人気ブログランキング |
<   2011年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
雨林舎で『カッパンノイベントスルヨ!』
c0184882_2385921.jpg


こんばんは、雨林舎の2階で活版印刷のイベントをします。
日にちは10月15日(土)と16日(日)です。
一緒にイベントをするlightverseさんにカライモくんとチューリップさんと兄さんとおだくんの活版印刷機で印刷した栞を作ってもらっています。
カライモくんだけはもうできていて、もうむっちゃ超カワイイです。
チューリップさんと兄さんとおだくんも非常に楽しみです。
本を買っていただいた方にプレゼントしようと思っています。
では、また詳しくは後日。


 
 カッパンノイベント

京都を拠点にしてイラスト・古本・印刷・ものづくりの分野で発信を続けているメンバーが、「カッパン」をテーマに雨林舎に集合します!


■ナカムラユキ(イラストレーター) http://tricoplus.petit.cc/

今回の蔵書票のために3点のイラストを描きました。
一枚ずつ丁寧に活版印刷で刷られています。
「本棚の前で」「ペンとインクと本と」「珈琲と本」
お気に入りの一枚をぜひ大切な本に貼って、あなただけの一冊に。

・蔵書票には、活版印刷機「adana8×5」でイニシャルを入れられます。
30分ほどで出来上がりますので、当日お持ち帰りいただけます。
 15枚 3000円(蔵書票代込)
*予約制ではありませんので、お待ちいただく場合があります。
両日とも、予定枚数に達し次第終了します。ご了承ください。

■カライモブックス http://www.karaimobooks.com/

西陣にある古本屋です。
活版印刷機で印刷された本を中心にかわいい本や暮らしの本や食べものの本や100円本など。

■モーネ工房 http://www.maane-moon.com/index.html

二条城の北にある「手の跡を感じる温かみのあるものづくり」を提案する工房。寺子屋やギャラリーも。
芋版やプリントゴッコに活版をプラスしたカードや、モーネオリジナルの紙セットなど。

■からふね屋 http://www.karafuneya.com/

大正10年(1921年)創業の印刷会社。
創業当時より活版印刷による印刷物を製作していましたが、2年前に活版工場を閉鎖。現在は活版印刷以外のさまざまな印刷を取り扱っている。
活版印刷(亜鉛凸版)による絵はがき2種類、「四季の彩り」「京野菜」のほかに、1927年(昭和2年)に製作されたからふね屋の「営業のしおり」を復刻したポストカードなど。

■lightverse

自宅にある二台の小さな活版印刷機でカードなどを制作。
アルファベットの活字を組んで一枚一枚刷ったメッセージカードや"本"にちなんだカードなど。


会 期:2011年10月15日(土)~16日(日)
場 所:雨林舎 2階
時 間:(水~日) 11:30~20:00(最終日は19:00まで)
定休日:月・火曜日
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-29 23:11 | イベント
c0184882_9344010.jpg

by KARAIMOBOOKS | 2011-09-29 09:34 | カライモくんマンガ
新入荷。東京、文庫、澁澤龍彦、前田愛、色川武大、須賀敦子、など
第5回カライモ学校 《放射能汚染に立ち向かう―被災地を訪ねて見えてくること》
11月6日(日)15時から 予約受付中!! 
講師 守田敏也さん   くわしくは↓
http://karaimo.exblog.jp/16894009/

カライモブックス・オンラインショップもよろしくね(最近忙しくてまったく更新していませんが、きっとじきに)
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

詩人 金子光晴 旺文社文庫
マルテの手記 (岩波文庫) リルケ
海辺のカフカ 上・下 新潮文庫
パパ・ヘミングウェイ〈上・下〉 ハヤカワ文庫
文學界 1999年5月号 特集:須賀敦子の世界 色川武大「小さな部屋」
澁澤龍彦―ユートピアふたたび KAWADE夢ムック
幻想文学 50号 特集=澁澤龍彦
彷書月刊 73号 特集=澁澤龍彦の本・その世界
渋沢龍彦 (新文芸読本)
澁澤龍彦事典  コロナ・ブックス
パイディア 10号 特集=シンボル・錬金術
思潮 1号 テーマ:シュルレアリスムの彼岸
ユリイカ 特集=表現主義 1984年6月号
リテレール8 号 特集 「作家」になるまで メタローグ
エナジー対話  13号  明治メディア考 加藤秀俊・前田愛
鎖国世界の映像 前田愛 毎日新聞社
中世の愛と従属―絵巻の中の肉体 (イメージ・リーディング叢書) 保立道久
文化防衛論 三島由紀夫 新潮社
安岡章太郎随筆集 3巻 岩波書店
新戦後派―その勇気と行動を支えるもの1
続・新戦後派―その勇気と行動を支えるもの2
熊よけの鈴 橋本都耶子、編集工房ノア
ワンダー植草・甚一ランド 晶文社
みんな不良少年だった―ディープ・インタヴュー (河出文庫) 高平 哲郎
舶来文学 柴田商店―国産品もあります 柴田 元幸
抱擁 (集英社文庫) 日野 啓三
あと千回の晩飯 山田 風太郎
極楽とんぼ―他一篇 (岩波文庫) 里見 トン
草木の精 (双葉文庫) 岡本 好古
家族漂流―東京・横浜二都物語 (文春文庫) 小林 信彦
無芸大食大睡眠 (集英社文庫) 阿佐田 哲也
百鬼園先生言行録 (1980年) 内田 百間
考えるよろこび (講談社文庫) 江藤 淳
小説より奇なり (文春文庫) 伊丹 十三
わが坐禅修行記 (講談社文庫) 横尾 忠則
マンダラ紀行 (ちくま文庫) 森 敦
転がる香港に苔は生えない (文春文庫) 星野 博美
私版 東京図絵 (朝日文庫) 水上 勉
新編 東京繁昌記 (岩波文庫)
私の東京町歩き (ちくま文庫) 川本 三郎
下町 (朝日文庫) 朝日新聞社東京本社社会部
抱きしめる、東京―町とわたし (講談社文庫) 森 まゆみ
江戸から東京へ 1~4巻 中公文庫
明治東京畸人伝 (新潮文庫) 森 まゆみ
近代絵画 (新潮文庫) 小林 秀雄
昭和怪物伝 角川文庫 大宅壮一
散文―私は生きるのを好きだった (講談社+α文庫) 谷川 俊太郎
「近代日本文学」の誕生―百年前の文壇を読む (PHP新書) 坪内祐三
古本買い 十八番勝負 (集英社新書) 嵐山 光三郎
ある家族の会話 (白水Uブックス―海外小説の誘惑) ナタリア・ギンズブルグ、 須賀敦子訳
供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑) アントニオ・タブッキ 須賀敦子訳
遠い水平線 (白水Uブックス―海外小説の誘惑) アントニオ・タブッキ  須賀敦子訳
パリ・ロンドン放浪記 (岩波文庫) ジョージ・オーウェル
折口信夫の晩年 (中公文庫) 岡野弘彦
神曲物語 (現代教養文庫) ダンテ
超人高山宏のつくりかた (NTT出版ライブラリーレゾナント)
世界の大思想〈第24巻〉キルケゴール
旧約聖書 サムエル記 (岩波文庫)
越境のレッスン―東アジアの現在・五つの対話 (丸善ライブラリー) 四方田 犬彦
「かわいい」論 (ちくま新書) 四方田 犬彦
バルセロナ、秘数3 (中公文庫) 中沢 新一
知天使(ケルビム)のぶどう酒 (河出文庫―文芸コレクション) 中沢 新一
マイルスを聴け!! 中山 康樹
犬も歩けば赤岡町―日本で二番目に小さな町 風土社
京の和菓子―四季の茶の湯菓子 (カラーブックス)
谷口吉郎著作集 (第5巻) 作品篇2 淡交社
建築探偵雨天決行 藤森照信 朝日新聞社 
カシニョール 魅せられた夢 講談社
ゆきちゃんせいちゃん往復書簡 田島征三・田島征彦 高知新聞社
c0184882_2111502.jpg

2011年9月、京都市、M家。
みっちんは動くようになった、つかまり立ちもするようになった。
動きたくて立ちたくて、なのか。
なんでだろうかと考えてる。
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-27 21:20 | 新入荷
第5回カライモ学校 《放射能汚染に立ち向かう―被災地を訪ねて見えてくること》
第5回カライモ学校は、《放射能汚染に立ち向かう―被災地を訪ねて見えてくること》。
前回にひきつづいて、放射能汚染について学びを深めましょう!
今回は守田敏也さんにお話いただきます。

平賀さんのときにもおなじようなことを言ったと思いますが、守田さんのお話をきいたとき、目の前を大風が渡っていったような目の覚める思いがしたのです。
被災地のいま―守田さんが出会われた風景や人のお話は、食事のこと、瓦礫のことなど目の前のことにとらわれていた私の視野を大きく広げてくれることでした。ああ、これはカライモ学校でお話してもらわなければ!となかば切羽詰まった気持ちでお願いしたというわけで、みなさん、これはぜひぜひおすすめです! こぞって聞きにいらしてください。

講演会の後半には、質問コーナーも設けていただきます。
被災地のこと、内部被曝対策など、大きな問題から身近な問題まで、いろいろ聞いてみましょう!(私も聞きたいことがたくさんある!)
講演会終了後は、いつものようにオクバーもあります。こちらは参加自由。
守田さんもご参加いただきますので、講演会が間に合わない、という方はオクバーだけでもぜひ!

c0184882_23205872.jpg

第5回 カライモ学校
放射能汚染に立ち向かう
被災地を訪ねて見えてくること

今や日本中に広がってしまった放射能汚染。
放射能から身を守るために勉強すればするほど、知らない方がよかった…なんて、
きゅうきゅうとした気持ちになってくること、ないでしょうか。
今回は、前半で守田さんが訪ねていかれた被災地の今を、映像とともにお話いただき、
後半で放射能汚染問題や、被曝の恐ろしさ、いかに対処するのかなどを話していただきます。
つい目の前の問題にとらわれてしまいがちですが、
被災地の現状を知ることで、私たちの視野は実は大きく広がります。
被災地の今を見つめる中から、放射能に立ち向かう力をつけましょう!

講師 守田敏也さん
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。
ブログ「明日に向けて」(http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011)にて、原発事故や放射能汚染に関する情報発信を続けている。

日時 11月6日(日)
15:00~17:00 講演会
終了後~20:00 交流会(オクバー、参加自由)
オクバーのみの参加も歓迎!
場所 カライモブックス        
定員 20名
料金 カンパ制             
赤ちゃん・子ども連れ歓迎!
ご予約受付中 
075-203-1845/karaimobooks@gmail.com
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-25 01:30 | イベント
新入荷。雑誌。CUKR、芸術新潮、太陽、東京人、大阪人、自然と文化、みんぱくなど
カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

CUKR[ツックル] 創刊号 特集:プラハ、一歩先へ
CUKR[ツックル] 5号 特集:チェコのお気に入りスポット
白洲正子の世界―二十一世紀への橋掛かり (別冊太陽)
青山二郎の眼 (別冊太陽)
太陽 特集=奈良を歩く
太陽 特集=江戸川乱歩
太陽 特集=植草甚一
Pen 146号 植草甚一のように歩いてみたい
SWITCH 特集:池澤夏樹-南に向かったあの人の旅
考える人 創刊3号 エッセイスト伊丹十三がのこしたもの、テオ・アンゲロプロスとの対話 池澤夏樹 
私のこだわり人物伝 澁澤龍彦・白洲正子
季刊銀花 第九十九号秋 木の國、木の仕事
芸術新潮 1999年7月号 北の民族アイヌに学ぼう
芸術新潮 2008年 10月号 特集=没後10年 須賀敦子が愛したもの
芸術新潮 1999年12月号 「白洲正子」全1冊
芸術新潮 2001年8月号 全一冊イタリアの歓び
STUDIO VOICE 1995年12月号 ケルト-螺旋のコスモロジー
東京人 218号 特集=落語が、来てる
東京人 172号 特集=落語いいねぇ!
東京人 141号 特集=本はなんでも知っている
東京人 166号 特集=古本道
大阪人 55号 特集=古書店&個書店
大阪人  特集=古本愛
大阪人  特集=続古本愛
暮らしの手帖別冊 私の旅の手帖95年版
ラパン 01春号 個性派書店探検術
沖縄通信うるま 1999年2月号 特集=沖縄映画
小説トリッパー 2001春季号 特集=一番はじめの中上健次
自然と文化 77号 特集=盛り場の賑わい〈大観音とスーパー一座〉 
自然と文化 59号 特集=見世物
自然と文化 78号 特集=アジアの神と紙
月刊みんぱく 1994年8月号
月刊みんぱく 1986年10月号
月刊みんぱく 1987年2月号
月刊みんぱく 1992年8月号
月刊みんぱく 1992年11月号
c0184882_19354059.jpg

2011年8月、亀岡。
みっちんはじめての水遊び。
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-23 19:37 | 新入荷
新入荷。SUMUS、ARE、ちくま、豊子愷 など
明日は、カライモ赤子の会。まだ席ありまーす!
http://karaimo.exblog.jp/16845761/

カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

SUMUS 3・7・9・10・12号 
別冊SUMUS まるごと一冊中公文庫
スムース文庫 復刻ふるほんやたいへいき
スムース文庫 借家と古本
スムース文庫 私の見てきた古本界70年
ARE 5号 
ちくま(小冊子) 1996年~2009年 50冊ぐらい ほとんど100円
彷書月刊 2001年5月号 特集:地べたのジャーナリスト
AMERICAN BOOK JAM 1・2・3・4・10号 
書店繁盛記 田口 久美子
昭和出版残侠伝 嵐山 光三郎
打ちのめされるようなすごい本 米原 万里
文学に興味を持つ若い友人へ 渡辺 一夫
縁縁堂随筆 豊子愷 吉川幸次郎訳 創元社 昭15 
日本歌謠集成 巻六 近世篇 高野辰之編 東京堂 昭17
人喰い鬼のお愉しみ (白水Uブックス―海外小説の誘惑) ダニエル ペナック
ダブル/ダブル (白水Uブックス) マイケル リチャードソン
縛り首の丘 (白水Uブックス―海外小説の誘惑) エッサ デ・ケイロース
思考の紋章学 (河出文庫) 澁澤 龍彦
ドラコニア綺譚集 (河出文庫) 渋澤 龍彦
快楽主義の哲学 (文春文庫) 澁澤 龍彦
c0184882_1704686.jpg

2011年6月、熊本市、ゼロセンター。
ゼロセンターで遊んだあの子どもたち。
みっちんを「モモちゃんとアカネちゃん」のモモちゃんに似ていると、ずっとモモちゃんと呼んでた。
「赤ちゃんにもどりたい、赤ちゃんにもどりたい」ともずっと言ってた。
NHKの受信料を払わなあかんゲームもずっとやってた。
そして、あの子どもたちひとりひとりのお母さんたち。
元気だろうか。
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-21 17:09 | 新入荷
新入荷。マンガ、獅子文六、ギンズバーグ、ジャン・ジュネ、バタイユ、ダリ、太陽など
22日は、赤子の会。まだ席ありまーす!
http://karaimo.exblog.jp/16845761/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

陰陽師 全13巻 岡野玲子
ファンシイダンス 全5巻 岡野玲子
長い道 (Action comics) こうの 史代
よりぬきサザエさん 3巻と9巻 
ポーの一族 全3巻 萩尾望都
愛がなくても喰ってゆけます よしながふみ
ツインクル 冬野さほ
パスカル冥想録―パンセ (1967年) 由木 康 白水社
酒の本棚・酒の寓話―バッカスとミューズからの贈りもの サントリー博物館文庫
世界怪奇実話 (文庫コレクション―大衆文学館) 牧 逸馬
漱石先生雑記帳 河出文庫 内田 百間
好食つれづれ草 (角川選書) 獅子文六 
獅子文六全集 4巻
獅子文六全集 15巻
現代の文学〈10〉藤枝静男,秋元松代
ウィリアム・バロウズと夕食を 思潮社
破滅を終らせるために ギンズバーグのことば 思潮社
ジャン・ジュネ全集〈第1巻〉 新潮社
ジャン・ジュネ全集〈第3巻〉 新潮社
不可能なもの (ジョルジュ・バタイユ著作集) 二見書房
流れのままに (1975年) フィリップ・スーポー 白水社
粋で野暮天 出久根達郎
少年Mのイムジン河 松山 猛
ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記
彷書月刊 261号 特集:坪内祐三のアメリカ文学玉手箱
美の王国の入口で―私のなかの世界美術 池田 満寿夫
私の調書 (1968年) 池田 満寿夫 美術出版社
ダリの告白できない告白 (1976年) サルバドル・ダリ
百獣の楽園 美術にすむ動物たち 京都国立博物館 2011年 
翻訳の思想―「自然」とnature (1977年) (平凡社選書) 柳父章
国文学 解釈と教材の研究 1999年7月号 特集=仏教・遍満するもの
写経 般若心経―276文字を写して得る 豊かな心と人生の知恵 (ゴマブックス)
森の人 四手井綱英の九十年 晶文社
森に学ぶ―エコロジーから自然保護へ 四手井 綱英
私の調書 (1968年) 池田 満寿夫 美術出版社
翻訳の思想―「自然」とnature (1977年) (平凡社選書) 柳父章
国文学 解釈と教材の研究 1999年7月号 特集=仏教・遍満するもの
高齢者の孤独と豊かさ (NHKブックス) 竹中 星郎
原典訳 チベットの死者の書 (ちくま学芸文庫)
国文学 解釈と教材の研究 日本語の謎 18年4月号
太陽 イギリスは贅沢だ
太陽 イギリス田園物語
太陽 作家のスタイル 
太陽 古民家再生術
太陽 古民家と暮らす
太陽 日本の美100
太陽 さよなら東京
太陽 染と織のある暮らし
太陽 夏目漱石
太陽 赤瀬川源平の謎
太陽 開高健
太陽 京の裏道
太陽 京の名宝
太陽 北欧デザイン紀行
別冊太陽 白川静の世界
c0184882_21564659.jpg

2011年8月、京都市バス。
もう、どこに向っているのかどこから帰っているのか忘れた。
みっちんは右目は二重、左目は一重。
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-20 22:02 | 新入荷
本棚が4つふえた。
c0184882_1781911.jpg

扉前の100円コーナーに本棚が入りました(西側、写真参照)
とても見やすくなったので、そのぶん買っていただくと大変嬉しいです。
カライモブックスに入ってすぐ東側の200円コーナーにも新しい本棚が入りました、こちらも見やすくなったので、そのぶん買っていただくと大変嬉しいです(写真はなし)
店内にも新しい本棚2つ入りました(写真はなし)
おー本がふえたなーと思ってそのぶん買っていただくと大変嬉しいです。
カンパの気持ちでよろしくお願いいたします。

さっきYさんが自転車の前のカゴと後のカゴにいっぱい赤シソを積んで、『最後の赤シソ入りませんか?』ときた。
ぐぐぐと赤シソを掴んで掴んだぶんだけいただいた。


カライモブックス・オンラインショップもよろしくね。
http://karaimobooks.shop-pro.jp/
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-18 17:18 | 日記
新入荷。本の本、食、文学、小林信彦、伊藤比呂美、多田智満子、など
カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

貧困旅行記 (新潮文庫) つげ 義春
新版 つげ義春とぼく (新潮文庫) つげ 義春
ユリイカ2009年1月号 特集=米原万里
モロッコ革の本 栃折久美子 集英社文庫 
人間を守る読書 四方田犬彦 文春新書
アイルランド断章 米須興文 おきなわ文庫
ケルト人―蘇えるヨーロッパ「幻の民」 (「知の再発見」双書)
アイルランド問題とは何か―イギリスとの闘争、そして和平へ (丸善ライブラリー)  鈴木 良平
遊 特集=動物する 1982年7月号 松岡正剛 工作舎
活字狂想曲―怪奇作家の長すぎた会社の日々 倉阪鬼一郎
彷書月刊 特集=岡崎武志古本劇場 2006年5月号
本が語る現代 (丸善ライブラリー) 川成 洋
本の神話学 (中公文庫) 山口 昌男
詩人であること (同時代ライブラリー) 長田 弘
THE SLICES OF THE U.S.A.―9人の作家が描いたそれぞれのアメリカ 伊藤比呂美など
花の神話学  多田智満子 白水社
ハドリアヌス帝の回想 マルグリット・ユルスナール, 多田智満子(翻訳)
少年少女 (岩波文庫) アナトール・フランス、 三好 達治訳
ピスタチオ 梨木香歩 筑摩書房
開高健全対話集成 2 青春・旅篇
老イテマスマス耄碌 吉行淳之介, 山口瞳
着流し対談 (角川文庫) 吉行 淳之介
対談浮世草子 (1980年) (集英社文庫) 吉行 淳之介
人間・吉行淳之介 (文春文庫)
肌ざわり  尾辻克彦 中央公論社
神曲崩壊 (朝日文庫) 山田 風太郎
一族再会 (講談社文芸文庫) 江藤 淳
オールド・ファッション 普通の会話―東京スーテションホテルにて (中公文庫) 江藤 淳、 蓮實 重彦
江藤淳コレクション〈2〉エセー (ちくま学芸文庫)
閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫) 江藤 淳
海は甦える〈第1部〉 (文春文庫) 江藤 淳
続こもんせんす (1975年) 江藤 淳
夜の紅茶 江藤 淳
筑摩現代文学大系〈77〉安部公房・小島信夫集
素晴らしい日本野球 (新潮文庫) 小林 信彦
神野推理氏の華麗な冒険 (新潮文庫) 小林 信彦
面白い小説を見つけるために (知恵の森文庫) 小林 信彦
人生は五十一から (文春文庫) 小林 信彦
最良の日、最悪の日〈2〉人生は五十一から (文春文庫) 小林 信彦
読書中毒―ブックレシピ61 (文春文庫) 小林 信彦
回想の江戸川乱歩 (文春文庫) 小林 信彦
地獄の読書録 (集英社文庫) 小林 信彦
ドジリーヌ姫の優雅な冒険 (文春文庫) 小林 信彦
怪人オヨヨ大統領 (角川文庫) 小林 信彦
中年探偵団 (1981年) (文春文庫) 小林 信彦
パパは神様じゃない (角川文庫) 小林 信彦
夢の砦〈上・下〉 (新潮文庫) 小林 信彦
侵入者 (文春文庫) 小林 信彦
ちはやふる奥の細道 (新潮文庫) 小林 信彦
ぼくたちの好きな戦争 (新潮文庫) 小林 信彦
極東セレナーデ〈上・下巻〉 (新潮文庫) 小林 信彦
時代観察者の冒険―1977‐1987全エッセイ (新潮文庫) 小林 信彦
かごしまの味 (1969年) 南日本新聞社
対談美酒について―人はなぜ酒を語るか 吉行淳之介vs.開高健 サントリー博物館文庫 吉行 淳之介、 開高 健
c0184882_21491223.jpg

2009年7月、天草の御所浦島。
泥人形の絵付けをしている。
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-17 21:50 | 新入荷
新入荷。詩、文学、食、落語、映画、ギンズバーグ、谷川雁、池澤夏樹など
カライモブックス・オンラインショップもよろしくね
http://karaimobooks.shop-pro.jp/

田村隆一詩集  現代詩文庫
ユリイカ 特集=田村隆一
現代の詩人〈3〉田村隆一  中央公論社
辻征夫詩集  現代詩文庫
石垣りん詩集  現代詩文庫
谷川雁詩集  現代詩文庫
宇宙の息 アレン・ギンズバーグ 晶文社
ギンズバーグ詩集 思潮社
即興詩人 上・下 (岩波文庫) アンデルセン
立原道造詩集 (岩波文庫)
谷川俊太郎ヴァラエティ・ブック (Magazine House mook―BRUTUS図書館)
西田幾多郎随筆集 (岩波文庫)
日本文壇史1 開化期の人々 (講談社文芸文庫) 伊藤 整
小説の味わい方 (新潮文庫) 臼井 吉見
本郷 (講談社文芸文庫) 木下 順二
浄土 (講談社文芸文庫) 森敦
私の旧約聖書 (中公文庫) 色川 武大
楽しい終末 (文春文庫) 池澤 夏樹
エデンを遠く離れて (朝日文芸文庫) 池澤 夏樹
南の島のティオ (文春文庫) 池澤 夏樹
マリコ マリキータ (文春文庫) 池澤 夏樹
骨は珊瑚、眼は真珠 (文春文庫) 池澤 夏樹
花を運ぶ妹 池澤 夏樹
1Q84 1-3巻 村上春樹
暗黒のメルヘン 澁澤龍彦編 立風書房
ヴァニラの木  ジョルジュ・ランブール 白水社
自由か愛か! デスノス 白水社
須賀敦子のミラノ 大竹 昭子 河出
須賀敦子のヴェネツィア 大竹 昭子 河出
白洲正子“ほんもの”の生活 (とんぼの本)
白洲正子の世界 (コロナ・ブックス)
お能の見方 (とんぼの本) 白洲 正子
健康 旬を食べる―インスタントにしますか、それとも本物  相馬暁 リヨン社
ジャムの壺から跳びだして (集英社文庫) 開高 道子
うまいもん巡礼 (1956年) 大久保 恒次
新洋酒天国―世界の酒の旅 (1975年) 佐治 敬三
舌鼓ところどころ (中公文庫) 吉田 健一
食いしん坊〈2〉 小島政二郎
料理歳時記 (中公文庫) 辰巳 浜子
料理のお手本 (中公文庫) 辻 嘉一
びんぼう自慢 立風書房 古今亭志ん生
志ん朝のあまから暦 (河出文庫) 古今亭 志ん朝
こわさ知らず (中公文庫) 春風亭 小朝
志ん生一代〈上・下〉 (中公文庫) 結城 昌治
笑学百科 (新潮文庫) 小林 信彦
日本の喜劇人 (新潮文庫) 小林 信彦
喜劇人に花束を (新潮文庫) 小林 信彦
コラムは誘う―エンタテインメント時評 (新潮文庫) 小林 信彦
落語的生活ことはじめ―大阪下町・昭和十年体験記 平凡社
落語家の居場所―わが愛する芸人たち (文春文庫) 矢野 誠一
談志楽屋噺 (文春文庫) 立川 談志
眠れなくなるお伽咄 立川 談志
合本 東京落語地図 (朝日文庫) 佐藤 光房
落語的ガチンコ人生講義 (新潮OH!文庫) 立川 談四楼
芸人という生き方―渥美清のことなど (文春文庫) 矢野 誠一
喜劇の帝王 渋谷天外伝 (小学館文庫) 大槻 茂
天才伝説 横山やすし (文春文庫) 小林 信彦
見た芝居・読んだ本 (文春文庫) 戸板 康二
松田優作―炎 静かに (現代教養文庫) 山口 猛
アメリカン・ニューシネマ名作全史 (現代教養文庫) 田山 力哉
アメリカン・ニューシネマ名作全史〈3〉 (現代教養文庫) 田山 力哉
現代ヨーロッパ映画の監督たち (現代教養文庫) 田山 力哉
現代アメリカ映画の監督たち (現代教養文庫) 田山 力哉
日本映画名作全史〈現代編 2〉 (現代教養文庫) 田山 力哉
世界映画俳優全史〈現代編〉 (現代教養文庫) 田山 力哉
日本映画史100年 (集英社新書) 四方田 犬彦
フランス映画旅行 (新潮文庫) 池波 正太郎
映画で語る中国・台湾・香港 (丸善ライブラリー) 戸張 東夫
c0184882_1741199.jpg

2007年10月、博多。
屋台が動き出す時間。
by KARAIMOBOOKS | 2011-09-15 19:04 | 新入荷