カライモブックスは
カライモブックスは
京都西陣にある古本屋です。「カライモ」とは南九州でのサツマイモの呼び名。作家・石牟礼道子さんの世界に惹かれて、京都から遠く不知火海に思いを馳せ「カライモブックス」と名づけました。
石牟礼さんと水俣の本はもちろん、詩、小説、フェミニズム、アナキズム、哲学、社会学、原発、戦争、朝鮮、沖縄、アイヌ、障害、公害、社会運動、民俗学、民族学、歴史、芸術、食、育児、児童書など学術書から一般書までいろいろ置いています。実は100円・200円均一もおすすめです。「カライモ学校」と題した勉強会やイベントを開催したり、水俣・天草物産(お茶、塩、ヒジキ、イリコ、蜂蜜、石けん等)の販売をしたりもしています。
「カライモ学校」と題した勉強会を開催したり、お茶・海産物・ジャム・石けんなど水俣・天草物産の販売をしたりもしています。

「カライモ」とは南九州でのサツマイモの呼び名だ。
カライモブックスという名前の由来をたどれば、作家・石牟礼道子につながる。
石牟礼道子の言葉は、南九州の土と潮の香りに満ちている。天草、水俣といった不知火海沿岸に生きる人びとの世界を描くその言葉は、上滑りしつづける現実世界の言葉をやすやすと乗り越え、わが心の帰るべき場所さえも指し示しているように思う。
実際にかの地を訪ねてみると、もちろんそこにも現実の生活が流れている。
それでも、水俣の明神崎から不知火海をはさんで天草の島々をのぞむとき、石牟礼道子の言葉がぽとりぽとりと頭に浮かぶ。
私たちにとって、天草や水俣は、そういう場所だ。

京都には明神崎も不知火海もないけれど、石牟礼さんの言葉が心に浮かぶようなそんな本屋にしたい、そんな思いから、カライモブックス、と名づけました。



カライモブックス
〒602-0094 京都市上京区大宮通芦山寺上ル西入ル社横町301
Tel/Fax:075-203-1845
メール karaimobooks@gmail.com
営業時間 11時から18時30分
定休日 火曜日と水曜日
京都府公安委員会許可第611220930001 書籍商

カライモブックス・オンラインショップのページhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


# by KARAIMOBOOKS | 2019-02-15 21:57 | カライモブックスは
新入荷。ち・お、石牟礼、水俣、安積遊歩、デュラス、津島佑子、上野英信、安野光雅、テレンバッハ、仏文書、ほか
カライモ学校『カライモブックスで水俣と石牟礼道子さんのことを話す』2月24日(日)14時~ 詳しくは→https://karaimo.exblog.jp/30042581/
・カライモブックスの奥田直美が京都新聞夕刊『現代のことば』にエッセイを1年間隔月連載しています。2019年の6月までに6~7回載ります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 『ラディカル・オーラル・ヒストリー オーストラリア先住民アボリジニの歴史実践』保苅実 より引用

 私がつきあったグリンジの長老たちは、こうした知識や経験の伝達にともなう諸条件を明確に理解し、そして受け入れていた。紙に文字を書いて情報を伝えることは、カリヤ(白人・非アポリジニ)のやり方であって、グンビン(アボリジニ)のやり方ではない。文字を使用しないアポリジニの長老たちは、紙を使って何かを伝えることは必ずしも倫理的に望ましい方法だとは考えていない。しかし、にもかかわらず、カリヤに何かを伝える場合には、紙に文字を書くというやり方を受け入れなければならない。私が歴史を学んだグリンジの長老たちは、そのことを十分理解し、許容していた。だから、グリンジの長老たちは、私たちに歴史を物語り、演じるさいの最初の一歩目から、筆者である私と本書の読者にたいして妥協していることを理解すべきである。かれらは、歩み寄る。植民地主義の暴力を経験した人々とは、そういうものだろうか。ときには強制されるために、そうでなくてもあきらめ気味に、かれらは妥協し、歩み寄る。
 問われているのは、こうして歩みよってきたグリンジの長老たちのジェスチャーにたいして、私たちがーー筆者である保苅や読者であるあなたがーー、かれらと同じように歩みよることができるかどうかである。



c0184882_17440731.jpg
2019年1月。水俣の明神からみた不知火海と御所浦島。みっちんがかく。

☆新本 ち・お 122号 特集=災害大国 子連れの心がまえ 編集人=奥田直美(カライモブックス) 詳しくは→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=139708632
☆新本 自分がきらいなあなたへ 安積遊歩 ミツイパブリッシング 2019年
☆新本 多様性のレッスン 車いすに乗るピアカウンセラー母娘が答える47のQ&A 安積遊歩、安積宇宙 2019年
100円・200円本大量。
医学としての水俣病 三部作〈第1部=資料・証言篇〉監督=土本典昭 DVD
苦海浄土 (講談社文庫)石牟礼 道子
死を想う―われらも終には仏なり (平凡社新書)石牟礼 道子、 伊藤 比呂美
聞書 水俣民衆史 全5巻
聞書水俣民衆史4 合成化学工場と職工
水俣病裁判全史〈第3巻〉被害・世論編
水俣市民は水俣病にどう向き合ったか 葦書房
水俣病50年―「過去」に「未来」を学ぶ 西日本新聞社編
証言水俣病 岩波新書
水俣から福島へ 公害の経験を共有する 山田真
廃鉱譜 上野 英信
モデラート・カンタービレ (河出文庫)マルグリット・デュラス
愛と死、そして生活 マルグリット デュラス
愛 (河出文庫)マルグリット・デュラス
マルグリット・デュラス―閉ざされた扉 ヤン・アンドレア
風よ、空駆ける風よ 津島佑子
あまりに野蛮な 全二巻 津島佑子
ナラ・レポート 津島佑子
快楽の本棚 津島佑子
消えがての道 森崎和江
沖縄「戦後」ゼロ年 (生活人新書)目取真 俊
風音 目取真 俊
ナミイ!―八重山のおばあの歌物語 姜 信子
たちどまって考える 矢内原 伊作
影の越境をめぐって 谷川雁
こんな僕でも生きてていいの   河村 啓三
赤軍―1969→2001 (KAWADE夢ムック)
東九条の語り部たち 京都市地域・多文化交流ネットワークサロン
母性という神話 (ちくま学芸文庫)エリザベート・バダンテール
性幻想―ベッドの中の戦場へ (中公文庫) 河野 貴代美
優しい去勢のために (ちくま文庫) 松浦 理英子
セバスチャン 松浦 理英子
葬儀の日 松浦 理英子
恋愛関係  荒木 経惟
ぼくの命を救ってくれなかった友へ (集英社文庫)エルヴェ・ギベール
レイプ・男からの発言 (ちくま文庫)ティモシー・ベイネケ
メディア・セックス (集英社文庫) ブライアン・キイ
革命と性文化  若尾 祐司 , 垂水 節子 , 栖原 彌生
ゲイ・スタイル (河出文庫) 伏見 憲明, 田口 弘樹
言葉にのって―哲学的スナップショット (ちくま学芸文庫)ジャック デリダ
ストライキ権 中山 和久
社会主義と個人  ソヴィエット同盟科学アカデミー哲学研究所
科学の危機と認識論 廣松 渉
現代革命論への模索 廣松 渉
新哲学入門 (岩波新書)廣松 渉
ドキュメント東大闘争 砦の上にわれらの世界を
日本の大学革命〈5〉全共闘運動
カストロ 革命を語る
マルコムX自伝
自我論集 (ちくま学芸文庫)ジークムント フロイト
正義論/自由論―寛容の時代へ (岩波現代文庫)土屋 恵一郎
女性画家列伝 (岩波新書)若桑 みどり
日本精神史 上 長谷川 宏
メランコリー [改訂増補版] H. テレンバッハ
暴力の哲学 (シリーズ・道徳の系譜)酒井 隆史
ドゥルーズ―解けない問いを生きる (シリーズ・哲学のエッセンス)檜垣 立哉
ハイデガー 存在の謎について考える (シリーズ・哲学のエッセンス)北川 東子
レヴィナス―何のために生きるのか (シリーズ・哲学のエッセンス)小泉 義之
週刊金曜日 臨時増刊 従軍慰安婦問題
熱狂なきファシズム: ニッポンの無関心を観察する  想田 和弘
生きて帰ってきた男-ある日本兵の戦争と戦後 (岩波新書)小熊 英二
朝鮮民謡選 (岩波文庫)金素雲
朝鮮詩集 (岩波文庫)金素雲
須賀敦子のミラノ  大竹 昭子
十年ゴム消し (河出文庫) 忌野 清志郎
野の花だより三六五日 池内紀
昭和前期の青春―山田風太郎エッセイ集成
鴎外の坂 森 まゆみ
甦る河上肇―近代中国の知の源泉 三田 剛史
千駄木の漱石 森まゆみ
本が好き 安野光雅
本を読む 安野光雅
会えてよかった 安野光雅
カザルスの海へ 安野光雅
数学大明神 安野光雅
空想茶房 安野光雅
ねがいは「普通」 佐藤 忠良、 安野 光雅
安野光雅文集 全6巻
評伝中野重治 松下 裕
絵本とは何か 松居 直
詩集 傍観者  井上靖
詩集 星欄干  井上靖
荷風と東京―『断腸亭日乗』私註   川本 三郎
今日はお墓参り  川本 三郎
同時代を生きる「気分」  川本 三郎
ゼノンの時計 中野美代子
塔里木秘教考 中野 美代子
契丹伝奇集  中野 美代子
フーコーの振り子 全二巻 エーコ
現代短歌大系〈7〉塚本邦雄,岡井隆,葛原妙子
岡山の歴史と文化 藤井駿先生喜寿記念会
空海と密教美術展 2011
開基足利義満600年忌記念 若冲展
大英博物館 アッシリア大文明展 芸術と帝国
篠山紀信 目玉の欲望 大岡玲
京都府の民具 5 年中行事
歴史都市・京都の超再生―町家が蠢く、環境・人権・平和のための都市政策 リム・ボン
釧路歴史散歩 上 佐藤尚
Fukuoka style vol.5 特集:歴史の町並み
明治文化史〈第13巻〉風俗編  開国百年記念文化事業会
ヨーロッパ世界と旅  宮崎 揚弘
バターで作る/オイルで作る クッキーと型なしタルトの本  若山 曜子
わたしの暮らしのヒント集4 暮しの手帖編集部
しかけ絵本 飛び出す、ときめく、遊ぶ、楽しむ  別冊太陽
だいぶつさまのうんどうかい  苅田澄子 , 中川学
ちいさいサンパン   山本忠敬 , 小春 久一郎
ともだちのしるしだよ カレン・リン・ウィリアムズ
児童養護施設の子どもたちの思いと願い -京都聖嬰会の子どもたちと、ともに生き、ともに歩む 井上新二
Jean-Jacques Rousseau : De l'éros coupable à l'éros glorieux 仏文
Études rousseauistes et index des œuvres de J.-J. Rousseau 8冊 仏文
Alexis de Tocqueville Œuvres complètes 10冊 仏文
Céline (Les Dossiers Belfond) Frédéric Vitoux 仏文
Bureaucratie et bureaucrates en France au XIXe siècle Guy Thuillier 仏文
Jules Vallès (1832-1885): ses révoltes, sa maîtrise, son prestige Gaston Gille 仏文
La Liebestod dans le roman Michel Fougères  仏文
Marcel Proust George D. Painter 仏文
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が火曜日と水曜日になりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター




# by KARAIMOBOOKS | 2019-02-01 22:51 | 新入荷
第44回カライモ学校『カライモブックスで水俣と石牟礼道子さんのことを話す』
・1月17日(木)から21日(月)は臨時休業します。
・1月27日(日)は「丹後もちフェス2019」に出店するため臨時休業します。詳しくは→https://karaimo.exblog.jp/30042398/
・「唐芋通信」第12号発行しました。詳しくは→https://karaimo.exblog.jp/29614587/
・カライモブックスの奥田直美が京都新聞夕刊『現代のことば』にエッセイを1年間隔月連載しています。2019年の6月までに6~7回載ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第44回カライモ学校『カライモブックスで水俣と石牟礼道子さんのことを話す』

石牟礼道子さんの世界にあこがれて、2009年にカライモブックスという古本屋をつくりました。
それから京都の地で、石牟礼道子、水俣……とつぶやいているうちに、原発事故が起こり、水俣病は幕引きへと導かれ、そんななかにも声を上げつづける人たちがおり、石牟礼さんは亡くなられ……、10年が経とうとしています。
10年経っても、相変わらず私たちの頭のなかは混とんとしたまま。私たちにとっての、石牟礼道子さんとは? 水俣とは? を問われて、きちんと答えられたためしがありません。
今回は、水俣フォーラム・実川悠太さん、参加者の皆さんとお話をするなかで、石牟礼道子という存在をときほぐしてみたい。ご参加いただくみなさんにも、それぞれの何かをときほぐす時間になってくれれば、と思います。
どうぞ遊びにいらしてください。

日時:2月24日(日)14時~16時(13時30分開場)
場所:カライモブックス 京都市上京区社横町301 
話し手:奥田直美・奥田順平(カライモブックス) http://www.karaimobooks.com/
聞き手:実川悠太(水俣フォーラム) https://npo.minamata-f.com/
定員:20名
入場料:1000円
☆ご予約ください 
karaimobooks@gmail.com / 075-203-1845(カライモブックス)


前日の2月23日(土)には同じく実川悠太さんの講演が伊丹であります。
『石牟礼道子の世界にふれる』
講師 実川悠太(水俣フォーラム)
2月23日(土)13時30分から
場所 伊丹市立中央公民館
参加費 600円

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が火曜日と水曜日になりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター



# by KARAIMOBOOKS | 2019-01-10 16:09 | イベント
1月27日(日)『丹後もちフェス2019』に出店します。
・1月17日(木)から21日(月)は臨時休業します。1月27日(日)は「丹後もちフェス2019」に出店するため臨時休業します。
・「唐芋通信」第12号発行しました。詳しくは→https://karaimo.exblog.jp/29614587/
・カライモブックスの奥田直美が京都新聞夕刊『現代のことば』にエッセイを1年間隔月連載しています。2019年の6月までに6~7回載ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『丹後もちフェス2019』に出店します。
1月27日(日)10:30〜16:00。
場所は京都大学吉田寮食堂。
主催はスワロウカフェ。トークもあり。

以下、スワロウカフェのブログ→http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/54703867.html より引用


2014年に米軍基地が京丹後市丹後町宇川にできて、5回目の新年をむかえました。

 特にこの一年間は住民の暮らしをないがしろにし、軍隊を最優先にする米軍および日本政府の姿勢がよりいっそうはっきりしてきました。米軍レーダーが停波せずドクターヘリの通行・運用に重大な支障をきたした問題、約束していた日曜・祝日の第二期工事作業の中止が守られなかった問題、米軍が関連する交通事故の情報を徹底して非公開としている問題など、深刻な事態がつづいているからです。また、その一方では、宇川唯一のスーパーである「にしがき」宇川店の閉店が決まるなど、住民の暮らしをとりまく環境もますます厳しくなっています。私たちが、どのように住民の暮らしや地域社会に関わっていけるのかが問われていると思います。

 スワロウカフェは昨年(2018年)も、宇川にある「平和田んぼ」のお手伝いをささやかながらさせていただきました。9〜10月には甚大な台風被害がありました。10月2日には田んぼのオーナーのご家族であり、「米軍基地建設を憂う宇川有志の会」の代表であった三野みつるさんが亡くなるという悲しい出来事もありました。それらをのりこえて、もち米は収穫されました。そのお米を使わせていただき、今年もみなさんと一緒にもちをつきたいと思います。

 今年の「もちフェス」は昨年につづいて京都大学吉田寮食堂を会場に開催します。ご存知のとおり京都大学当局による寮生の不当で強権的な追い出しが進められています。住民の声を無視し、まっとうに話し合うことすらなく、ものごとが決められていく———私たちは各地の基地建設をめぐっても同様のプロセスをみてきました。だからこそ、私たちは京大当局の現在の姿勢と方針に明確に反対です。その思いを込めて吉田寮食堂で開催させていただきます。

 宇川のことを考え、それぞれにできることをみつけ、シェアする一日にしたいと思います。そして、それぞれの足元から、宇川へ、吉田寮へ、あるいは沖縄や朝鮮半島へと、思いや行動をシェアし、つながる場になれば幸いです。

 ぜひ、みなさま、お集まりください。


|日時| 2019年1月27日(日)10:30〜16:00

 ◆10:30 開場

 ◆11:30〜12:30 トーク 塩田敏夫さん(毎日新聞記者、京丹後駐在)

 ◆12:30〜 もちつき!

 ◆14:30〜16:00頃 オープンマイク・タイム

 ◆10:30〜16:00 終日 ブース、宇川写真展

  カライモブックスさん http://www.karaimobooks.com/

  キトゥンカンパニーさん http://kittencompany.net/?page_id=2

  ジュゴン保護キャンペーンセンターさん http://www.sdcc.jp/

  でこ姉妹舎さん http://dekosimaisha.shiga-saku.net/

  パザパ屋さん https://www.instagram.com/pazapa_ya/

  フランク菜ッパさん https://m.facebook.com/franknappa.kyoto/?locale2=ja_JP

  スワロウカフェ and more...


|場所| 京都大学吉田寮・食堂 (京都市左京区吉田近衛町。京阪電車「神宮丸太町」駅より徒歩約15分。京都市バス「近衛通り」バス停よりすぐ)

吉田寮地図

|お願い|
 ・会場は寒いので、十分な防寒対策でお越しください。
 ・マイ箸・マイお皿やお椀、マイバッグなどのご持参をぜひお願いします。
 ・建物への侵入経路に多少のバリアがあります。出入りや移動に可能な限りスタッフが対応できるよう、準備したいと思っております。
 ・手話通訳やノートテイクの対応が力不足で残念ながらできそうにないのですが、筆談や要約をノートパソコンでタイピングするなど、できる範囲のことをしたいと思いますので、開催日前日までにメール(noarmydemo@gmail.com)で個別にご相談いただければ幸いです。
 ・写真を撮影する場合は、映り込む人の了解をとるようにしてください。

★吉田寮や生活空間ですので、居住されている人の生活・プライバシーに配慮するようお願いします。また寮の見学や撮影については、吉田寮自治会からの説明をふまえて対応してください。
★京都大学当局による吉田寮生に対する追い出しなどの問題については以下のサイトをご覧ください。

|参加費| 無料。カンパへのご協力をお願いします!

|主催| スワロウカフェ noarmydemo@gmail.com



‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が火曜日と水曜日になりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター




# by KARAIMOBOOKS | 2019-01-10 13:35 | イベント
1月17日(木)から21日(月)は臨時休業します。
・「唐芋通信」第12号発行しました。詳しくは→https://karaimo.exblog.jp/29614587/
・カライモブックスの奥田直美が京都新聞夕刊『現代のことば』にエッセイを1年間隔月連載しています。2019年の6月までに6~7回載ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1月17日(木)から21日(月)は臨時休業します。
‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が火曜日と水曜日になりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

# by KARAIMOBOOKS | 2019-01-07 16:28 | 営業日と営業時間