に反対するということ
    3‐2 行き場のない人々とスタイルとしてのベ平連
    3‐3 沖縄ヤングベ平連の「インターナショナリズム」
  4 軍事体制への怒りの共鳴
    4‐1 連携のはじまり――ベ平連のネットワーク
    4‐2 深まる共闘と理解――横断する暴力と怒りの共鳴
  5 越境とコンフリクト――境界線の再生産
  6 ヴァイブレーションと政治

第六章 沖縄闘争と国家の相克
      ――沖縄青年同盟というコンフリクト
  1 震源地
  2 沖縄青年委員会の誕生――復帰運動の内部矛盾からの再出発
  3 沖青委の分裂――対立点の生成
   3‐1 中核派との対立
   3‐2 沖縄闘争論の違いの顕在化
   3‐3 富村順一公判闘争をめぐる対立――政治のとらえかえし
  4 沖縄青年同盟――沖縄国会への異議申し立て
  5 「在日沖縄人」という亀裂――沖縄闘争と国家
    5‐1 批判の声
    5‐2 植民地解放闘争としての沖縄闘争へ

終章
  1 沖縄闘争の力学
  2 復帰のとらえかえし、あるいは政治の創造
  3 沖縄闘争の時代の先へ

あとがき
参考文献
関連年表
このページのトップへ
内容説明
未発の政治を模索し続ける者たちの、決して終らぬ営み

1972年5月15日、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還された。沖縄闘争とはその「本土復帰」前後の時期においてさまざまな形で、アメリカ軍による占領と日米両政府の政策を批判的に問うた社会的・文化的運動である。本書では具体的に、ベ平連、大阪沖縄連帯の会、竹中労、沖縄ヤングベ平連、反戦兵士、沖縄青年同盟などを取り上げ、沖縄/日本/アメリカという分断を乗り越えようとした豊穣な思想性を、膨大な資料から丹念に拾い上げる。歴史に埋もれた数々の運動を掘り起こし、ミクロな社会運動研究とマクロな国際関係史研究を接続。沖縄問題を、あの島の問題ではなく、私たちが生きるいまこの場所の問題へと転換する、新鋭による歴史社会学の熱き労作。

「沖縄闘争は、基地を残したままの沖縄返還を止められなかった/変えられなかったという意味では、敗北している。そして、筆者は、その敗北を既に知ってしまっている。けれども、現在を生きる者の高見や枠組みから、過去を従属させて論じることはできない。だからといって、過去の運動を無前提に称揚したり、擁護するべきだ、というのでもない。敗北に必死に向きあい、抗いながら、それでも言葉を紡ぐという行為を、そのプロセスに同伴するようにして、内在的に記述することが求められる。それが、どこまで達成できたかはわからないが、本書はこのような意味で内在的な記述を試みる。」(序章より)

大野光明
1979年千葉県生。立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。現在、大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任助教。歴史社会学、社会運動論。著作に『差異の繋争点――現代の差別を読み解く』(共著、ハーベスト社、2012年)、『燃ゆる海峡――NDUと布川徹郎の映画/運動に向けて』(共著、インパクト出版会、2013年)、「大飯原発ゲート占拠・封鎖という『希望』」(『インパクション』186号、2012年)、「復帰運動の破綻と文化的実践による「沖縄闘争」の持続」(『社会文化研究』15号、2012年)など。

‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
石牟礼道子『あやとりの記』(新本)入荷。とってもおすすめです。
http://karaimo.exblog.jp/22621081/

水俣の無添加合わせみそ入荷!
http://karaimo.exblog.jp/22736776/

カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

カライモブックスのフェイスブックページができました!

by KARAIMOBOOKS | 2014-11-07 13:44 | イベント
猫会議 師走の京都で伊藤比呂美に会ふこと ―『読み解き「般若心経」』を読み解くー
・9月より定休日が「水・土」に変わりました。
・「唐芋通信」第四号、発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/22866968/
‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐

c0184882_927913.jpg


伊藤比呂美さんから聞いて、と演劇人の森嶋さんが来られました。伊藤さんはほんとに素敵やなあ、ともりあがる。森嶋さんだって、素敵だった。出会ってない人の多いことを思うとつかれるので、思おうと思ったけど思わなさすぎることにする。その素敵な森嶋さんが脚本を書かれた、「猫会議、師走の京都で伊藤比呂美に会ふこと」──『読み解き「般若心経」』を読み解く── のチラシとともに。
この朗読公演、伊藤比呂美さんも出演されます。
みなさま、ぜひ!!
以下情報。


猫会議朗読公演

猫会議 師走の京都で伊藤比呂美に会ふこと
―『読み解き「般若心経」』を読み解くー

日 時 : 平成26年12月6日(土) 午後6時開演(開場は開演の30分前です。)
会 場 : 京都府立文化芸術会館<ホール> (Tel 075-222-1046/アクセス)
料 金 : 一般 前売¥3,000/当日\3,500  小中学生¥1.800均一
出 演 : 飛鳥井かゞり、阿部達雄、市川真美恵、上杉逸平、小池貴史(劇団京芸)、
       小島英裕、佐々井泰子、千種みねこ、中田達幸、分寺裕美/伊藤比呂美

表題の通り、作家の伊藤比呂美さんを迎えて、猫会議のメンバーが、比呂美さんの著書『読み解き「般若心経」』を読み解きます。
伊藤比呂美さんご自身も出演されます!
目で観る、耳をくすぐる朗読公演です。

‐‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
石牟礼道子『あやとりの記』(新本)入荷。とってもおすすめです。
http://karaimo.exblog.jp/22621081/

水俣の無添加合わせみそ入荷!
http://karaimo.exblog.jp/22736776/

カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

カライモブックスのフェイスブックページができました!
by KARAIMOBOOKS | 2014-11-07 09:41 | 日記