<   2010年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧
新入荷 香り米「万石」とゆず胡椒(にんにく入り、にんにくなし)!!
今回水俣で仕入れてきたのは、棚田の香り米「万石」と、ゆず胡椒(にんにく入り、にんにくなし)。
みな、水俣の山の中腹にある、棚田の美しい久木野、その村おこし施設「愛林館」のものです。

棚田の香り米「万石(まんごく)」 420円
c0184882_22173115.jpg

久木野で昔から作られている伝統品種のもち米。
ふつうのお米に、一割弱「万石」を混ぜて、通常どおり洗って炊きます。
炊いているときから香ばしく香りはじめ、照りと粘りも出て、香りのよいご飯が炊きあがります。
炊きたてはもちろん、さめると香りがさらに強くなるので、お弁当のご飯にも! 

「皆様がこのお米を買っていただけると、愛林館の周辺の美しい棚田の景色が守られます。
それだけでなく、棚田の働き(降った雨を貯める、貯めた水が地下水になる、村の暮らしを守る)も守られます。
棚田のお米を買うということは、単に食べ物を買うことではないのです。」(愛林館 HPより)

c0184882_22394686.jpg


久木野の棚田はとても美しいです。
ただ、この棚田だけでは儲からず、兼業農家として稼いだサラリーを使って機械を買って維持している、というのが現実だということ。
儲からないのに、サラリーをつぎ込んでまで棚田を維持する、その心持ちを想像する。
愛林館の館長さんがおっしゃっていたのは、人々の生活基盤として棚田はあるということ。
上下水道や病院、学校などのように必要不可欠なものとして存在するということ。

ただ、担い手が高齢化していくなかで棚田を保全していくのは非常に難しい。
愛林館はその手伝いもしています。
万石1袋で1.3㎡の棚田保全に協力できるとのこと。

ヤギは、ぼうぼうと棚田に生える草を刈ります。
どうしようもなくかわいい。
c0184882_22473472.jpg


昔、機械のなかったころにすべて手作業で石垣を積み、棚田を作るのは大変な重労働だったはず。
印象的だったのは(それほどまでして、お米を作りたかったということはもちろんあるが)、石垣を積むのは、とても楽しいのだという館長のお話。


そして、もうひとつは、ゆず胡椒。にんにく入りとにんにくなし、それぞれ550円。
以前入荷したゆず胡椒と容量は同じ、ちょっとお買い得になりました。
地元で採れた自家栽培のゆずと唐辛子、にがりを含んだ沖縄の塩を使っています。

今回はにんにくなしも入荷しています。
にんにくなしは、数が少なめ。ぜひ、お早めにどうぞ!
c0184882_2315172.jpg


愛林館のホームページはこちら→http://airinkan.org/index.html
[PR]
by karaimobooks | 2010-03-31 23:08 | 九州物産と雑貨
相性
昨夜、帰京しました。
実は26日の朝に携帯電話がまさかの1週間に2回目の故障となりました。
今回は重傷でデータが全て消えました。
ただいま代替機です。
ぼくの携帯電話のアドレスを知っている知人・友人のみなさまお願いします。
電話番号とメールアドレスを書いたメールをぼくに送信してください。
アドレスは同じです。

旅行記はまたのちほど。
お楽しみに。
[PR]
by karaimobooks | 2010-03-31 13:23 | 日記
宿泊棟前の桜
c0184882_23271976.jpg

今日は朝から久木野の住吉神社・千年銀杏、玉子農家、曽木の滝、石飛の天野製茶園などなどいろいろ連れていってもらう。
詳しくは帰京してから。
明日から水俣環境大学。
[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2010-03-25 23:27 | 携帯電話にて
雨は夜にあがる
c0184882_23313697.jpg

お風呂から出て集会所のテレビで石川さゆりさんの水俣公演のビデオをみている。
静かだ。
[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2010-03-24 23:31 | 携帯電話にて
おれんじ鉄道
もうすぐおれんじ鉄道が発車する。
しばらくすると西側の窓には不知火海がひろがる。
高校生が食べているカレーまんの香りと熊本弁が心地良い。
[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2010-03-24 14:19 | 携帯電話にて
3月は末日までおやすみです
水俣と熊本にゆきますので、3月末日までKARAIMO BOOKSは臨時休業です。

水俣では、水俣環境大学3月セミナーに参加してきます。
いろいろな人に会えるので、とっても実り多い旅になりそう!
ああ楽しみ!

いいものたくさん見つけて帰ってきます。
帰ってきてからのKARAIMO BOOKSに、乞うご期待!

それでは4月に会いましょう、いってきます。
[PR]
by karaimobooks | 2010-03-23 22:58 | 営業日と営業時間
京都自由学校―みなまたがすき―
2010年度の京都自由学校にカライモブックスもショートプログラム
「みなまたがすき」で参加します。
お茶・お菓子付きで500円です。
詳しくは下記の自由学校のページからどうぞ。

お待ちしております。

http://www.kyoto-fs.org/modules/pico1/
[PR]
by karaimobooks | 2010-03-21 13:22 | イベント
新入荷!! 石牟礼道子句集「天」 
c0184882_23282638.jpg
c0184882_23283882.jpg

石牟礼さんの句集「天」が入荷しましたよ!!
石牟礼さんの俳句はとてもいいです、おすすめ。

装画・装丁、久住賢二
発行、天籟俳句会 穴井太
昭和61年5月1日
3800円
[PR]
by karaimobooks | 2010-03-19 00:16 | 新入荷
予測
c0184882_2343322.jpg

携帯電話の着信音が鳴らなくなってしまったので携帯屋さんに行ってきた。
直してくれるということなので直るまでまっ白い携帯電話をかわりにいただく。
さっそく友人に来週から「水俣」に行くとメールを送ることに。
「みなまた」と入力すると下の予測欄の一番はじめに「水俣病」と出た。
そして「水俣」。
よく芸術家たちが作品は自分のためにつくる、とか言っているが何というかよく分からなかった。
しかしこういうことか、と四コママンガをかき終わって少し納得する。

この新しくてまっ白い携帯電話の予測は嫌いだ。
「みなまた」は「水俣」であり「水俣病」ではない。
[PR]
by karaimobooks | 2010-03-17 23:27 | カライモくんマンガ
新入荷 3月17日 韓国・人文など
環境と身の現象学―環境哲学入門 小川 侃 晃洋書房 1000円
哲学ってなんだ―自分と社会を知る (岩波ジュニア新書) 竹田青嗣 400円
ミニマル・ミュージック―その展開と思考 小沼 純一 青土社 1000円
ハマータウンの野郎ども (ちくま学芸文庫) ポール・E. ウィリス、Paul E. Willis、熊沢 誠、 山田 潤 700円
性家族の誕生 (ちくま学芸文庫) 川村邦光 900円
叛アメリカ史―隔離区からの風の証言 (ちくま文庫) 450円
物語戦後文学史 上 本多秋五 岩波現代文庫 500円
物語戦後文学史 中 本多秋五 岩波現代文庫 500円
言の葉かずら 岡部伊都子 冬樹社 500円
ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)  280円
届かなかった手紙 クレスマン・テイラー 文藝春秋 350円
グラフィック心理学 (Graphic text book) 北尾 倫彦 500円
海寇―国姓爺一族への鎮魂歌 上・下 和田武久 葦書房 1000円
浮島丸釜山港へ向かわず 金 賛汀 かもがわ出版 600円
柳田国男全集〈1〉 (ちくま文庫) 600円
櫻画報大全 (文庫) 赤瀬川源平 550円
オモニの歌―48歳の夜間中学生 (ちくま文庫) 250円
朝鮮現代史の手引 (1981年) 梶村 秀樹 勁草書房 700円
光州血の教訓 -吹きあれる韓国反米闘争の源流 柘植書房 800円
光州の人びと 金午 朝鮮青年社 800円
拉致問題で歪む日本の民主主義―石を投げるなら私に投げよ 高嶋伸欣 スペース伽耶 600円
尹東柱 青春の詩人 筑摩書房 1100円
丹波マンガン記念館の7300日 20万来館者とともに  解放出版社  800円
三・一独立運動と堤岩里教会事件 韓国基督教歴史研究所編著 神戸学生青年センター出版文 1600円
十一月のほうせん花 在日オモニの手記 皇甫任 丸木俊(絵) 径書房 600円
朝鮮1945-1950―革命史への証言 (1972年) 高峻石 500円
主体的海外僑胞運動の思想と実践 韓徳銖、未来社 1500円
詩集 幸いなるかな本を読む人  長田弘 900円
詩と思想 2009年3月号 特集・言葉と戦争 土曜美術社 500円
映画の昭和雑貨店 (Shotor Library) 川本 三郎 小学館 400円
続・映画の昭和雑貨店 (Shotor Library) 川本 三郎 小学館 400円
続々々映画の昭和雑貨店 (Shotor Library) 川本 三郎 小学館 400円
映画の快楽―ジャンル別・洋画ベスト700 (角川文庫) ぼくらはカルチャー探偵団  300円
[PR]
by karaimobooks | 2010-03-17 21:24 | 新入荷