第10回カライモ学校
c0184882_20544920.jpg

2012年7月、神戸、塩屋の旧グッゲンハイム邸。
つま先で立つ寸前のみっちん。



第10回カライモ学校
NHKクローズアップ現代『水俣病“真の救済”はあるのか ~石牟礼道子が語る~(26分)』をカライモブックスで観て話す。その後、オクバー(ゼロベクレル派バー、交流会)

8月5日(日)16時から19時まで。
参加費無料。
参加希望の方、ご連絡していただくと嬉しいです。

7月31日で水俣病特措法の救済申請が締め切られようとしています。
『救済』という言葉を使う日本に、過去を思う気持ちも未来を思う気持ちも毛頭ないことは明らかです。
7月25日に放送されたNHKクローズアップ現代『水俣病“真の救済”はあるのか ~石牟礼道子が語る~(26分)』を録画したので一緒に観ようという企画です。
くわしくは→http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3234.html
『わかりあえないことが、いちばん切ない』と石牟礼さんがこの番組で仰っています。
東京電力放射能公害事件以降、より『わかりあえない』社会に少なくともぼくたちにはなっています。
ならば、武装するかという勢いの突然カライモ学校です。
番組を観て、番組で言えていない水俣病特措法の問題点をぼくたちが少し話し、質疑応答ということで。(だけど分かる範囲です、ごめんなさい)
その後、オクバーします。
オクバーは1ベクレルでも余計にとりこみたくないゼロベクレルをつらぬくゼロベクレル派バーです。
大地から出る放射能ならいいが、東京電力から漏れた放射能なんてのは断固、お断りだ。
ぼくたちがゼロベクレルに限りなく近いだろうと考えた食べ物しか出しません、素材から調味料まですべてを含みます。
当日、何でも聞いてください。詳細を答えられるものしか使いません。
しかし、勘違いや見落とし、ぼくたちとの考え方の違いがあるかもしれません。
なので無論ノーオーダーでもオーケーです。
お待ちしております。

9月に思想家の矢部史郎さんを迎えて
カライモ学校『放射能を食えというならそんな社会はいらない、カライモブックスでゼロベクレル派宣言(仮称)』を計画中です。
[PR]
by KARAIMOBOOKS | 2012-07-30 21:06 | イベント
<< 『ハト、ハト、ハト』と言う、飛... 『カライモブックスとハンノキの... >>