「ほっ」と。キャンペーン
新入荷。石牟礼、上野英信、森崎和江、伊藤比呂美、くぼたのぞみ、原田正純、最首悟、放射能、ちお、おは、育児ほか
『Chio』と『Oha』の定期購読のお願い。そして、定期購読できない方もほしいと思ったらカライモブックスで買ってほしい、というお願い。 
くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26367357/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
     『無常の使い』(石牟礼道子「花いちもんめ」より引用)

 中でも電話が初めてきた時の話は牧歌的でほほえましかった。何しろ電話というものを誰も体験した事がない。電話には番号というものがあるとわかって協議の末、くじ引きという事になったそうだ。一番を引き当てたのは、当時はやっていたお医者様だった。みんながお世話になっているので、よかった、よかった、という事になった。
 ところで電話で何を話すだろうかと噂になった。一般町民はまだ電話など縁がない。電話を手に入れた人たちも、真新しい受話器を前に、さて誰に何を話したものか、ずい分とまどいがあったそうだ。今のメールや携帯の時代とはまるで違うのである。
 するうち、思いついたのはこんな会話だった。
「もしもし、あのう、裸でごめん下はりまっせ」
「まあ、なんの。暑うございますもん。こっちも裸でおります。御用は何でござりましょうか」
「あのう、新唐藷の茹だりまして、ほくほくしとりますが、おあがりにおいでなはりませんですか」
「まあ、ご丁寧に、ありがとうござります。後ほどあがらせていただきます」
これだけのやり取りをして、双方汗だくになったという。夏は帯から上は着物を脱いでいた時代である。

c0184882_23192647.jpg
2017年2月。幼稚園のぴーいちゃん(ちゃぼ)が死んだ。お墓参りにいったら、みっちんの手紙がお墓のうえに貼ってあった。


100円・200円本たくさん入荷!!
本屋、はじめました 新刊書店Title開業の記録 辻山良雄 苦楽堂 2017年1月 ☆新本☆
出ニッポン記  上野英信
天皇陛下萬歳―爆弾三勇士序説 (洋泉社MC新書) 上野英信
まっくら 森崎和江
闘いとエロス 森崎和江
旅とサンダル 森崎和江
天湖 石牟礼道子
苦海浄土 石牟礼道子 単行本 1969
水はみどろの宮 (福音館文庫) 石牟礼道子、 山福朱実(画)
形見の声―母層としての風土 石牟礼道子
みなまた海のこえ 石牟礼道子 丸木俊
近代への呪術師・石牟礼道子 羽生康二
よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純   三枝三七子 
水俣の視図―弱者のための環境社会学  原田正純
水俣五〇年―ひろがる「水俣」の思い 最首悟・丹波博紀〈編〉 作品社
地球と生きる55の方法―誰にでも、今すぐできるグリーンライフ  ガイアみなまた(企画・構成)
原爆の図 (講談社文庫) 丸木位里、 丸木俊
HIROSHIMA 小田実
記憶のゆきを踏んで くぼたのぞみ 水牛
小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話 (野坂昭如戦争童話集)野坂昭如、黒田征太郎(絵)
ガンビア滞在記(中公文庫) 庄野潤三
読み解き「般若心経」 伊藤 比呂美
人生相談万事OK! (ちくま文庫) 伊藤 比呂美
のらくらの楽園 (シリーズ新世代のイタリア文学) マルコ・ロドリ
ある流刑地の話 (角川文庫) フランツ・カフカ
復員殺人事件 (角川文庫)坂口 安吾
沢木興道聞き書き (講談社学術文庫)酒井 得元
アシジの春  清水茂
父ボース: 追憶のなかのアジアと日本 (白水Uブックス) 樋口 哲子、 中島 岳志
遠く、苦痛の谷を歩いている時  高橋たか子
失われた絵 (河出文庫) 高橋 たか子
つみびと ジュリアン・グリーン全集 人文書院
ニジンスキー  石福恒雄
思い浮ぶこと  飯田龍太
句集 遅足 飯田龍太
都市民族の芝居小屋 如月小春
六〇年安保―センチメンタル・ジャーニー 西部邁
子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと チェルノブイリの体験から 野呂 美加
原発事故、放射能、ケンカ対談 副島 隆彦、 武田 邦彦
小出裕章 矢ヶ崎克馬 3・11原発事故を語る (書きおろし・内部被曝の危険(矢ヶ崎克馬)) 小出裕章、 矢ヶ崎克馬
原発・放射能 子どもが危ない (文春新書) 小出裕章・黒部信一
放射線被ばくから 子どもたちを守る 山田真・山本太郎ほか
福島原発の真実 (平凡社新書) 佐藤栄佐久
2015年放射能クライシス 武田邦彦
ひろがる内部被曝 Q&Aプラス最新解説  矢ヶ崎克馬
まよいながら、ゆれながら  中川ちえ  馬場わかな
現代思想1997年10月号 特集=ブラック・カルチャー
聞き書 京都の食事 (日本の食生活全集) 農文協
草木染・木綿の染色 (新技法シリーズ) 山崎青樹
禅染の技術と技法  京都市染織試験場
絹繊維の加工技術とその応用 加藤弘 繊維研究社
宗祖に訊く 日本仏教十三宗・教えの違い総わかり 大竹晋
戦前回帰  山崎雅弘 
山岳宗教の成立と展開  山岳宗教史研究叢書 和歌森太郎
ち・お 1・14・21・35・37・49・59・68号
お・は 25・49・58号
佐世保事件からわたしたちが考えたこと―思春期の子どもと向きあう 岡崎勝、 保坂展人、浜田寿美男ほか
闘う小児科医―ワハハ先生の青春 山田真
子どもの健康診断を考える 山田真 ちくま文庫
みんなで子育て!くらし編  山田真
子育て―みんな好きなようにやればいい 山田 真
子どもと病気 山田真
障害をもつ子のいる暮らし  毛利子来 山田真
ダブルインカム家庭術 (ワーキングマザーシリーズ) 毛利子来、 毛利敬子
子どもの予防接種 毛利子来
甘えん坊カンタータ 毛利子来
幼い子のいる暮らし 毛利子来
たぬき先生の小児科ノート―子どもの健康と病気アラカルト (ちくま文庫)毛利 子来
いま、子を育てること―小児科医の自分史から 毛利 子来
新編 小児科の窓口から―育児の反省 (ちくま文庫)毛利 子来
赤ちゃんのいる暮らし (ちくま文庫)毛利 子来
若い父母へのメッセージ (ちくま文庫)毛利子来
子育ての迷い解決法10の知恵 (集英社新書)毛利 子来
父の乳 毛利子来
ひとりひとりのお産と育児の本 毛利子来
こどもと出会い別れるまで―希望の家族学  石川憲彦
カウンセラー良子さんの子育てはなぞとき 内田良子
自白の心理学 (岩波新書) 浜田寿美男
子育てにおもちゃを 樋口正春
新 あなたにもできる母乳育児―お母さんが働いても大丈夫 (子どもの自然抵抗力を高める食生活シリーズ) 山西みな子
お産って自然でなくっちゃね―ある産科医の真実の提言 (健康双書)吉村 正
育児不安をこえる子育ての輪  池亀卯女
医者の門をたたく前に―子育ての基礎知識 真弓定夫
お産がゆく―少産時代のこだわりマタニティ (健康双書) きくちさかえ
それでも医者にお産をまかせますか? ロバート・メンデルソン
母親の英知―母乳哺育の医療人類学 小林登
分娩台よ、さようなら―あたりまえに産んで、あたりまえに育てたい 大野明子
いいお産がしたい 農文協
バース・リボーン―よみがえる出産 ミシェル・オダン
だれでもできる母乳育児 ラレーチェリーグ
「待ち」の子育て (人間選書 )山田桂子
予防接種の考え方 (科学全書) 由上修三
まちがいだらけの予防接種 藤井 俊介
厚生省『予防接種と子どもの健康』攻略本 (「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」ブックレット) ワクチントーク全国予防接種制度検討市民委員会 毛利子来
予防接種どうしてる?―知らなきゃそん!ウラ事情いろいろ!! 福井母乳育児相談室
型紙のない子育て―やってみる・考えてみる 田中 周子
病になる・病が治るということ 山下剛
まりもちゃんの「アレルギーとんでけ!」ガイド―マンガで読む 竹中 恭子
医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬 母里啓子
あぶない!「フッ素によるむし歯予防」Q&A―フッ素洗口、フッ素入り歯みがき剤を中心に 高橋晄正
エドガー・ケーシーの自然療法―心と身体の処方箋 ジョン・O.A. パガノ
子ども・絵・色―シュタイナー絵画教育の中から  としくらえみ
トムテ ヴィクトール・リードベリ、 ハラルド・ウィーベリ(え) やまのうちきよこ(やく) 偕成社
かぜは どこへいくの (世界の絵本) シャーロット・ゾロトウ、 ハワード・ノッツ
ふたりのイーダ(新装版) 松谷みよ子、 司修
のはらうた (1)  くどう なおこ
しいちゃん (おはなしのたからばこ)友部正人(文)、 沢野 ひとし(絵)
ほか

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター


[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2017-02-11 23:48 | 新入荷
<< 春のおとずれ、不知火海のあおさ... 『Chio』と『Oha』の定期... >>