詩の民主花 
そうだそうだ、パンはいつも故郷に向けての方位磁石をもっている。 

ミシマショウジ(詩の民主花新聞第壱号より引用

c0184882_16224298.jpg
c0184882_16243707.jpg
西宮のうまいパン屋『アミーンズオーブン』から、うまいパンたくさんと詩の民主花新聞第壱号が届いた。唐芋通信に触発されたんだよ、と噂を聞いていた。できた、と聞いてパンを注文して一緒に送ってもらおうと思っていたのに、一足を先に出されてしまった。「パンといっしょに読んでください!!」と、書いてあった。
詩の民主花、しのみんしゅか、よい名だ。とても、よい名だ。パン屋の書くパンの詩、京都で流行っている生活、とか暮し、とかを標語にしているおしゃれな本屋やカフェとは違う。ほんとうに違う。これが生活、だ。暮し、だ。おしゃれな人たちには、苦しみもないが、圧倒的に喜びがないのだ。そして、自分たちがダメだと思っているのだ、自分たちがいちばんダメだと思っているのだ。これは、謙虚に感じるけれどもとても恐ろしい、自分たちより生活や暮しが苦しい人がいないことになっているのだ。みえていないのだ。ここが、いちばんの難点だ。おしゃれな人の基準だから、もうほんまにどうでもよい基準だけど、やはり、ほんとうに辛い。上しかみないのだ。この人たちは。そろそろ、やめる。長くなりすぎた。詩の民主花、だ。パン屋の詩、だ。
ぼくも、やる。心が動いた。詩の民主花だ。ほら、もう、カライモでは詩の民主花が中空にいる。ここから、浮遊したのか、着地したのか、上昇したのか、どうだったか、覚えていないこともないし、忘れたわけではないけど。さあ、少ないですが、詩の民主花第壱号お渡しできます。欲しい方はお声をかけてください。「詩の民主花を!!」と。

アミーンズオーブン
‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
『松山ブックマルシェ』にカライモブックス出店します。6月13日・14日http://karaimo.exblog.jp/24196024/
「唐芋通信」第五号ができあがりました。http://karaimo.exblog.jp/23876829/
石牟礼道子『あやとりの記』(新本)入荷。とってもおすすめです。http://karaimo.exblog.jp/22621081/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2015-06-03 00:07 | 日記
<< 新入荷。石牟礼道子、谷川雁、藤... 松山ブックマルシェに出店します... >>