第40回カライモ学校 「地域から考える科学技術―宇井純さん、高木仁三郎さんと出会って」上田昌文さん(市民科学研究室代表)
第40回カライモ学校は、NPO法人市民科学研究室代表、上田昌文さんをお招きして、
「地域から考える科学技術―宇井純さん、高木仁三郎さんと出会って」と題し、お話いただきます。
「専門家」に任せがちな「科学」をわたしたちの手にとりもどすには、素手ではできない。けれどやりようはある。
20年、「市民の科学」を求めてこられた上田さんの原点、
宇井純さん、高木仁三郎さんとの出会いについてお話いただきます。

今春から奥田直美が編集人を務めることになった、こどもを育てる人に向けての『Chio』(ジャパンマシニスト社)、
その定期購読者にプレゼントする「Chio通信」では、電磁波の問題についてやさしく解説いただきます。
電磁波放射能など、身近な生活での疑問や、こども料理科学教室など、さまざまな「市民の科学」に取り組んでこられている
上田さんの原点、どうぞ聞きにいらしてください。
京都に来られる貴重な機会をどうぞお見逃しなく。

c0184882_13592331.jpg
            2009年、不知火海

第40回カライモ学校 「
地域から考える科学技術ー宇井純さん、高木仁三郎さんと出会って」

市民科学研究室(市民研)の20年の活動の原点は、市民研を立ち上げ、現在も代表を務める私(上田)が、
かつて市民活動を通じて宇井純さんや高木仁三郎さんと出会い、影響を受けたことにあります。
これまでの市民研の歩みをふりかえりながら、宇井さんや高木さんの思いを私なりにどう受け継ごうとしてきたか
「地域」をキーワードにして語ってみたいと思います。

1月21日(土) 
16時~18時 終了後から交流会あり
話し手: 上田昌文さん(NPO法人 市民科学研究室代表 http://www.shiminkagaku.org/
参加費: 700円
定 員:20名程度
場 所:カライモブックス (京都市上京区社横町301)
申込み:予約してくださるとうれしいです (カライモブックス 075-203-1845/karaimobooks@gmail.com)

‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐☆‐‐‐‐‐‐
唐芋通信9号発行しました。くわしくは→http://karaimo.exblog.jp/26016667/
カライモブックス・オンラインショップもよろしくねhttp://karaimobooks.shop-pro.jp/
カライモブックスのフェイスブックページ
カライモブックスJのツイッター
カライモブックスNのツイッター

[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2017-01-09 12:15 | イベント
<< 1月29日(日)『丹後もちフェ... 新入荷。編み物、竹中労、小沼丹... >>