新入荷。石牟礼、上野英信、鶴見和子、吉原幸子、石原吉郎、金子光晴、レーヴィット、水俣、児童書ほか
第41回カライモ学校『親になるまでの時間・前編――ゆるやかな家族になれるかな?』(「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」115号) 発売記念トーク 〈いま、こどもを育てるということ――まっとうな不安といきすぎた不安〉
4月22日(土)13:00~15:00
話し手 浜田寿美男さん(発達心理学・法心理学者)
会場 西陣ほんやら洞2階
くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26496866/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『草のことづて 石牟礼道子 筑摩書房』収録の「後の世のために魚をとること」より引用

 江郷下家の新しい舟が下ろされて初はしりの仕事は、なんと〈水俣湾の魚絶滅作戦〉の時だったのである。漁民たちはこの三日間の〈魚絶滅作戦〉なるものに船団を組んで、沖に出たのだが、漁師が、魚獲りは魚獲りでも、魚を絶滅させるために海に出るとは「もう世も末じゃ」というほかはない。
 若い美一くんは、東京から帰りたてのこともあって、海風や波のしぶきのなつかしさに、一瞬だけ頬をころばせたが、同じこの舟に乗った患者家族の田中義光さんや機関長さんは、きびしく暗い顔をしていた。
 「県知事さんも、御苦労であんなはる」
 わたくしたちが御匠殿の呼んでいる江郷下家の隣の義光小父さんは、海の面に落としたままの目の色でそう漏らした。
 「魚は、絶滅できましょうか」
 とわたくしはきく。
 「そげんこた、できまっせんな」
 言下に、同乗していた漁師たちは言う。
 「こういう空しいことを、なぜ、やるかといえば、われわれが犠牲になって、実際長い間、犠牲になっとるのやから、こういう空しいことをしてみせて、後の世のために、あるいは救いになるかもしれん、とおもうて、やりよるわけです」

c0184882_13475842.jpg
2017年3月。鴨川。1時間、飛び石に飛びつく。


眉屋私記  上野英信 潮出版社
椿の海の記 石牟礼道子 河出文庫
陽のかなしみ 石牟礼道子
水俣からの想像力ー問いつづける水俣病 丸山定巳・田口宏昭・田中雄次(編)熊本出版文化会館 2005
思想の科学 鶴見和子研究 1996
暮らしの流儀 鶴見和子
オンディーヌ 吉原幸子
夢 あるひは… 吉原幸子
夏の墓 吉原幸子
幼年連祷 吉原幸子
昼顔 吉原幸子
人形嫌い 吉原幸子
水準原点 石原吉郎
断念の海から 石原吉郎
海を流れる河 石原吉郎
望郷と海 石原吉郎
石原吉郎詩集  現代詩文庫
安水稔和詩集  現代詩文庫
立原道造詩集  現代詩文庫
村の女は眠れない―草野比佐男詩集
タゴール詩集 (世界の詩) 山室静
新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示 (新潮文庫) 菅谷昭
ヴィオルヌの犯罪 デュラス 河出文庫
オネーギン (岩波文庫)プーシキン
むかしの山旅 (河出文庫) 今福龍太編
日本人の悲劇  旺文社文庫 金子光晴
命売ります (ちくま文庫) 三島 由紀夫
長い旅の途上 星野道夫 文春文庫
燃える風 (中公文庫) 津島佑子
アイヌの碑 (朝日文庫) 萱野茂
ヒロシマを世界に(図録) 広島平和記念資料館 
日本資本主義発達史講座 1~3部 岩波 昭和7~8
両大戦間に日欧の相互交流が日本の哲学の形成・発展に与えた影響をめぐって 藤田正勝
場所 8号 西田哲学研究会
倫理学年報 62~65集
ポール・ヴァレリー その哲学的思惟の概要  カール・レーヴィット
われらが内なる隠蔽 柴谷篤弘
ナショナリズムの由来 大澤真幸
Journal of Cultural Interaction in East Asia Vol.5~7 関西大学
Bodily Existence in History and Culture  KAJITANI Shinji(梶谷真司)
きゅっきゅっきゅっ 林明子
たくさんのふしぎ  りんごの礼拝堂 たくぼひさこ 2007
たくさんのふしぎ 鳥の目から見たら 1988
たくさんのふしぎ いっぽんの鉛筆のむこうに  谷川俊太郎、 堀内誠一 1985
たくさんのふしぎ 草や木のまじゅつ 1985
ぼく 井上洋介 こどものとも 2009
コンニチハエホン 井上洋介 こどものとも 2016
そらがおちてくるんです プンニャ・クマーリ こどものとも 2015
たいようまでのぼったコンドル 乾千恵(文) 秋野亥左牟 こどものとも 2010
イタリア 田舎暮らし (ちくま文庫)有元 葉子
漢方薬入門 (カラーブックス)難波恒雄
飲食事辞典 (シリーズ食文化の発見)白石大二
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-03-13 14:00 | 新入荷
第41回カライモ学校 「 いま、こどもを育てるということ ――まっとうな不安といきすぎた不安 」 話し手:浜田寿美男さん
第41回カライモ学校
『親になるまでの時間・前編――ゆるやかな家族になれるかな?』(「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」115号) 発売記念トーク

いま、こどもを育てるということ
 
  ――まっとうな不安といきすぎた不安 話し手 浜田寿美男さん(発達心理学・法心理学者)
c0184882_00391853.jpg
                photo 吉谷和加子
カライモブックスの奥田直美が編集人をつとめることになった「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」、
そのスタートとなる115号は、発達心理学・法心理学者、浜田寿美男さんの『親になるまでの時間・前編――ゆるやかな家族になれるかな?』。
今回はその発売を記念し、浜田寿美男さんにお話しいただきます。
ともすると、不安にさせる情報ばかりが目に入ってくるような、いまの時代、
私たちはどのような心持ちで日常を過ごし、未来を見据えてゆけばよいのでしょう。こどもを育ててゆけばよいのでしょう。
後半、質疑応答のコーナーも。子育てをするなかでの疑問、不安、悩みなども、お気軽にどうぞ。

・2017年4月22日(土)13:00~15:00
・話し手 浜田寿美男さん(発達心理学・法心理学者)
・司会 奥田直美(カライモブックス・ちお編集人)
・参加費:1000円
・定 員:35名程度
 ※お子さんもご一緒にどうぞ。そのため少しにぎやかになるかもしれません。
・場 所:西陣ほんやら洞 ・2階
(京都市上京区大宮通寺之内上ル前之町443) 
  ※堀川寺ノ内バス停から徒歩2分、地下鉄鞍馬口駅から徒歩15分。 
  ※カライモブックスより大宮通を南に徒歩3分程度。今回はカライモブックスが会場ではありません。ご注意ください。
・申込み:ご予約下さい→カライモブックス  075-203-1845/karaimobooks@gmail.com

・主催 カライモブックス(協賛/ジャパンマシニスト:「ち・お」出版元)

★4月25日発売「ち・お」(ちいさい・おおきい・よわい・つよい)115号(1600円+税)、先行販売いたします。
定期購読も大募集! 年間で6900円、モニター登録で5900円、送料無料です。

★「ち・お」(ちいさい・おおきい・よわい・つよい) って?
1993年創刊、「こどもの体と心と暮らし」がテーマの、マニュアルでない考えるための子育てBOOK。
企業広告をとらず、読者の購読料だけで刊行を続けています。
        
★115号より、これまでの雑誌スタイルから、ワンテーマブックにリニューアル。
そして、定期購読いただいた方、あるいはカライモブックスでお買い上げいただいた方には、
116号より、別冊連載「Chio通信」をプレゼント! 
(115号と同時刊行の「Chio通信」1号は、希望者全員プレゼント!!)

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-03-13 01:00 | イベント
3月18日(土)スワンマーケットに出店します。
3月12日(日)は所用により臨時休業します。
よろしくお願いいたします。

c0184882_11434451.jpg
五条烏丸西入るすぐ南側にある、うまい紅茶屋さんのキトゥンカンパニーで毎月やっているスワンマーケットにお誘いいただきました。ありがとう。
カライモブックスは『ち・お ちいさいおおきいよわいつよい』と『お・は おそいはやいひくいたかい』とその版元のジャパンマシニスト社の本を売りにいきます。
ほかのうまそうな出店は↑の画像で。

スワンマーケット
3月18日(土)11時~17時ごろまで
場所 キトゥンカンパニー(京都市下京区五条烏丸西入る上諏訪町294-1
   ホームページ→http://kittencompany.net/?page_id=2

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-03-07 12:17 | イベント
3月12日(日)は臨時休業します。
3月12日(日)は所用により臨時休業します。
よろしくお願いいたします。



[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-03-02 11:41 | 営業日・時間の変更など
『アルテリ 3号』入荷しました。 
『Chio』と『Oha』の定期購読のお願い。そして、定期購読できない方もほしいと思ったらカライモブックスで買ってほしい、というお願い。 
くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26367357/


c0184882_22364793.jpg

熊本市の橙書店が発行している文芸誌、アルテリの3号が入荷しました。新本です。

アルテリ 3号
アルテリ編集室 
2017年初版 
1296円
オンラインショップでも買えます→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=114098680


『明神崎の渚から』大津円 本書より引用。

なるべく公園の端っこを歩く。埋め立て地との境の、海岸の跡の岩肌に樹木が茂る明神崎の崖に沿い、海に向かって歩いていく。


上の文章は唐芋通信にも寄稿してくれた大津円さんの言葉だ。この公園というのは円ちゃんが暮らす明神崎とくっついてしまったエコパーク(水俣湾埋め立て地)だ。ぼくが、暮らしたいと思っていた明神崎だ。この明神崎に立って北を向けば、サラダタマネギの畑と梅戸の海がみえる。
南を向けば、ドラム缶につめられた汚染魚と名付けられた水俣湾の魚と膨大な水銀を含んだヘドロとともに埋め立てられたエコパーク(なんという名だ)がみえる。
このエコパークの端っこを歩く、という言葉。これは、すごい。すごい言葉。ぼくは、もう、ほんとに救われた。ぼくは、また、あそこに立ちたい。円ちゃんちにも遊びにいこう。きょう生き残るための思想と、あした生き残るための思想をゆわいつけたいのだ。

原田正純さんの娘さんの利恵さんの文章も、必読であります。



<アルテリ 3号の目次>

  新妻の訴え言/石牟礼道子(詩人・作家)
  残影/原田正純(医師)
    原田正純と文学/萬野利恵(主婦)
  明神岬の渚から/大津円(パート)
  とげ抜き 拾遺/伊藤比呂美(詩人)
  北京の十一歳/三宅玲子(ノンフィクションライター)
  野菜組合の最初の女/三砂ちづる(作家・疫学者)
  野の花/坂村岳志(花人・さかむら店主)
  記憶の共有/高浜寛(漫画家)
  誰もいない動物園/坂口恭平(作家)
  『現実宿り』評釈/渡辺京二(思想史家・評論家)
  ひとり/関敬(菊池恵楓園入所者)
  関さんの涙/浪床敬子(私人)
  陽光/松嶋圭(精神科医)
  おわりとはじまり/田尻久子(オレンジ・橙書店店主)
  カナタバル奇譚(第三回)/髙山文彦(ノンフィクション作家)

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-02-21 22:44 | 新入荷