第41回カライモ学校 「 いま、こどもを育てるということ ――まっとうな不安といきすぎた不安 」 話し手:浜田寿美男さん
第41回カライモ学校
『親になるまでの時間・前編――ゆるやかな家族になれるかな?』(「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」115号) 発売記念トーク

いま、こどもを育てるということ
 
  ――まっとうな不安といきすぎた不安 話し手 浜田寿美男さん(発達心理学・法心理学者)
c0184882_00391853.jpg
                photo 吉谷和加子
カライモブックスの奥田直美が編集人をつとめることになった「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」、
そのスタートとなる115号は、発達心理学・法心理学者、浜田寿美男さんの『親になるまでの時間・前編――ゆるやかな家族になれるかな?』。
今回はその発売を記念し、浜田寿美男さんにお話しいただきます。
ともすると、不安にさせる情報ばかりが目に入ってくるような、いまの時代、
私たちはどのような心持ちで日常を過ごし、未来を見据えてゆけばよいのでしょう。こどもを育ててゆけばよいのでしょう。
後半、質疑応答のコーナーも。子育てをするなかでの疑問、不安、悩みなども、お気軽にどうぞ。

・2017年4月22日(土)13:00~15:00
・話し手 浜田寿美男さん(発達心理学・法心理学者)
・司会 奥田直美(カライモブックス・ちお編集人)
・参加費:1000円
・定 員:35名程度
 ※お子さんもご一緒にどうぞ。そのため少しにぎやかになるかもしれません。
・場 所:西陣ほんやら洞 ・2階
(京都市上京区大宮通寺之内上ル前之町443) 
  ※堀川寺ノ内バス停から徒歩2分、地下鉄鞍馬口駅から徒歩15分。 
  ※カライモブックスより大宮通を南に徒歩3分程度。今回はカライモブックスが会場ではありません。ご注意ください。
・申込み:ご予約下さい→カライモブックス  075-203-1845/karaimobooks@gmail.com

・主催 カライモブックス(協賛/ジャパンマシニスト:「ち・お」出版元)

★4月25日発売「ち・お」(ちいさい・おおきい・よわい・つよい)115号(1600円+税)、先行販売いたします。
定期購読も大募集! 年間で6900円、モニター登録で5900円、送料無料です。

★「ち・お」(ちいさい・おおきい・よわい・つよい) って?
1993年創刊、「こどもの体と心と暮らし」がテーマの、マニュアルでない考えるための子育てBOOK。
企業広告をとらず、読者の購読料だけで刊行を続けています。
        
★115号より、これまでの雑誌スタイルから、ワンテーマブックにリニューアル。
そして、定期購読いただいた方、あるいはカライモブックスでお買い上げいただいた方には、
116号より、別冊連載「Chio通信」をプレゼント! 
(115号と同時刊行の「Chio通信」1号は、希望者全員プレゼント!!)

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-03-13 01:00 | イベント
3月18日(土)スワンマーケットに出店します。
3月12日(日)は所用により臨時休業します。
よろしくお願いいたします。

c0184882_11434451.jpg
五条烏丸西入るすぐ南側にある、うまい紅茶屋さんのキトゥンカンパニーで毎月やっているスワンマーケットにお誘いいただきました。ありがとう。
カライモブックスは『ち・お ちいさいおおきいよわいつよい』と『お・は おそいはやいひくいたかい』とその版元のジャパンマシニスト社の本を売りにいきます。
ほかのうまそうな出店は↑の画像で。

スワンマーケット
3月18日(土)11時~17時ごろまで
場所 キトゥンカンパニー(京都市下京区五条烏丸西入る上諏訪町294-1
   ホームページ→http://kittencompany.net/?page_id=2

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-03-07 12:17 | イベント
3月12日(日)は臨時休業します。
3月12日(日)は所用により臨時休業します。
よろしくお願いいたします。



[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-03-02 11:41 | 営業日・時間の変更など
『アルテリ 3号』入荷しました。 
『Chio』と『Oha』の定期購読のお願い。そして、定期購読できない方もほしいと思ったらカライモブックスで買ってほしい、というお願い。 
くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26367357/


c0184882_22364793.jpg

熊本市の橙書店が発行している文芸誌、アルテリの3号が入荷しました。新本です。

アルテリ 3号
アルテリ編集室 
2017年初版 
1296円
オンラインショップでも買えます→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=114098680


『明神崎の渚から』大津円 本書より引用。

なるべく公園の端っこを歩く。埋め立て地との境の、海岸の跡の岩肌に樹木が茂る明神崎の崖に沿い、海に向かって歩いていく。


上の文章は唐芋通信にも寄稿してくれた大津円さんの言葉だ。この公園というのは円ちゃんが暮らす明神崎とくっついてしまったエコパーク(水俣湾埋め立て地)だ。ぼくが、暮らしたいと思っていた明神崎だ。この明神崎に立って北を向けば、サラダタマネギの畑と梅戸の海がみえる。
南を向けば、ドラム缶につめられた汚染魚と名付けられた水俣湾の魚と膨大な水銀を含んだヘドロとともに埋め立てられたエコパーク(なんという名だ)がみえる。
このエコパークの端っこを歩く、という言葉。これは、すごい。すごい言葉。ぼくは、もう、ほんとに救われた。ぼくは、また、あそこに立ちたい。円ちゃんちにも遊びにいこう。きょう生き残るための思想と、あした生き残るための思想をゆわいつけたいのだ。

原田正純さんの娘さんの利恵さんの文章も、必読であります。



<アルテリ 3号の目次>

  新妻の訴え言/石牟礼道子(詩人・作家)
  残影/原田正純(医師)
    原田正純と文学/萬野利恵(主婦)
  明神岬の渚から/大津円(パート)
  とげ抜き 拾遺/伊藤比呂美(詩人)
  北京の十一歳/三宅玲子(ノンフィクションライター)
  野菜組合の最初の女/三砂ちづる(作家・疫学者)
  野の花/坂村岳志(花人・さかむら店主)
  記憶の共有/高浜寛(漫画家)
  誰もいない動物園/坂口恭平(作家)
  『現実宿り』評釈/渡辺京二(思想史家・評論家)
  ひとり/関敬(菊池恵楓園入所者)
  関さんの涙/浪床敬子(私人)
  陽光/松嶋圭(精神科医)
  おわりとはじまり/田尻久子(オレンジ・橙書店店主)
  カナタバル奇譚(第三回)/髙山文彦(ノンフィクション作家)

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-02-21 22:44 | 新入荷
春のおとずれ、不知火海のあおさが入荷!!
『Chio』と『Oha』の定期購読のお願い。そして、定期購読できない方もほしいと思ったらカライモブックスで買ってほしい、というお願い。 
くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26367357/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『椿の海の記』石牟礼道子 の「岬」より引用

「海に生える草というても、陸の上の草とおんなじぞ。藻と、鬼あおさと、ほんだわらと、ウソこんぶは食われんが、海の草に食われんもんはごく少なか。まあ、食われん草も陸にあげて、雨に打たせて、くさらせれば、唐藷のこやしに一等じゃけん、海の中に失したり者ちゅうのは、なあんもなかが、人間の失したり者ちゅうのが一番困ったもん。こら、みっちん、みっちんな、失したり者か?こら」


c0184882_12323532.jpg

春のおとずれ、不知火海のあおさが入荷しました。写真の上の文章でみっちんの父の亀太郎が言っている鬼あおさではなく、食べられるあおさです。この匂い。春はやはり来る。おすすめです。ぜひ、どうぞ。
不知火海の海産物はほかに、ヒジキ、昆布、ちりめんじゃこ、いりこ、があります。不知火海ではなく、東シナ海(天草の西海岸)の塩もあります。どれも、おすすめです。
お待ちしております。


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
# by KARAIMOBOOKS | 2017-02-16 12:41 | 九州物産と雑貨