6月3日(土)13時から 靴底小石ライブ  カライモブックスにて
カライモブックスの奥田直美が編集人となった
『ちいさい・おおきい・よわい・つよい 115号 親になるまでの時間・前編――ゆるやかな家族になれるかな? 浜田寿美男・著』
が、とうとう出来上がりました。
ぜひ、みなさま、買ってください。カライモブックスで買ってくださると、なお、うれしいです。よろしくお願いいたします。詳しくは→http://karaimo.exblog.jp/26609833/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『アナキズム入門』 森元斎 ちくま新書 より引用

 アナキストはどんなことがあっても、原理原則として、反権威主義というものがある。平等の精神に満ちている。要は、優しい心の持ち主たちだ、ということだ。私は少なくも優しくありたいし、優しい人と生きていきたい。これはどんな人たちにとっても大原則だと思う。金がないなら死ね、努力が足りないから死ね、お上の言うこと聞けないなら死ね、人種が違うなら死ね、こんな言葉がまかり通った社会ならば、私は少なくとも、要らない。是非、壊れていただきたい。勝手に壊れて、その後に立ち上がるのは、優しい社会であってほしい。その時の準備を今からする。いやむしろ、今先に実現させる。革命後の世界を生きる。本書では革命という語が頻出していたと思う。この語も実は手垢にまみれている気がする。しかし私はこの革命という語くらい、希望を込めて使いたい。
 いつも心に革命を。それがなければ生きていかれんばい。
c0184882_21555061.jpg
靴底小石ライブ
6月3日(土)13時から14時ごろまで
場所 カライモブックス
ワンドリンクオーダーと靴底小石への投げ銭

結成して半年ぐらいたったという靴底小石。
上の写真のふたりが靴底小石です。くつぞここいし、とよみます。
メガネをかけているのが、イタリア語翻訳をしているフラフープスの二宮くん。いまは、プリーモ・レーヴィの翻訳をしている。完成したら出版予定。カライモブックスの常連。
メガネをかけていないのが、町家古本はんのきのメンバーの古書ヨダレさん。お母さんがつくる柚子味噌がとってもおいしい。カライモブックスの常連。
の、ふたりが唐突にはじめた靴底小石。唐突で聞いたことがないけど、ふたりとも好きなので、カライモブックスでライブしてもらいます。
みなさま、お待ちしております。


‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信10号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26607238/
営業時間が11時から18時30分に変わりました
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター







[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2017-05-27 22:16 | イベント
<< 新入荷。石牟礼、水俣、島尾ミホ... 新入荷。石牟礼、浜田寿美男、篠... >>