<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今年にでた本で読んでおもしろかった本、10冊。
今年は29日(木)までの営業です。
来年は5日(木)からの営業です。


『Clapping Music』 Steve Reich & David Cossin  2012


 今日、ひさしぶりにライヒのクラッピングミュージックをCDで聞いていた。みっちんがやりたいというので、ふたりで拍手をして、ボイスレコーダーで録音した。
 ああ、こんなことしたことある、と思い出した。そのときは19歳か20歳。みっちんはいなくて、ひとりで録音した。カモメがたくさん飛んでいた。昔はよく、なんかあったら録音していた。22歳か23歳のころは1年間、毎日、日記を書くかわりにマイクに向かってしゃべった。大量のカセットテープの山があった。録音がすきだった。ぜんぶ、ない。なくなった。なくなっていいんだけど、そのときのクラッピングミュージックを聞いてみたいと、いま、思っている。

 今年、読んだ本を手帳をみながら思い出している。来年は書かずに、録音するというのはいいかもしれない。
今年はほとんど、ブログを書いていなかった(書いたのは情報ばかり)ので、さいごに書こうと。よく、今年の10冊、というのをみかけるのでやってみる。だけど、というか、やっぱり、今年でた本より、去年までにでた本のほうが圧倒的に読んでいる。だって、しょうがない。だけど、今年の、ということだ。10冊書いてみると、今年でた本、あれもこれも読んでいない。去年までにでた本、あれもこれも読んでいない。生きていると、どんどん読めない本がふえてくる。
 
 書くことが、ない。もともと、ないんだけど。ない、ということが身近になってきた。自分のためだけに書くことはある。だけど、それはだれにも読まれたくはない。読んでほしい言葉は思い浮かばない。これは、やっぱり録音だ。うん、音だ。昔の自分にやっと、追いついたような気もする。音と昔、って漢字はよく似ている。いま、気付いた。
みなさま、今年もたいへんお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。


『ポーランドのボクサー』  エドゥアルド・ハルフォン、 松本健二訳 白水社(エクス・リブリス)
『セサル・バジェホ全詩集』 松本健二訳 現代企画室(ロス・クラシコス)
『第三帝国』 ロベルト・ボラーニョ、 柳原孝敦訳 白水社 (ボラーニョ・コレクション) 
『水はみどろの宮』 石牟礼道子、 山福朱実(絵) 福音館書店
『ラングザマー 世界文学でたどる旅』 イルマ・ラクーザ 山口裕之訳 共和国(境界の文学)
『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』 栗原康 岩波書店
『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』 津島佑子 集英社
『「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済』 小川さやか 光文社新書
『父母の記 私的昭和の面影』 渡辺京二 平凡社
『戦争は女の顔をしていない』スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ  三浦みどり訳 岩波現代文庫
 
 (順不同)


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター



[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2016-12-28 23:09 | 日記
新本の新入荷。『タブッキをめぐる九つの断章 』和田忠彦 
『さまよえる影』 パスカル・キニャール 高橋啓訳 より引用

「はい、息を止めて!」
私は写真屋にいたわけではない。レイキャビクの放射線科にいた。これは社会が市民に向かって言う言葉だ。「はい、息を止めて。」

c0184882_22133207.jpg

明日は定休日の水曜日ですが営業します。今年の営業最終日は明後日の29日(木)です。ご来店お待ちしております。
今年、さいごの新本の入荷です。タブッキは大好きなので、楽しみに待っていた。

『タブッキをめぐる九つの断章 』 
和田忠彦 
共和国
2016年12月
2592円
 
旅でたどりつく土地はどこも、わたしたち自身のX線写真みたいなものだ。
(本書より引用)
 
『インド夜想曲』『レクイエム』などで現代イタリア文学に圧倒的な足跡を刻んだアントニオ・タブッキ。かれの最良の理解者のひとりにして友、そして翻訳者でもある著者が描き出す、タブッキに寄り添って歩んだ《旅》のメモランダム。夢や虚構と現実のあわいを生きたタブッキの風景と記憶が、かずかずの断片のなかに浮かびあがる。
タブッキの短篇「元気で」、そして1997年に収録されたふたりの対談を付す。
 オンラインショプでも買えます→http://karaimobooks.shop-pro.jp/?pid=111576543
 古本も12月なので、たくさんいろいろ入ってきています。


【目次】

出遭いと記憶から旅の書物へ

1、タブッキの風景を旅して
2、夢の痕跡、夢のほんとう──『夢のなかの夢』
3、ペソアからの航海
4、ピム港の女をめぐって

物語の水平線──インタビュー一九九七

5、時の認識と虚構をめぐって──『他人まかせの自伝』
6、時の感情を書くことをめぐって──『時は老いをいそぐ』

追憶の軌跡

7、 墓碑銘としての手紙──『いつも手遅れ』

元気で──『絵のある物語』より(アントニオ・タブッキ)

8、 夢うつつのはざまで──『レクイエム』から『イザベルに』へ
9、 眼のひと──タブッキ展によせて

旅のゆくえ──あとがき


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2016-12-27 22:20 | 新入荷
年末年始の営業のお知らせ
c0184882_11414214.jpg

2016年12月。みっちんがつくった、みのむし。


年末年始の営業をお知らせします。
30日(金)から4日(水)まで休みます。

28日(水)定休日の水曜日ですが、営業します
29日(木)通常営業
30日(金)休み 
31日(土)休み
1日(日)休み
2日(月)休み
3日(火)休み
4日(水)休み
5日(木)通常営業


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2016-12-15 11:49 | 営業日と営業時間
新入荷。art random(揃)、石牟礼、緒方正人、水俣たくさん、仏教、フェミニズム、絵本、文学、哲学ほか
 『飛魂』 多和田葉子 より引用

 自分の書いたものは声を出して読んでも、自分の耳には聞こえない。音響が骨を伝わってくるだけで、その振動が大きすぎるせいか、宙に舞いたった言葉の意味は、宙で分解してしまう。自分の耳ではなく、他人の耳ならばそれを聞き取り理解することもできるだろう。だから、もうひと組の耳が欲しい。

c0184882_19560957.jpg
2016年11月。看板がないからと、みっちんがつくってくれた。かわいい。


art random 都築響一編 京都書院 全102冊
不知火海―水俣・終りなきたたかい  石牟礼道子
天の病む―実録水俣病闘争  石牟礼道子
流民の都  石牟礼道子
わが死民―水俣病闘争 (復刻・シリーズ1960/70年代の住民運動) 石牟礼道子 2005
不知火―石牟礼道子のコスモロジー 石牟礼道子
潮の呼ぶ声 石牟礼道子
椿の海の記  石牟礼道子
水はみどろの宮 (福音館文庫) 石牟礼道子、 山福朱実(画) 2016
原っぱに風が吹く 山福康政
常世の樹  石牟礼道子
石牟礼道子歳時記 石牟礼道子
水俣が映す世界 原田正純
よかたい先生 原田正純
宝子たち―胎児性水俣病に学んだ50年 原田正純
常世の舟を漕ぎて 緒方正人
チッソは私であった 緒方正人
新編 水俣の啓示―不知火海総合調査報告 色川大吉
水俣病誌  川本輝夫 世織書房
聞書水俣民衆史 全5巻 草風館
不知火記―海辺の聞き書 (水俣=語りつぎ) 羽賀 しげ子
出月私記 浜本二徳語り (水俣=語りつぎ) 最首悟編
水俣の海底から 最首悟 京都・水俣病を告発する会
豊穣の浜辺から 1~5集 水俣病センター相思社
魚湧く海 水俣病患者連合編
「痞」という病いからの―水俣誌々〈パート2〉 最首悟
チッソ支援の政策学―政府金融支援措置の軌跡 永松俊雄 成文堂
水俣病にみる国家の犯罪 馬場昇 熊日出版
水俣病日記―水俣病の謎解きに携わった研究者の記録から 徳臣晴比古 熊本日日新聞情報文化センター
ノーモア・ミナマタ 北岡秀郎  水俣病不知火患者会
不知火の詩 自然・生活、水俣病と闘い 北岡秀郎写真集 1982
生(いのち)―40年目の水俣病  田中史子写真集 1994
増補版 水俣病の科学  西村肇、 岡本達明
再生する水俣 環境創造みなまた実行委員会
環 Vol.25 特集=水俣病とは何か
水俣五〇年――ひろがる「水俣」の思い 丹波博紀、 最首悟
「水俣」の言説と表象 小林直毅編
水俣巡礼―青春グラフィティ ’70~’72 岩瀬政夫
奈落の舞台回し―吉井正澄(水俣市長)聞書 進藤卓也
証言水俣病 栗原彬 岩波新書
メチル水銀を水俣湾に流す 入口紀男
エコシティー みなまたの歩き方―豊かな自然と山の幸・海の幸…そしてすてきな人びと 里地ネットワーク
芦北から不知火海のよみがえりを考える 芦北町役場環境衛生課 平成21
地方記者 三原浩良 葦書房
公害被害放置の社会学―イタイイタイ病・カドミウム問題の歴史と現在 飯島伸子、 藤川賢、渡辺伸一
歴史の中のサンカ・被差別民―謎と真相  別冊歴史読本
歴史の中の遊女・被差別民―謎と真相  別冊歴史読本
ボルネオ・サラワク王国の沖縄移民 望月雅彦 おきなわ文庫
古典入門 エンゲルス イギリスにおける労働者階級の状態 (科学的社会主義の古典入門シリーズ)
お母さんは忙しくなるばかり―家事労働とテクノロジーの社会史 ルース・シュウォーツ コーワン
ビルマ商人の日本訪問記 (別世界との出会い 2) ウ・フラ、 土橋泰子訳
ネパールに生きる―揺れる王国の人びと 八木澤高明
禁じられた稲―カンボジア現代史紀行 清野真巳子
三面記事の歴史 ロミ 土屋和之訳 国書刊行会
廃墟の上でダンス―チェチェンの戦火を生き抜いた少女 ミラーナ・テルローヴァ
アルバニア現代史 (変革の現代史シリーズ) 中津 孝司
カブールの本屋―アフガニスタンのある家族の物語 アスネ・セイエルスタッド
古代ローマの庶民たち 歴史からこぼれ落ちた人々の生活 ロバート・クナップ
旧ソ連地域と紛争―石油・民族・テロをめぐる地政学 廣瀬陽子
西南戦争従軍記 空白の一日 風間三郎 南方新社
我に義あり―西南戦争勝利なき反乱 竹井博行
南島の神歌―おもろさうし (中公文庫)外間守善
おもろさうし 全2巻 岩波文庫
琉球王国 (岩波新書) 高良 倉吉
被差別部落一千年史 (岩波文庫) 高橋貞樹、 沖浦和光校注 
ラッセル幸福論 (岩波文庫)
幸福論 (岩波文庫)アラン
忘れられた日本人 (岩波文庫)宮本 常一
日本の狂気誌 講談社学術文庫 小田晋
病が語る日本史 (講談社学術文庫) 酒井シヅ
『資本論』を読む (講談社学術文庫) 伊藤誠
ヘーゲル (講談社学術文庫) 城塚登
ウィトゲンシュタイン (講談社学術文庫)藤本隆志
酒場の文化史 (講談社学術文庫) 海野弘
ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版] (平凡社ライブラリー) カール・マルクス
日本の女性風俗史 (紫紅社文庫)切畑健
世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて (岩波新書)柄谷行人
海を流れる河 石原吉郎 
緑の家 全2巻 バルガス=リョサ 岩波文庫
バートルビーと仲間たち エンリーケ・ビラ=マタス
キジバトの記 上野晴子
三木卓詩集  現代詩文庫
立原道造詩集 ハルキ文庫
女がひとり頬杖をついて  茨木のり子
ぼくがここに まどみちお
ゴッホの手紙  全三巻 岩波文庫
海国兵談 (岩波文庫) 林 子平
フランス映画入門  三笠文庫 飯島正 1952
社会学の根本問題  改造文庫 ゲオルグ・ジムメル、 堀真琴訳
ドストエーフスキイ論 アンドレ・ジイド 秋田滋訳 改造文庫 昭和11
神統記 (岩波文庫)ヘシオドス
唐詩選 全三巻 岩波文庫
居酒屋の文学論 (南雲堂不死鳥選書) 西脇順三郎 1956
金芝河 私たちにとっての意味
宮沢賢治―プリオシン海岸からの報告  入沢康夫
映画少年・淀川長治 (岩波ジュニア新書)荒井 魏
南方熊楠―森羅万象を見つめた少年 (岩波ジュニア新書)飯倉 照平
現代詩手帖 1984年5月号 いま、詩をどう書くか
アラスカ 風のような物語 (小学館文庫) 星野道夫
響きと鏡 (中公文庫)吉田 秀和
プロジェクト・フォー・サバイバル―1970年以降の現代美術再訪:プロジェクティブ〈意志的・投企的〉な実践の再発見に向けて ペーパーバック  京都国立近代美術館
火ここになき灰 ジャック・デリダ
となりの認知症  西川勝
敗者たちの想像力――脚本家 山田太一 長谷正人
ファッションという装置 (河合ブックレット)  鷲田清一
私と出会うための西田幾多郎 中岡成文
試練と成熟-自己変容の哲学 中岡成文
言語学のたのしみ 千野 栄一
憲法「改正」の論点: 憲法原理から問い直す 京都憲法会議
戦後史再考: 「歴史の裂け目」をとらえる 西川長夫、番匠健一、大野光明
ラテンアメリカにおける資本主義の発展  アグスティン・クエバ
ベーシック・インカム入門 (光文社新書) 山森亮
独立国家のつくりかた (講談社現代新書)坂口恭平
フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方 伊藤洋志、 pha
インパクション 94 特集= フェミニズムのアジア
インパクション 78 特集=左翼というスタイル
インパクション 84 特集=挑発するセクシュアリティ
女たちは地球人―叛乱のすすめ18章 三井マリ子
売る売らないはワタシが決める―売春肯定宣言 松沢呉一編
女・エロス 8号 特集=つくられる女像
日本的セクシュアリティ―フェミニズムからの性風土批判 山下明子
少女雑誌論 大塚英志編
ユリイカ2011年1月臨時増刊号 総特集=村上春樹 『1Q84』へ至るまで、そしてこれから・・・
職業としての小説家 (新潮文庫)村上 春樹
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)  村上 春樹
教行信証 全4巻 (角川文庫) 親鸞、 梅原真隆訳註
『華厳経』『楞伽経』 (現代語訳大乗仏典)中村 元
般若経典 (現代語訳大乗仏典) 中村 元
『維摩経』『勝鬘経』 (現代語訳大乗仏典) 中村 元
論書・他 (現代語訳大乗仏典)中村 元
密教経典・他 (現代語訳大乗仏典)中村 元
『法華経』 (現代語訳大乗仏典)中村 元
浄土経典 (現代語訳大乗仏典) 中村 元
『スッタニパータ』―仏教最古の世界 (書物誕生―あたらしい古典入門)並川 孝儀
『老子』―“道”への回帰 (書物誕生―あたらしい古典入門)神塚 淑子
論語―心の鏡 (書物誕生-あたらしい古典入門)橋本 秀美
生と覚醒のコメンタリー 全4巻 J. クリシュナムルティ 新装版
テーリーガーター 仏にまみえた女たち (シリーズ仏典のエッセンス) 入山 淳子
スッタニパータ さわやかに、生きる、死ぬ (シリーズ 仏典のエッセンス) 羽矢 辰夫
テーラガーター 真の心の安らぎとは何なのか (シリーズ 仏典のエッセンス)服部 育郎
パリニッバーナ―終わりからの始まり (シリーズ仏典のエッセンス)下田 正弘
ダンマパダ―心とはどういうものか (シリーズ仏典のエッセンス)松田 愼也
日本仏教の可能性 末木文美士
思想としての仏教入門 末木 文美士
現代と仏教―いま、仏教が問うもの、問われるもの 末木文美士編
イースター島 ちいさくて大きな島 (月刊たくさんのふしぎ2015年2月号) 野村哲也
村を守る、ワラのお人形さま (たくさんのふしぎ2014年11月号) 宗方慧
ひばりはそらに (キンダーおはなしえほん傑作選) 初山滋(絵)、 吉田一穂(詩)
おとうさんだいすき 司修
わたしのワンピース にしまきかやこ
ちいちゃんとさんりんしゃ  しみずみちを
かめのおひるね 山崎克己 こどものとも
ゆかいなかえる (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) ジュリエット・キープス、 いしいももこ
子どもが巣立つということ―この時代の難しさのなかで 浜田寿美男
The Shape of Content (The Charles Eliot Norton Lectures) Ben Shahn
The Arrival Shaun Tan
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2016-12-12 21:04 | 新入荷
12/11(日)Otento Market@心耳庵、出店します
c0184882_11062015.jpg
c0184882_11061239.jpg
Otento Marketでのカライモの目玉は、来春よりカライモの奥田直美が編集人をつとめる
『Chio ちいさい・おおきい・よわい・つよい』(ジャパンマシニシスト社)。
こちらは古本でなく新本です。
幼いこどもと暮らすかたがたに向けて、
からだのこと、こころのこと、暮らし、そしてそれをとりまく社会のこと。
世の中で「あたりまえ」みたいに通っているけれど、
それってほんとう? それでいいの? と思うようなこと、
一緒に考えませんか、と小さな声で、大きな声で、呼びかけています。
当日は、『Chio』最新号ほか近年のバックナンバーもお持ちます。
どうぞ手に取ってごらんください。
『Chio』の声、聞きにいらしてください。

そのほか、古本で育児、料理、暮らしの本や、絵本などいろいろ。
水俣の海産物、お茶、石けん、ジャムなどもお持ちしますよ。

詳細↓
Otento Market
12月11日(日)10時半〜15時

おいしいもの
からだにいいもの
うれしいこと
集めました

◯会場:鍼灸・指圧 心耳庵 (〒6038071 京都市北区上賀茂北大路町18-10) http://shinjian.jp/
◯出店者さん
・アペリラ(自家製天然酵母パン)
・アンジーナ(椿油の石けんシャンプー・無農薬無添加の漬物)
・いえのぐ(木の小物)
・CAFE MILLET(旬の野菜のおにぎり弁当・スペルト小麦のキッシュ)
・カライモブックス(育児・暮らし・料理・水俣物産)
・シンジアン(あったかシルク二重編み靴下・はじめてのお灸セット)
・たま茶(オリジナルブレンドハーブティー・オリジナルハーブリース)
・小さなお料理教室テラ(お野菜たっぷり粕汁豆乳だんご汁)
・ヒカリヤ(丹波の冬野菜と手づくり雑貨)
・プリンプ&プリーン(ふんどしパンティーズ)
・ムスビメ(雑貨・ギフト)
・yugue(焼き菓子)
・妃屋
・torio食堂

◯相談コーナー
・産前・産後・育児相談(まある助産院 助産婦・宮川友美さん)
・赤ちゃんと幼児の健康発達相談(自然療法・整体士 松本美紀さん)

◯お話会
12時半〜『地球と繋がる台所仕事』(小さな料理教室“テラ” 河嶋ふみさん)


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2016-12-09 11:14 | イベント