第44回カライモ学校『カライモブックスで水俣と石牟礼道子さんのことを話す』
・1月17日(木)から21日(月)は臨時休業します。
・1月27日(日)は「丹後もちフェス2019」に出店するため臨時休業します。詳しくは→https://karaimo.exblog.jp/30042398/
・「唐芋通信」第12号発行しました。詳しくは→https://karaimo.exblog.jp/29614587/
・カライモブックスの奥田直美が京都新聞夕刊『現代のことば』にエッセイを1年間隔月連載しています。2019年の6月までに6~7回載ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第44回カライモ学校『カライモブックスで水俣と石牟礼道子さんのことを話す』

石牟礼道子さんの世界にあこがれて、2009年にカライモブックスという古本屋をつくりました。
それから京都の地で、石牟礼道子、水俣……とつぶやいているうちに、原発事故が起こり、水俣病は幕引きへと導かれ、そんななかにも声を上げつづける人たちがおり、石牟礼さんは亡くなられ……、10年が経とうとしています。
10年経っても、相変わらず私たちの頭のなかは混とんとしたまま。私たちにとっての、石牟礼道子さんとは? 水俣とは? を問われて、きちんと答えられたためしがありません。
今回は、水俣フォーラム・実川悠太さん、参加者の皆さんとお話をするなかで、石牟礼道子という存在をときほぐしてみたい。ご参加いただくみなさんにも、それぞれの何かをときほぐす時間になってくれれば、と思います。
どうぞ遊びにいらしてください。

日時:2月24日(日)14時~16時(13時30分開場)
場所:カライモブックス 京都市上京区社横町301 
話し手:奥田直美・奥田順平(カライモブックス) http://www.karaimobooks.com/
聞き手:実川悠太(水俣フォーラム) https://npo.minamata-f.com/
定員:20名
入場料:1000円
☆ご予約ください 
karaimobooks@gmail.com / 075-203-1845(カライモブックス)


前日の2月23日(土)には同じく実川悠太さんの講演が伊丹であります。
『石牟礼道子の世界にふれる』
講師 実川悠太(水俣フォーラム)
2月23日(土)13時30分から
場所 伊丹市立中央公民館
参加費 600円

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
定休日が火曜日と水曜日になりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター



by KARAIMOBOOKS | 2019-01-10 16:09 | イベント
<< 新入荷。ち・お、石牟礼、水俣、... 1月27日(日)『丹後もちフェ... >>